【彼女が欲しい!】刺激のない日常に嫌気がしている社会人男性の彼女の作り方とは?

【彼女が欲しい!】刺激のない日常に嫌気がしている社会人男性の彼女の作り方とは?

8169
update

あなたは「社会人でうすれば彼女をつくれるのか」と悩んでいませんか?現実として、社会人になれば出会いも必然的に減ってしまうし、女性と接する機会自体が大きく減ってしまうのが事実です。そして、彼女のいない生活に嫌気が差している人も少なくないでしょう。

8169
update

仕事の日々…

Portrait of young man sitting at his desk in the office

Branislav Nenin/shutterstock.com

これを読んでいる社会人男性のみなさんは、「彼女が欲しい」「どうすれば彼女をつくれるんだろう」と思っていることでしょう。

毎日ただ同じような仕事を繰り返す日々を送り、週末には友達や職場の人たちと飲みにいったりして、休みの人は家でゴロゴロしてスマホをいじって終わる。

社会人男性の中にはそんな日々に嫌気が差している人も多いのではないでしょうか。

そして、「仕事や日常を充実させるためにも彼女が欲しい」「心の支えになってくれたり、ストレスや疲れを癒してくれるような人が欲しい」と思っている人もきっと大勢いることでしょう。

恋愛をして彼女をつくることは仕事や日常、または人生を充実させるためにも必要不可欠なことです。

たまに「仕事が恋人」という人がいますが、普通に考えて「仕事」と「恋人」が同じであるはずがなく、仕事には仕事でしか得られない充実感や達成感があり、恋人には恋人からしか得られない癒しや安心感などがあるものです。

ですので、仕事を生身の人間である「彼女」に代替して考えること自体がおかしなことであり、仕事だけしていれば人生が充実するなどということはほとんどありえないのです。

社会人男性の仕事と人生の充実には「恋愛」が必要不可欠であり、それはつまり「彼女」の存在が大きな影響を及ぼしているということになります。

社会人は出会いが少ない

same man in different style clothes

Syda Productions/shutterstock.com

社会人になると学生の頃とは違い、異性との出会いが極端に減っていきます。

学生の頃はクラスにちょうど男女半分くらいの割合で、いい感じに男性と女性が入り混じっていましたが、毎日過ごす場所が「学校」から「会社」になった途端、その比率は著しく低下します。

これは職種にもよりますが、主にガテン系だったり肉体労働的な仕事をしている人は会社にも女性はほとんどいないか、いてもかなり少ない割合でしょう。

一方、事務的な作業やデスクワークや接客といった仕事の職場では、比較的女性の割合の方が多かったりします。

しかし、どちらであろうと「会社」という場である限り、学校のように気軽に恋愛に発展するような場所にはなりません。職場の本質は「仕事をする場所」であるので、それは当然といえるでしょう。

そのため、どれだけ職場に女性がいたとしてもそれと「出会い」にはあまり関係がなく、社会人である男性が「彼女がいない」という状態になってしまうのも仕方のないことなのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー