【倹約と節約】倹約を通して節約リッチになるためにはどうすればいいの?

【倹約と節約】倹約を通して節約リッチになるためにはどうすればいいの?

8242
update

あなたは「倹約」や「節約リッチ」ということに興味はありませんか?現代でもいつの時代でもお金は大切なものとして扱われています。しかし、そのお金がなくて困っている人は大勢います。ここではそんな人に対し、倹約の方法や、節約リッチになるための方法についてまとめています。

8242
update

お金持ちになりたいっ!

Asian woman girl hand counting cash money for pay loan.

BBPPHOTO/shutterstock.com

突然ですが、あなたは「リッチ」になりたいですか?

あるいは「お金持ち」になりたいですか?

昔から人の悩みの1つに「お金」があります。

「もっとたくさんお金があれば」

「なんでこんなにお金がないんだろう」

少し周りを見てみるだけで、そんなことばかりいっている人を大勢見かけます。

「今の会社の給料が安い」

「支払いが多過ぎて生活がキツイ」

しかし、それは本当に給料が安かったり、お金が足りないからそういった生活になっているのでしょうか?

実際、世間一般の人たちが抱えているお金の問題というのは、収入が少ないから悩んでしまうのではなく、お金の使い方を間違っている、お金を無駄に消費してしまっているから、お金が足りなくなっているだけなのです。

人が生活して生きていくためにはそこまで多くのお金は必要ありません。

毎月何十万、年収何百万ともらっていたとしても、お金の使い方を間違っていれば、結局は「お金が足りない」という自体に陥ってしまうのです。

ここでは、そんなお金の悩みを「倹約」と「節約」を中心に解決する方法についてまとめています。

毎月生活が苦しかったり、お金が足りないなどの悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてください。

「倹約」と「節約」の違い

Woman gets money from the wallet

sebra/shutterstock.com

お金の消費を減らそうと思ったときに、多くの人はまずはじめに「節約」を意識するでしょう。

何かを買うときは比較的安いものを買ったり、普段の生活でなるべくお金がかからないように意識するのが、一般的には「節約」という意味になっていると思います。

しかし、お金を増やすための方法として「節約」のほかにも「倹約」という言葉があることをご存知ですか?

一般的に節約というのは、「自分の身の周りにあるもの全般」に対して消費を抑えるという意味になり、倹約というのは「お金の消費を抑える」という、あくまでも「お金」のみに対する意味になります。

世間では「節約」ばかりが意識されていて、「倹約」という言葉すら知らないといった人も少なくありません。

しかし、実際にお金の消費を減らしたり、お金の無駄遣いを減らそうと思ったときに意識するべきは、「節約」ではなく「倹約」なのです。

目指すことは一緒

Business Man Displaying a Spread of Cash over a green vintage background

TierneyMJ/shutterstock.com

「節約」と「倹約」には多少の意味の違いはあれど、その目的とするものは一緒であり、両方とも「消費を抑えて豊かな生活を送ろう!」というのを目的とし、結局は「お金の消費を抑えること」が一番の共通目標になっています。

倹約は「お金」に対してのみであり、節約は「身の周りのもの全般」に対する意味だといいましたが、最終的な目標が「消費を抑えて豊かな生活を送ること」なのだとすれば、行きつく先は「お金の使い方を見直すこと」になります。

現代人の生活とお金はどうやっても切り離すことはできません。

何かを食べるにはお金が必要だし、何かを買うにも、どこかへ行くにも、何をするにも基本的にはお金がかかってしまうのが現実なのです。

しかし、自分自身で「倹約」と「節約」を意識して生活するようになれば、必要以上にお金にとらわれることもなくなります。

倹約と節約は、億万長者とかではなく、ちょっとしたお金持ちとリッチ感を味わえるとても有意義な習慣なのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー