本当に友達!?要注意なフレネミーの特徴をチェック

本当に友達!?要注意なフレネミーの特徴をチェック

5298
update

友達のように振る舞っているけれど、時々、「本当は敵なのでは?」と感じてしまう相手っていますよね。もしかすると、その相手は「フレネミー」と呼ばれるタイプの人なのかもしれません。では、要注意なフレネミーとは一体どんな特徴を持っているのか、チェックしていきましょう。

5298
update

本当に「友達」なの?

友達 男女

「友達」と一言で言っても、そこには様々な関係がありますよね。

特に女性同士の場合、友達でありながら同時にライバルでもあったり、いろいろと複雑な人間関係を築いていることは珍しくありません。

そんな人間関係の中でも、特に注意が必要なものの1つが、「フレネミー」と言われる女性を相手にした時です。

友達だと思い込んでいる女性の中に「フレネミー」が紛れ込んでいると、恋愛や仕事が邪魔されてしまい、うまくいかなくなってしまうこともあるのです!

では、フレネミーには一体どんな特徴があるのでしょうか?

その見分け方を知ると共に、フレネミーに悩まされないための対策を練っていきましょう。

フレネミーとは?

友達

まず、そもそも「フレネミー」とは何なのかを知りたいですよね。

フレネミーというのは、簡単に言えば「友達を装った敵」です。

明らかにライバル心や敵意を剥きだしにしてくるようなタイプの女性は、フレネミーではありません。

普段はまるで仲良しな友達のように振る舞っているのに、実は相手を陥れてやろうとたくらんでいるのがフレネミーなのです。

つまり、フレネミーはあなたの前ではニコニコと愛想よく振る舞っているかもしれませんが、お腹の中は真っ黒、なんてこともあり得るのですね。

そんなフレネミーにとって、あなたは敵以外の何者でもありません。

そして、フレネミーはあなたにとっても、決して「友達」でも「味方」でもなく、明らかに「敵」なのです。

ですが、友達のふりをして近づいてくる分、実際に敵なのかどうか見分けにくいところが、フレネミーの厄介な特徴と言えますね。

そんなフレネミーに対処していくためには、まずはフレネミーの特徴を知り、相手が本当に友達なのか、それとも友達の皮をかぶった敵なのか判断していくことが大切です。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

正直こういう人が一番怖いなあ。でも項目を見てみるとこういう人っていままでにも周りにいた気がする。結構友達多くてイケイケに見えるけど、本当に信頼できるともだちはいるのかなって思っちゃう。狙われない努力も必要なんだね。

1 名無しさん
通報

前の会社のルームメイトがフレネミーだったなとつくづく。

彼女のおかげで人間関係のお勉強ができた。

当然転職したあとはいっさいの関わりをなくしてるけど、彼女、本社配属になってませんように。

なってたとしても、本社に行きたくても行けなかった同期に死ぬほど恨まれていますように。

いや、絶対恨まれてるな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー