どうして男性は支配欲が強いの?その心理を覗いてみよう

どうして男性は支配欲が強いの?その心理を覗いてみよう

5140
update

基本的に男性は、支配欲や独占欲がとても強い生き物だと考えられています。でも、どうしてそこまで拘りを見せるのか、女性にはちょっと謎ですよね?なので今回は、支配欲などの強い男性のその心理を覗いてみましょう。

5140
update

支配や独占が「満足感」

男性

男性は一人の女性を獲得した結果、当然とても嬉しそうであたかも恋愛が成就したことを喜んでいるかのように見えますが、その内面は支配欲が満たされた結果の喜びであることが多いようです。

男性は本能からか、支配や独占に満足感を覚える傾向があって、それこそが至上の喜びであることも決して少なくないのです。

それにしても、男性はどうしてそこまで支配や独占に拘りを見せるのか、女性にはなかなか分からない部分だと思います。

彼はどうしてこんなに自分を支配したがるのか、また独占したがるのか、「共有」が行動原理になる女性からすると、男性の支配欲というのは理解の外だと思うのです。

なので今回、どうして男性はそこまで支配欲が強いのか、その理由や心理について触れてみますので、男性を今以上にもっともっと深く理解してみましょう。

それで、あなたの大切な彼の思うところにも気付ける可能性がありますので、それにより関係の発展に役立てられるかもしれません。

自分こそが「No.1」

男性

嫉妬は常に一番でありたがる傾向があって、恋愛で言うなら「特定の女性から一番に好かれたい」が当てはまると思います。

「そんなの当たり前」、「恋愛対象から一番好かれたいなんて普通」と思われるでしょうが、逆にこのように言うと分かりやすいのではないでしょうか?

「元彼が一番印象に残ってる」

このセリフ、どう思いますか?

女性でも、男性にこれを言うのはさすがに気が引ける方が多いでしょうけど、少なくない割合で意外とこのようなセリフを言ってしまうことがありますよね。

女性に置き換えてもこのようなセリフは怒りの対象になりますけど、男性の場合は怒りに加えてとんでもない嫉妬を抱えることがあるのです。

要は、現在はもちろん過去も含めて、自分が一番好きであってくれなければ、自分がNo.1でなければならないのです。

自分がNo.1であって初めて相手を支配できている実感が沸き、No.2以降では目の上のたんこぶがあることから、相手を完全に支配できないと男性は考える訳です。

女性であれば、そこから頑張ってもっと好かれるように努力をしたり、一所懸命になったりすることがありますが、男性の多くはそうなりません。

付き合っている今の時点でNo.1でなければ、一番好かれていないのであれば意味はない、相手を支配できていないから満足感も得られないので、その恋愛自体がナンセンスになるのです。

一人の男として、オスとして一番上に序列されていなければプライドが傷付き、最悪別れることも視野に入れることもあるようです。

よくエッチの最中、彼女がうっかり元彼のエッチの方が上だったようなことを暗に示してしまい、それが元で関係が破綻したなんて意外と少なくありません。

それを女性は、男性のことをデリケートと言うことがありますが、それは男性にとってNo.1が覆った、またNo.1になれなかった現実により支配欲が崩壊して、がっかりしただけなのです。

ですので今いる目の前の彼に対して、1ミリも「2番目以降」を匂わせないようにして、常にNo.1をアピールしておくことで、上記の破綻は避けられるものだと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー