ツインレイの男性の特徴とは?運命の人の見分け方

ツインレイの男性の特徴とは?運命の人の見分け方

5516
update
posted2018/04/16

恋愛をしていると、無視できないのが「運命」。そんな運命の人のことを「ツインレイ」と呼ぶことがあります。ですが、ツインレイの男性が身近にいても、気付けるかどうか不安になってしまいますよね。そこで、気になる男性が「運命の人」の特徴に当てはまるかどうか、じっくりチェックしてみましょう!

5516
update
posted2018/04/16

運命の相手「ツインレイ」とは?

男女

人と人との関係では、ただの偶然では片付けられないような「運命」を感じることがありますよね。

特に恋愛においては、そんな運命を実感する瞬間は少なくないでしょう。

そして、特に強烈な運命を感じる相手のことを「ツインレイ」と呼びます。

ツインレイとは、「魂の片割れ」のことを指す言葉です。

ツインレイは、1つの魂が2つに別れた存在であり、「これ以上転生の必要がなくなった」という状態で出会うものと考えられています。

つまり、魂の片割れは世界にたった1人しかいないので、まさに唯一無二の「運命の人」ということができるのですね。

もし、そんなツインレイに出会うことができたなら、その出会いを見逃さず、大切にしたいものですよね。

そこで、そんなツインレイの特徴をしっかり押さえて、もし出会えたら「この人かも!」と見分けられるように準備しておきましょう。

ツインレイの特徴とは?

男女

「この人、もしかして運命の人かも!?」と感じる相手がいたなら、以下のツインレイの特徴に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

・特徴その1:初対面だと思えない

初めて会ったはずなのに、どこか懐かしい感じがする相手がいたら、もしかするとツインレイかもしれません。

出会った瞬間に目が離せなくなったり、強烈な印象をお互いに抱いてしまうということもあります。

中には、初対面でありながら恋人同士のような状態になってしまう方もいます。

初対面なのにギクシャクせずに、緊張感もなくスムーズに接することができる相手がいたら、ツインレイである可能性大と考えてください。

・特徴その2:性格・立場などが真逆

ツインレイというと、「魂の片割れなのだから似た者同士なのでは?」とイメージしてしまう方も多いでしょう。

ですが、実はツインレイは性格や立場などが真逆のパターンが多いのです。

お互いの魂が2つで1つなので、それぞれに対局にある考え方を持っていたりします。

そのため、なかなか理解し合えないことも少なくありません。

例えば「上司と部下」といった立場の違いがあったり、「安定した企業のOLと売れない画家」なんていう「安定志向の違い」と「立場の違い」が感じられる関係性であったりすることもあります。

ただ、ツインレイの相手はなぜか、考え方や立場が真逆であっても、関係が途絶えることなく続いてしまったりするのが大きな特徴ですね。

・特徴その3:シンクロすることが多い

ツインレイは、同じ時期に同じことを経験していたり、よく似た習慣を持っていたりするという特徴もあります。

また、一緒にいる時に何気なくしている仕草が同じだったり、同じタイミングで同じ言葉を発してしまうこともあります。

立場や考え方に違いはあっても、なぜか波長がとてもよく似ており、シンクロしてしまうのがツインレイなのですね。

・特徴その4:どこか似ている

ツインレイの2人には、どこか似ているところがあります。

それは身体の一部である場合もあれば、なんとなくまとっている雰囲気ということもあります。

よく仲の良い夫婦などは、「雰囲気が似ている」なんて言われることがありますよね。

一緒に過ごす時間の間に似てくることもあるのかもしれませんが、もしかすると、元々よく似た雰囲気を持ったツインレイが、夫婦という形になったケースなのかもしれませんね。

・特徴その5:お互いに飽きることがない

たとえ大好きで付き合った恋人同士でも、何年もの間、一緒にいると「飽き」が生じてくることもありますよね。

ですが、相手がツインレイである場合、一緒にいても飽きることが無いのです。

会話が無くなって困るとか、間が持たないといった感覚を感じることもありません。

それこそ空気のように、一緒にいるのが当たり前であり、飽きて「つまらない」と感じることも無いのです。

・特徴その7:コントロールできない

魂の片割れであるツインレイは、決して「コントロールできる相手」ではありません。

お互いに折れることなく、ぶつかり合ってしまうことも珍しくありません。

ツインレイというと、「魂の片割れなのだから、とんでもなく仲良しなのでは?」と思えるかもしれませんが、実はそんなことはありません。

魂の片割れだからこそ、お互いに思い通りにならないこともあり、喧嘩をすることも少なくないのです。

・特徴その8:ケンカをしても離れない

「ケンカをして、その場の勢いで別れてしまった」という相手は、ツインレイではありません。

ツインレイはぶつかることも多く、ケンカをしてしまうことも多いのですが、何度ケンカをしても、なぜか惹かれあいます。

そのため、ケンカがきっかけで完全に別れてしまうということが無いのです。

ツインレイは、なかなか別れられないのも大きな特徴です。

ケンカをしながら、ちょっと距離を置く時間が生じたとしても、結局は完全に離れることなくお互い惹かれあってしまう・・・

そんな関係が続いてしまうのが、ツインレイなのです。

・特徴その9:家族のような安心感がある

ツインレイには、恋愛によくある「ドキドキ感」などとはまた違った感覚を感じます。

それは、「家族のような安心感」です。

ツインレイには初対面から緊張感がほとんどなく、なぜか昔からの知り合いのように接することができ、まるで「そこにいるのが当たり前の家族」のような感覚を覚えます。

また、お互いにかっこよく見せようとするのではなく、それぞれに「素」の部分を包み隠さず表現できるのもツインレイの特徴です。

ツインレイは魂の片割れなので、「無理せず付き合うことができる相手」なのですね。

・特徴その10:試練が重なる

ツインレイとの関係には、「試練」が必ず付いてきます。

ツインレイは魂の伴侶ですから、大恋愛に発展することになります。

ツインレイは、魂を成長させるための「人生」という旅の中で、その終着点とも言える存在です。

そのため、ツインレイとの出会いは「乗り越えるべき試練を乗り越えなくてはならない時期がきた」ということでもあり、様々な試練を乗り越えながら関係を深めていかなければならないのです。

運命を感じる相手と出会い、その出会いがきっかけで様々な課題が増えたり、人間関係や周囲の環境に変化が起こってきた場合、その相手はもしかすると「ツインレイ」なのかもしれませんね。

・特徴その11:40代を過ぎてから出会う

もちろん例外もあるのですが、ツインレイの多くは、40代を過ぎたころに出会うと言われています。

これは、ツインレイというのは魂が磨かれた時に出会うものですので、人生の経験をそれなりに積み重ねた年齢にならなければ出会えないからなのです。

ただし、40代ともなれば、すでに結婚している方も多いため、これがツインレイの関係で1つの試練となることもあります。

このように、ツインレイには多くの特徴があり、出会った瞬間に他の人とは全く違った感覚を感じることが少なくありません。

特徴に当てはまる人が現れた場合には、「この人が私のツインレイかも!」と認め、その関係を大切にしていきたいですね。

次のページ前兆?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー