一生独身となってしまった女性が後悔する瞬間6選

一生独身となってしまった女性が後悔する瞬間6選

5117
update

こんなはずじゃなかったのに、気が付けば相手もおらず一生独身の可能性が・・・と言うよりほぼ確定、なんて近頃ではよくある話です。今回は、そんな女性が一生独身であることを後悔する瞬間を6つご紹介しますので、独身についていろいろと考えてみましょう。

5117
update

そのときは後悔しないと思っていても

女性

どうして一生独身となってしまったかは、その人の経緯によりけりなのですが、少なくとも一生独身となる可能性が見えた頃には、大なり小なり覚悟はできていたことが伺えます。

一生独身でも後悔しないように、後悔しない独身生活を送ろうなど、そもそも結婚願望がなかった人であっても、結婚できなかったことが不本意な人であっても、そこは同じだと思うのです。

経緯は何にせよ、そこには間違いなく揺るぎのない、自分なりの前向きな決意をするところがあったのではないでしょうか?

それにより、現在はその決意に恥じない人生を送られているのでしょうが、やはりふとしたことで一生独身という現実を後悔してしまうことがあるようです。

今回は、そんな一生独身の女性が後悔する瞬間、後悔するであろう目の当たりにする現実をご紹介しますので、今後の人生の参考にしていただけると幸いです。

事前に後悔する内容が分かれば、それへの対策とか避ける方法などを考えられますので、知っておいて損はないと思います。

自宅に帰ったら一人という現実

女性

一生独身が現実的になってきた女性というのは、先にあるとおり一人で生きていくことを決意して毎日を過ごしていることが伺えますが、自宅に帰ってふと後悔に襲われることがあるようです。

では、どうして自宅に帰ってきた瞬間なのかと言うと、それは「一人」という状況を改めて目の当たりにしてしまい、その現実を無理矢理再認識させられてしまうからです。

夜遅くまで仕事をして帰ってきても、部屋は当然真っ暗で誰も労ってくれる人なんておらず、そのまま次の日までずっと一人でいて、また同じ1日を繰り返すことになります。

子どもの頃みたいに夕方まで友達をしっかり遊んだ後に、帰ってきたら夜ご飯に大好きなおかずが並んでいるようなことなんて、一人なのですから絶対にありえません。

嬉しいことがあってもそれを話す相手もおらず、それにより気持ちを共有したり分かち合うこともできず、せいぜいネットの掲示板に書き込むくらいなんです。

そんな「自分はずっと一人」という現実を目の当たりにして、後悔しない人なんてまずいないと思いますし、ましてや女性であればその気持ちはとても大きなものになるでしょう。

一人の時間は人にとって大切であるものの、それが過ぎると余計なことを考えてしまうことに繋がり、それに伴いネガティブな想像がさらにネガティブな想像を呼び込んでしまいます。

上記にあるような例えをひとつでも思ってしまったら、芋づる式に別のネガティブが襲いかかってきて、一生独身であることを心の底から後悔してしまうのです。

次のページ周囲の目が…
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

一生独身の前提がよくわからん。別に60になっても結婚している女性はしてるわけだし。40すぎて独身の女性のことを言ってるのかな。結婚しなくても一緒に暮らしているケースもあるからね。必ずしも孤独ということでもないと思うけど。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー