すぐに怒らないで!安易にキレる男性7つの特徴!

すぐに怒らないで!安易にキレる男性7つの特徴!

恋活

すぐにキレる人は日常会話にすら気を使わなくてはならず、こちらとしては疲れてしまいますし、それが男性だと女性としてはとても怖いものです。なので今回は、そんな安易にキレる男性の7つの特徴をお伝えしますので、早めに対処するようにしましょう。

まひる
まひる
2021.09.17

恐怖でしかない

The anger and screaming man

学生時代においても社会に出ても、やたらとキレる人は何処にでも一定数いて、その困った性質により周囲に迷惑を振りまきます。 一体何が気に入らないのでしょうか? また何をそんなにキレる必要があるのでしょうか?

普通の人には到底分からない行動原理ですが、少なくとも自分の主張を恫喝という手段で行うあたり、主張する思考の深さや伝達手段が乏しく、稚拙であることが伺えます。

とは言えもしそれが男性だとしたら、女性の身としては恐怖でしかありませんし、それが続けばこちらが疲弊し、思わぬトラブルに発展する可能性すらあります。

そんな未熟な、くだらない男の恫喝で疲れてしまうなんて、正直たまったものではありません。

なので今回、安易にキレる男性の特徴をこの場でお伝えすることで、その男性がすぐにキレるタイプかどうかを早めに判断し、それなりの対処ができる参考にしてください。

プライドがとても高い

Portrait of young man with crossed hands near in window.

男性は一般的にプライドの高い傾向がありますが、それが顕著に高いとなるとちょっとしたことでキレる場合があるようです。 理由は、簡単に説明すると「傷付けられたプライドを持ち直すために、怒りで溜飲を下げる」ためです。 このケースでキレる男性というのは、実のところそのプライドに見合った実力がないため、プライドが傷付けられた場合に実力で相手を見返すことができません。

だからキレるという行動で相手を脅かしたり、恐怖を与えたりして、その怯える様を見てすっきりするという、周囲からみれば、何とも情けない心理があるのです。

これが、プライドが高くてもそれに見合った実力のある男性であれば、多少プライドが傷付けられたところで、それが本質的なものではないと判断できるため余裕があります。 だから笑い飛ばしてそれでおしまい、むしろ相手の立場を心配して、その場を重んじる器の大きさを見せるので、キレる男性とは明確な差があることが分かると思います。

なお、キレる男性の場合であればそのキレ具合が恐怖かもしれませんが、会話を続けていくうちに、さらにプライドが傷ついていけば、実力のない男性は、いつまでもキレ続けるだけで、やがて捨て台詞を吐いてその場を去るでしょう。 ただし、不用意かつ無駄にプライドを傷つけることは、その後の自身への評価も考慮して控えたほうが無難だと思いますのでご注意ください。

損得勘定が激しい

Portrait of a handsome CEO smiling

一般的に女性に多いとされる損得勘定ですが、それが強い傾向の男性というのは、自信の判断から感じる「損」については、自分が不利益を被ることであるためにとても不快に感じ、感情を露わにする傾向があります。

一方、自信の判断により感じる「得」な出来事については大喜びで、このように損と得とでかなり態度が違うのが傍目から見てもよく分かり、とても稚拙な考え方をしていることが伺えます。 そんな男性ですので、やはり何かにつけて感情を露わにする可能性が高く、特に自分が損をすることに関してはキレるどころか、大爆発を起こしてしまうでしょう。

逆に損得に拘りのない男性だと、損も得も何ら問題なく受け入れますのでそもそもキレる理由もなく、何事もなかったかのように振る舞い、感情をコントロールできます。

それは、現在の損得ではなく、全ての出来事を将来の得に導く思考と行動力を最優先として動けるチカラがあるからではないでしょうか。つまりは、目先の1万円ではなく将来の100万円を見据えて行動できる、先見の明を持っていることが分かります。

もはや同じ男性でここまで違うのかと思うかもしれませんが、すぐキレる男性というのは、現在の損得勘定しか判断できない、思考も行動も稚拙な男性であると言えます。

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。