行き遅れる女性ってどんな感じ?その特徴を理解して予防しよう!

行き遅れる女性ってどんな感じ?その特徴を理解して予防しよう!

5135
update
posted2018/04/16

結婚適齢期を逃す女性は、昨今とても多いと言えます。でも行き遅れるのはそれなりの理由がある訳で、そして大抵それは本人によるところが大きいようです。今回は、そんな行き遅れる女性の特徴をお伝えしますので、まだ適齢期の方は予防に努めましょう。

5135
update
posted2018/04/16

現代は行き遅れが急増中!!

女性

昨今、行き遅れの女性がとても増えています。

そうでなくても晩婚だったりなど、どちらにせよ「結婚」という文字から女性が遠ざかっているのは間違いがなく、どうしてこんな現象が起きているのか気になると思います。

それは、まず最も大きな理由としては、女性が男性に頼らずに社会で自立出来るようになったという点が挙げられます。

この近年の女性の社会進出はめまぐるしく、もはや男性に頼らずとも一人で歩けるようになったのです。

ですが、そうでない女性もいます。

社会進出もほどほど、自分のことや恋愛を優先しているはずなのに、何故か結婚できない・・・そういう女性も増えているのです。

一体どうしてなのでしょうか?

今回は、そんな行き遅れる女性が一体どのような感じなのか、その特徴をいろいろとご紹介しますので、そうならないようにあなたも予防に努めましょう。

男性に対して高望みをする

男性

行き遅れる女性の、もはや典型的と言える特徴です。

男性に対して「私には見合わない」とか、「もっと上がいるはず」などと考え、せっかくのチャンスをフイにしてしまって行き遅れてしまうのです。

ですが、ある程度のところで妥協(男性の方すみません)すればいいのに、どうしてそこまで高望みをしてしまうのでしょうか?

これには明確な理由があるのです。

まず、男性に対して高望みをする女性というのは、基本的に結婚適齢期だったり「それ以上の年齢」であることが多いようです。

その根拠は、これが若くして結婚した女性だと、相手は大抵幼なじみとか昔ながらの付き合いとか、場合によっては出来婚など、男性に対する望み云々以前の問題になるからです。

そういう年齢ですから、「ここまで待ったんだから!」などの気持ちが生まれてしまって、男性に対しての妥協ができなくなってしまったのでしょうね。

妥協できないということは理想を追い求めることになりますので、理想となればまさに「思い描いた男性像」であることから、必然的に高望みとなるのです。

この場合、ちょっとどころか「かなり」冷静になった方が良さそうです。

まず、「ここまで待ったんだから!」という発想に問題があることに気付かなければなりません。

ここまで待ったという発想は、あたかも自分が相手を選ぶ側、男性の品定めをする側であることの現れとなります。

はっきり言ってしまいますが、結婚適齢期であればまだしもそれが過ぎてしまえば、決して「選ぶ立場」にはなりえないのです。

女性は、年齢を重ねるごとにその価値が低くなり、その下げ幅は男性の比ではありません。

と言うより、女性の価値は年齢にあると言っても過言ではなく、若ければ若いほど結婚には有利、年齢を重ねれば重ねるほど結婚には不利なのが男性の定説なのです。

今自分が置かれている立場を、改めて理解した方がいいでしょう。

失礼な言い回しばかりが目立ちましたが、結婚適齢期を超えてまで男性に高望みする女性に対しては、このくらいの言い回しでないと気付けないと思います。

高望みするなとは言いませんが、その先にあるものは孤独な老後、一人でアパートを行き来する一人の女性の姿です。

もしそれがイヤなら、男性の収入面や社会的立場ばかりを見ずに、結婚して自分を幸せにしてくれるか、また幸せにしてあげたい男性かなど、心から結婚を意識した男性選びをするのが望ましいでしょう。

よく「内面」とは言いますけど、出会ってほんの僅かな期間で内面なんて絶対に分かりませんので、そこを無理に見つけようとするのではなく結婚に主眼を置くのです。

ちょっとインスピレーション的なやり方ですけど、結婚には思い切りが必要と言われているように、その伴侶探しも昔ながらの付き合いがない相手であれば、そういう思い切りも必要になるのです。

容姿やスタイルなどがとても優れている

女性

世間的にみて「美女」「スタイル抜群」などの、見た目がとても優れている女性というのは一見相手に困らない、結婚したいときにできると思われがちです。

ですが実はそうではなく、こういう女性はそんなだからこそ結婚が遠ざかる、行き遅れる理由があって、しかもいくつかのパターンがあるのです。

まず最初は、見た目が優れているために言い寄ってくる男性が多く、特定の男性を掴まえることができない、選ぶのに時間が掛かりすぎてしまったために行き遅れる。

それと、見た目が優れているために周囲の男性が近寄ることを萎縮してしまい、意外にも男性と関わる機会がとても少なかったために行き遅れてしまった。

さらに、その見た目でさんざん男性を翻弄してしまったがために、次第に男性からそっぽを向かれて、結婚適齢期の時点で周囲に男性がいなくなった。

もうひとつ、自分の容姿を理解しているために、前項のような高望みをしたものの適齢期を超えて女性としての価値が低くなり、結果行き遅れてしまった。

ざっと並べてもこれだけのパターンがあります。

加えてこういう女性、ベクトルを完全に結婚に向けたところで、周囲にいる「普通の女性」よりも結婚ができない傾向があるようです。

理由は、それだけの容姿を持っていてどうして結婚できなかったのかと、男性が勘ぐってしまうからです。

それだけの容姿があれば結婚なんて簡単なはずなのに、どうしてその年齢で結婚できなかったのか・・・それには何かしら訳がある、男が避ける理由があると男性は考える訳です。

この事から、容姿が優れている女性というのは、適齢期を超えてしまうだけで大きなハンデを抱えることになります。

さらに男性は、その容姿で過去さんざん男と遊んできたと考える節があります。

それに伴い、女性に対して貞操観念などを疑問に思ったり、「遊んできた女なんて嫁にできない」などと考えたりしますので、美女の適齢期を超えた結婚は想像以上に難しいと考えなければなりません。

その事実がないにしても、男性は勝手にそのように考えてしまうことが多いので、事実がどうであれ容姿の優れている女性だからと、結婚は簡単ではないのです。

ですので、もしあなたがこれに当てはまるのなら、結婚を目的に動く際は淑女であるように振る舞い、容姿の良さをアピールするような真似は絶対にやめておきましょう。

次のページずぼらな性格
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー