女性に多い汚部屋の住人!?その傾向を持つ4つのタイプ!

女性に多い汚部屋の住人!?その傾向を持つ4つのタイプ!

5375

汚部屋をいう言葉を聞いたことがありますか?リビングはゴミの山だったりと、TVでも見たことがあると思います。そして何より、そんな汚部屋の住人には女性が多いようで・・・なので今回、汚部屋にする傾向がある女性のタイプをご紹介します。

5375 |

想像を絶する汚さ

部屋

「汚部屋」という言葉は、ここ近年で市民権を得てネットでも、TVでも、その他の情報媒体でも幅広く使われるようになりました。

ですが、その具体的な意味をご存じですか?

多くの方は、「部屋が汚い」とか「ゴミの山」を想像すると思いますが、実のところその想像は間違っていて、真の汚部屋というのは想像を絶する汚さなのです。

よくTVでも取り上げられていて、「こんな感じじゃないの?」と思われるでしょうが、TVで取り上げられる汚部屋なんて「TV用」の生やさしいもので、本当の汚部屋というのはもはや撮影禁止レベルなのです。

今回は、そんな想像を絶する汚部屋にしてしまいかねない人を、タイプ別で4つに分けてご説明させていただきます。

なお、そんな汚部屋にしてしまいかねない人は、割合でいうと女性にかなり多いようで、その事からご紹介するタイプは女性を対象にさせていただきます。

内向的で傷つきやすい

女性

ぱっと見ちょっと暗めな感じで、あたかも内向的であることが分かる、そしてその見た目のとおり傷つきやすいという女性は、かなりの確率で自室を汚部屋化してしまうようです。

理由はいくつかあります。

まずひとつめは、本来は汚部屋化させるような性質はなかったものの、自室のゴミをゴミ置き場に持っていった際に、ご近所さんに注意をされてその後ゴミを出せなくなったなどがあります。

「それだけで?」と思われるかもしれませんが、このタイプが「内向的で傷つきやすい」ことを忘れてはいけません。

内向的で傷つきやすい女性というのは、何かしら注意を受けてしまうとたちまち萎縮してしまう傾向が強く、それがきっかけで特定の行動に移れなくなることがあるのです。

この場合は「ゴミ出し」で、ご近所さんに注意されたことがきっかけでゴミを出したくても出せなくなった結果、自室に溢れてしまって汚部屋化させてしまったことが考えられます。

ふたつめは、その性格からか周囲に頼れる人がいなかったり、友人などもいなかったりで、自室の汚れに歯止めを掛ける人物がいなかったことも、汚部屋化の原因として挙げられます。

要するに、部屋が汚くなっていく様を叱るなり注意するなりして、片づけを後押ししてあげられる人物が周りにいなく、行き着くところにまで行き着いてしまったのです。

もし身近に頼れる人物がいたのなら、決してそんな汚部屋化を許す訳がありませんし、何らかの形で汚部屋になるのを食い止めれた、または違う結果になっていたと考えられます。

その他汚部屋とは言えないまでも、汚れが進んでしまってついに重い腰を上げてみたものの、これだけのゴミを処分するのも目立って恥ずかしいなどの理由も、さらに汚部屋化を進ませる原因となっています。

それだけのゴミ、出そうとしたら近所回りに何を言われるか分かったものじゃありませんし、それが噂になれば住みにくくなりますので、動きようがなくなってしまったのです。

引き返せないところにまで行き着いてしまえば、後はもう野となれ山となれとか、そもそも部屋に寝泊まりしないなど、現実逃避的な行動を取ることになるでしょう。

性格的に、最も汚部屋化させる可能性が高いので、もしご自身がまさに内向的で傷つきやすいのなら・・・今から部屋を見渡して、小さなところから片づけを始めましょう。

こういうタイプで、汚部屋化させてしまう人はすでにその兆候があると思いますので、普段から部屋を見渡す癖を付けて、事あるごとに片づけを行った方がいいでしょう。

次のページ仕事のせい?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー