【ピーターパン症候群とは?】大人になりきれない特徴とその治し方とは?

【ピーターパン症候群とは?】大人になりきれない特徴とその治し方とは?

8416

最近増えているそうです!皆さんは、【ピーターパン症候群】というものを聞いたことがあるのでしょうか?ディズニーのおとぎ話の【ピーターパン症候群】とはどんなものなのでしょうか?今回は、そんな【ピーターパン症候群】のことについてお話していこうと思います!

8416 |

知ってる??

Happy Asian girl backpack  in the road and forest background, Relax time on holiday concept travel ,color of vintage tone and soft focus

Alohaflaminggo/shutterstock.com

あなたは「ピーターパン症候群」といわれるものをご存知ですか?

最近では少しでも周りと違ったり、独特な個性や性格をしている人に対しては「~症候群」という名前をつけられ、あたかもそれが病気であるかのように説明されています。

「睡眠負債」や「ADHD(多動性障害)」、「人間リセット症候群」といった症状も、基本的にはそれらは病気なんかではなく、「人間」として普通にありえることをわざわざ「病気」と名づけているだけなのです。

ここではなぜそんなことになっているのかは深く書きませんし、気になる人は「医原病」というキーワードで検索してもらえれば色々なことがわかってくると思いますが、基本的に現代の「~症候群」といったもののほとんどは「病気」なんかではなく、「人としてあたり前のこと」を「病気」というくくりで名前をつけているのだと頭に入れておいてください。

そしてここでは、それを前提として上で「ピーターパン症候群」という症状について詳しくまとめていきたいと思います。

「ピーターパン症候群」とは何か?

Family having funny pillow fight on bed. Parents spending free time with their daughters.

Liderina/shutterstock.com

最近では「人間リセット症候群」などに続き、「ピーターパン症候群」といったものが流行ってきています。

結論からいってしまうと、ピーターパン症候群とは「大人になりきれていない大人」のことであり、年齢でいえば明らかに「大人」であるのに、心や精神が「子ども」のような特徴を持った人のことをいいます。

ちょうど、名探偵コナンが「見た目は子ども、頭脳は大人」なのだとすると、ピーターパン症候群は「見た目は大人、頭脳は子ども」ということですね。

ピーターパン症候群という名前の由来としては、一般的に「ピーターパン」は人間的に子どもでナルシストの傾向があり、性格としても「自己中」「無責任」「反抗的」「依存体質」「短気」「ズルイ」といったまさに「THE・子ども」といえるような性格をしています。

そのため、世間では「大人になりきれない大人」のことを「ピーターパン症候群」と呼ぶようになったようです。

そういわれると、自分の職場や友人たちの中にも「あの人はピーターパン症候群だ」と思う人が何人か浮かんでくるでしょう。

見た目はしっかりとした「大人」であるのに、心や精神が「子ども」である人。

しかし、子どものときの純粋な気持ちを持つことは、一般的には愛されたり好かれたりするケースが多いのです。

では、「子ども心」と「ピーターパン症候群」にはどんな違いがあるのでしょうか?

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー