【どうして人に興味がないの?】人に興味がない人の特徴と他人に興味を持つ方法

【どうして人に興味がないの?】人に興味がない人の特徴と他人に興味を持つ方法

8289
update

あなたは自分が「人に興味がないな」と思っていませんか?他人のことはまったく気にならず自分にしか興味がない人というのも実は結構多く、それにより人間関係で悩んでしまっている人も大勢います。人間は他人にある程度興味を持たなければならないのも事実でしょう。ここでは、人に興味がない人の特徴についてお話します。

8289
update

人には興味ない?

Close-up face beautiful young woman lonely, Looking fear about the past depressed, In black and white concept person fear sad.

Beboopai/shutterstock.com

世間ではたまに「人に興味がない」という人がいます。

「誰が何をしていても興味がない」「他人が自分のことを嫌っていようが構わない」という考えを持っているような人たちです。

そんな人たちのことを周りでは「無愛想」「ノリが悪い」「性格が悪い」などと言いたい放題いっている人たちもいますが、実際、「人に興味がないこと」はそんなに悪いことでしょうか?

一般的には「人間関係は大切だ」「コミュニケーションは大事だ」「友達や恋人は宝だ」とよく言われていますが、それと人に興味がないことはまた別な話なのではないでしょうか?

「人に興味がない=人間関係をおろそかにしている」とは世間のただの決め付けであって、他人とあまり関わりを持たないからといって「他人と適当に接している」とはならないはずです。

世の中には「人と接するのが苦手な人」がいるのも事実であり、いい意味で「人に興味がない人」がいるのも事実です。

人に興味がないのは他人のことが嫌いだからではなく、その人なりの価値観や考えがあってこそ成り立っているものなのです。

ここでは、そんな「人に興味がない人の特徴」や「他人に興味を持つ方法」についてまとめていますので、人に興味を持てなくて困っているという人がいましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どうして他人に興味が出ないのか?

Portrait of tired beautiful woman. Depression

Viktor Gladkov/shutterstock.com

学校や会社の中でも1人や2人、人に興味がなさそうな人がいるのを見たことがあると思います。

自分勝手まではいかないけれど、自分から積極的に話しかけたり質問したりすることなく、ただなんとなく他人としゃべって接しているような人のこと。

特に嫌がっているわけでも、1人になりたそうにしているわけでもないけど、見ていてなんとなく「あぁ、この人は他人に興味がないんだな」と感じるような人。

他の人たちは常に誰かと楽しそうにしゃべっていて、色々と自分の近況や思っていること、感じていること、何をして誰と遊んだとか、くだらないバカ話から時には真面目な話まで、いつも他人と何かしらの話をしているのに、人に興味がない人はただなんとなくその場にいて適当に相槌を打っている。

そういった人たちはなぜそんなにも他人に興味がないのか?

単純に人が嫌いか?

それとも何かしらの理由があってのことなのでしょうか?

自分のことで精一杯

まず第一に考えられるのが、人に興味がないのはその人のことが嫌いだからではなく、単純に自分のことで精一杯で他の人のことを気にかけている場合ではないということです。

自分の今の状況や環境、生活や人間関係などが忙しいため、周りの人たちと深く関わったりする時間がなく、人に興味がなくなっているという状況であり、こういった場合は元々人に興味がないわけではなく、仕方なく人に興味が持てなくなっている、という方が正しいでしょうか。

人は誰でも、まず第一に自分のことを優先的に考える生き物です。

誰だって自分がかわいいし、表に出そうが出すまいが自分のことを何よりも一番に大事にしているものです。

自分に対してちゃんと余裕があるときは、他人に対しても優しく接しられるでしょうし、他人の話に興味も出てきて、その人のことをもっと知りたいとも思うでしょう。

しかし、何かしら事情があり自分自身に余裕がないときは、基本的に他人に構っている時間がないのです。

自分で自分のことに精一杯になっていて、周りの人たちと楽しい話をしたりすることも、他人にも興味が持てなくなってしまうのです。

人に興味が「ある」「ない」というのは、結局のところ、性格の問題だけではなく自分の気持ち次第のところもあります。

自分の気持ちがマイナスでネガティブなときは自然に他人にも興味がなくなる。

いいことがあって機嫌がいいときは人とたくさん話して、もっとその人のことを知りたくなる。

人間は感情に突き動かされて生きているものなのです。

過去に人間関係で傷ついた経験がある

自分のことに精一杯で人に興味がなくなることがある一方で、過去に何かしらのトラブルがあり、それにより他人に興味がなくなったという人も少なくありません。

というよりも、こちらは「人が嫌いになった」と言ったほうが正しいかもしれませんね。

過去に嫌な出来事があり、それにより人のことが信用できなくなって関わることも興味を持つこともなくなってしまった。

そういう人は基本的に人間関係自体を遠ざけてしまう傾向があり、人に興味がないどころか、一切関わろうともしない人が少なからずいます。

人に興味を持つには、まず何よりも「人が好き」という気持ちが根幹になければなりません。

人が嫌いだけど興味があるなんて人はあまりいないように、人に興味がある人は大体が人が好きなのです。

過去が原因で人に興味がなくなってしまった人は、そのトラウマが原因で人が嫌いになってしまっているので、もう一度人を好きなって人に興味を持つことは難しいかもしれません。

他人に興味がない人の6つの特徴

Modern business woman in the office with copy space

OPOLJA/shutterstock.com

上記では、人に興味がない理由について簡単にまとめてみました。

おそらく人に興味がない人の大体が、自分のことで精一杯になっているか、過去に人間関係でトラブルがあって興味がなくなっている人ばかりでしょう。

しかし、中には性格的な面ではじめから人に興味がないという人がいるもの事実です。

ここからは、元々そこまで人に興味がない人の特徴についてまとめています。

「どうして自分は人に興味がないのかな?」と思っている人は、ぜひ自分と照らし合わせて読んでみてください。

1.自分なりの軸を持っている

人に興味がない人は、自分の中にしっかりとした軸を持っている人が多く見られます。

というのも、他人に興味を持つというのは、人間性としての好きというのも十分に考えられますが、多くの人は基本的に人から何かを得ようという考えが根本にあるため、他人に興味が出てくるのです。

そのため、元々自分の中にブレない自分なりの軸を持っている人は、あまり他人の考えや価値観といったものに影響されづらく、他人から得られるものが少ないと思っているため、人に対する興味がなくなってしまうのです。

これは単に他人を見下していたり、他人のことがどうでもいいと思っているからそうなってしまうわけではなく、あくまでも自分自身の性格的な問題でもあります。

良くいえば「信念がある」といえますが、悪くいえばただの「ワガママ」だとも言えるのです。

世間では「自分なりの考えを持つこと」が大事だと散々いわれていますが、実際にそういう考えを持つと、こういった別な問題が生まれてくるものなのです。

人に興味がないことが悪いことだとはいいませんが、あまりにも自分の考えに固執しすぎるのも、人に興味がなくなるなどの人間関係を乱す原因にもなってしまうので注意が必要になります。

2.夢や目標がある

人に興味がない人の特徴の2つ目は、何かしらの夢や目標を持っているということです。

さきほど、人に興味がなくなってしまう理由としても「自分のことが精一杯」だといいましたが、叶えたい夢や目標があるということも、ある意味、自分のことに精一杯になっている状況だともいえるでしょう。

大きな夢や目標を持っていると、「それを叶えるためにはどうすればいいか?」「どうすればもっと夢や目標に近づけるのか?」といったことに夢中になってしまいます。

これは1人1人の夢や目標に対する想いにも左右されますが、「絶対に叶えたい」「何が何でも達成したい」という気持ちがある人の生活には、他人が入り込む余裕がないのです。

人のことを気にして、他人のことをもっと知りたいと思うよりも、他人について考えている時間を自分の夢や目標について考える時間に当てる。

人に興味がない人の中には、そういった考えを持っている人も少なからず存在するのです。

しかし、現代ではそこまで情熱的に夢や目標を追いかけている人というのはかなり少数なので、もし、自分の周りに人に興味のない人がいたとしても、あくまでも「人に興味がない人の中にはそういう人もいる」ぐらいの気持ちで考えるようにしましょう。

自分に余裕のない人は、自分でも気づかないうちに他人に興味がなくなってしまうものなのです。

3.いい意味で自己中心的

人に興味がない人は自己中心的だともいえます。

しかし、ここでいう自己中心的とは決して「自分勝手」「ワガママ」「人の気持ちを考えない」といった悪い意味の自己中ではなく、「自分の気持ちに素直に従う」「自分の思いを中心に考えている」という、いい意味での自己中ということになります。

さきほどから何度もいっているように、人に興味がない人の大半は自分のことで精一杯です。

自分の状況や環境、もしくは夢や目標、自分の気持ちや想いを中心的に考えているからこそ、他人に興味がなくなってしまうのです。

ですがそれは一切悪いことではありません。

逆にそういった人たちをバカにするような人たちこそ、自分勝手でワガママで最低な自己中心的な考えをもっている人なのです。

人生はとても長いのです。

時には自分のことだけに集中する時期も、充実した人生を送るためには必要になります。

人に興味がないのは、別な視点から考えればそれは頑張っている証でもあり、一心不乱に自分の気持ちに従って生きているということでもあるのです。

自分勝手な自己中心的な生き方はよくありませんが、自分のために自分の気持ちを優先するような自己中心的な生き方は、たとえ人に興味がなくなってしまったとしても、それだけ集中して物事に没頭できる生き方自体は大切にしていくでしょう。

4.ただのナルシスト

人に興味がない人の中には、ただの自分大好きのナルシストな人がいるのも事実です。

自分のことが好きすぎるために、他人には一切興味がない、常に自分が他人にどう思われているかにしか興味がないような、究極なナルシストな人も中には存在します。

人間の本能的に、自分のことを一番かわいく思ったり、自分のことを大事にしたりするのは仕方のないことです。

遺伝子的にも人間は利己的な生き物だと証明されているみたいですし。

しかし、自分のことを大事にするのと、自分のことが好きすぎて自分にしか興味がないというのは、あたり前ですが一緒ではありませんし、前者は本能的なものですが後者は悪い意味の自己中だともいえます。

自分のことを大事にする、自分の気持ちを優先させる、自分の想いに従って生きる。

それにより、人にまで気が回らずに興味がなくなってしまう。これはある意味必然だともいえるでしょう。

ナルシストな人はどこまでもいっても「自分」のことしか見えておらず、「自分」にしか興味がなく、「自分」の気持ちしか考えられない人のことです。

ハッキリいって、ナルシストでありながら人に興味がないというのは一番最悪のパターンです。

もし、あなたが自分のことをナルシストかもしれないと少しでも自覚するようなことがあるなら、ナルシスト自体は大目にみるとしても、まずは「他人に興味を持つこと」からはじめてみましょう。

そのままの状態でいれば、自分が望んでいるにしろ望まないにしろ、そう遠くないうちに孤立してしまうことになるでしょう。

5.他人との関わりを求めていない

人に興味がない人の特徴の5つ目は、元々、人と関わることを望んでいないことです。 人によっては元々、人間関係自体が好きではない人や苦手な人、求めていない人や望んでいない人もいることでしょう。

そういった人たちにおいては、他人に興味を持つのはまったくの無意味であり時間の無駄であるといえます。

人はそれぞれ自分なりの考えや価値観を持って生きているものなので、「人間関係を大切に」という一般的な意見を本人の性格や考えを無視してまで押し付けるのはよくありません。

人生はあくまでも自分が一番楽な生き方をしながら生きていくのが正解だともいえるからです。

本人が人間関係を必要としておらず、他人にまったく興味がないというのであればそれはそれで問題はありません。

無理に人間関係を強要したり、人に興味を持てというのはストレスにもなってしまうおそれがあります。

結局のところ、人に興味を持とうが持たなかろうがすべては自分次第であり、どちらが正解で不正解か、どちらが正しくて間違っているかなど関係ないのです。

自分なりの考えを持って生きている。

それが一番大切なことです。

人に興味がないというのも1つの生き方でしかない、という考えも頭の隅に入れておくようにしましょう。

6.現状に満足している

人に興味がない人の特徴の最後は「現状に満足していること」です。

現状に満足している人はそもそも他人との関わりをそこまで必要としませんし、自分1人でも満足する生活を送れているので、他人に興味がなくなってしまう傾向があります。

今の状況、今の環境、今の仕事、今の人間関係、すべてが現状維持でいることを望み、新しく何かに興味を持つという気持ちがなくなっている状態だともいえます。

本人がそのままでいい、他人に興味を持つよりも今の生活を維持することに集中したいというのであれば問題はありませんが、あまりにも現状維持に固執しすぎて、一切新しいことや何事にも興味を示さないというのも時には問題となってしまいます。

すべては本人の気持ち次第なところもありますが、何事もほどほどを意識して、自分にも他人にもバランスよく興味を持っている状態がやはり一番好ましいのではないでしょうか。

他人に興味を持つ4つの方法

Lending a helping hand. People helping each other concept.

undefined/shutterstock.com

ここまでは、人に興味がない人の特徴を6つにまとめて紹介してみました。

人それぞれ他人に興味がない理由は違うでしょうし、なぜ興味が持てないのか?といった理由も違います。

しかし、中には「人に興味を持ちたいけれど、どうしても興味が沸かない」という悩みを抱えている人もいるでしょう。

そんな人に対して、ここからは「他人に興味を持つ方法」を4つにまとめて紹介していきます。

「人に興味を持ちたい」「他人ともっと仲良くなりたい」などの悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

1.すべてを学びだと思う

他人に興味を持つ方法の一つ目は、日常生活のすべてを「学び」だと思うことです。

仕事も遊びも人間関係もすべて自分を成長させるためのものであり、そのすべてから「学ぼう」という気持ちを持って取り組むことで、他人にも興味が出てくるようになります。

実際、人生の中で一番自分を成長させてくれるものは仕事ではなく人間関係なのです。

人は、「家族」「友達」「恋人」「同僚」といった人たちと関わることで、「喜び」「幸せ」「優しさ」「悲しみ」「苦しみ」「怒り」といった感情を覚え成長していくのです。

人間関係を「学び」だと思い、成長するためには不可欠なものだと頭でしっかりと理解できていれば、自分から積極的に人と関わるようになります。

そして、人と関わることに喜びを感じるようになれば、他人への興味がどんどん増していきます。

「この人は何が好きなんだろう?」

「休日とかは何しているんだろう?」

こういった気持ちが自分の中に湧いてきたとき、あなたは自分以外の「他人」に興味を持てるようになっているでしょう。

2.大切な人を見つける

他人に興味を持つためには、自分にとって「大切な人を見つけること」も大事になります。

多くの人は「大切な人」と聞くと「恋人」を想像してしまいがちですが、自分にとっての大切な人とは「恋人」に限定するものではなく、それは「家族」や「友人」といった人たちも含まれます。

実際、誰かのことを大切に思う気持ちというのは人間関係の中でもトップクラスに重要なことであり、誰かのことを大切に思えるからこそ、人は他人と関わり、その人のことをもっと理解して大切にしようと思えるものなのです。

そして、自分にとって大切な人というのはこれから探すのではなく、今、自分の周りにすでにいるということに気づくことも大事なことです。

人によっては「そんな人いない」と思うかもしれませんが、それは「いない」のではなく自分が「いないと思っている」だけであり、一番大切で大事な人というのはいつも自分の傍にいるものなのです。

「恋人」に限らず、自分にとって大切な人を「見つける」、あるいはその存在に「気づく」。

それが他人に興味を持つ上では重要になります。

3.趣味を持つ

趣味を持つことは、他人に興味を持つために非常にオススメの方法です。

というのも、人間関係というのは大体がお互いに何かしらの共通点があることからはじまり、そこから少しずつ話題が広がっていき、段々と相手のことをもっと知りたいという興味が沸いてくるのです。

誰にでも好きなことの1つや2つはあるはずです。

音楽でも映画でも旅行でも写真でも、自分が心の底から好きだと思えるものを人は何かしら持っているものです。

もし「何もない」という人がいても、趣味や好きなことというのはいつでも自分次第で見つけられるので、まずは何でも挑戦して実際にやってみることが大切になります。

想像でやる前には「絶対つまらない」「めんどくさそう」「楽しくないでしょ」と思っていたことでも、実際にやってみると案外おもしろかったり、それをきっかけに趣味にのめり込んでしまうといった人も少なくないのです。

そして、その自分の好きなことを積極的に他人に話してみましょう。

お互いが好きなことの会話というのは自然に盛り上がってくるもので、はじめはその趣味や好きなことについて熱く語っていたとしても、段々と話題は趣味ではなくそれをやっているその人自身のことに変わっていきます。

趣味を通じて他人と会話をすることで、いつしかその人自身のことに興味が湧いてくるのです。

他人に興味を持ちたいのであれば、まずは自分の趣味と同じ趣味を持っている人を見つけてみることからはじめてみましょう。

そしてそういう人を見つけたなら、趣味に対する自分の気持ちを語るのです。

そうすれば自ずと趣味や好きなことを通じて他人と関わりを持つことができ、いつしか他人に興味が湧いている自分に気づくでしょう。

4.感謝の心を持つ

他人に興味を持つ方法の最後は「感謝の心を持つこと」です。

自分の周りにいる人たちに「いつもありがとう」と感謝の心を持つ。

人は間違いなく1人では生きていくことはできません。

あなたが毎日食べている食べ物も、乗っている車や電車も、住んでいる家も読んでいる雑誌も、すべて「他人」がいなければ手にすることもできません。

誰かがつくってくれたからこそ、あなたはそれを手にできるのです。

他人がいるからこそ、あなたは今生きられるのです。

他人に対する感謝の心を持てれば、自然に他人のことを大事に思え、自分と関わりのある人たち、接する人たちのことが愛おしく思えてきます。

あの人は何が好きなのか、何をしたら喜んでくれるのか、何をされたら嬉しいのか。

他人のことを愛おしいと思う気持ちは、他人への興味も生み出すのです。

もしあなたが今現在、他人に対して「興味がない」と思っているなら、周りに対して感謝の心を持ってみてはいかがでしょうか。

他人への興味というのは無理に持つものではなく、自分の気持ち次第で自然に自分の中に湧いてくるものなのです。

人間関係は大切

ここでは、人に興味がない人の特徴と他人に興味を持つ方法についてまとめてみました。

昔から言われているように、人間関係というのは人生において大切なことです。

他人と一切関わりを持たない生き方は、多くの人にとっては非常につまらないものであり、生きる価値のない人生だと思っている人も少なくないでしょう。

しかし、人に興味がないからといって人生に意味がなくなってしまうわけではありません。

たしかに人間関係が豊かであれば人生も豊かになるかもしれませんが、自分が「他人に興味がない」「関わりを持ちたくない」と思っているのであれば、それはそれで構わないのです。

ここでまとめたことは、あくまでも「人に興味がない人が、どうすれば他人に興味を持てるようになるのか」といった人たちに向けたものなので、自分で自分の人生に満足している人は、無理に自分を変えようとしなくていいのです。

大事なのは人に興味が「ある」か「ない」かではなく、人生に満足しているかどうかです。

人に興味がなくて悩んでいる人は、ぜひここに書かれていることを参考にしてみてくださいね。

ご意見、ご感想ありましたらコチラ! この記事のコメントへ (17件)
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

17 名無しさん
通報

どうであれ、社会人として会社の中で生活するならば、周囲の事も少しは考えてほしい。

確かに本人にとってはしかたのないことかもしれないが、開き直って何もしないのは身勝手。

周囲はその人に振り回されているのです。今の世の中、何か言うとパワハラだモラハラだといわれる

ため、中途採用の人にすら指導できない。誰とでも気軽に話せる人にはわからないと言うかもしれませんが

本人も努力してほしい

16 ???
通報

この記事の表題は「付き合いの悪い人について」が適切でしょう。

『他人に興味を持つ方法』というのも、『誰が』他人に興味を持つのか日本語が足りていない。

表題の結論は5と6であり、その外はそういう人もいますという憶測でしかない。

『興味をもって欲しい!』という意向の記事ならわかりますが、

こんな御託を並べた頭がおかしくなる脳に害なので消してほしいです。

15 名無しさん
通報

むかしの話するひととか興味が沸かないかなどうせ自分に不満だからボヤくんでしょ

14 名無しさん
通報

女性が9割以上の職場で働いています。

仲良く見えても、その人のいないところでバカにしたり、小さなあげあしとって楽しそうにしていたり。また違う人達とは、さっきまで悪口や陰口を共有してた人を見下して得意げになっていたり、もっとやれと言わんばかりに煽って楽しんだり。独身だろうが既婚だろうが、子供がいようが関係ない。そんな縮図を毎日体感してると興味もないし、関わり合いたくないし。言い返して来ない人をターゲットにして言いたい放題、バカ笑い、ニヤニヤくすくす…仕事は出来るのかもしれない?けど醜い。そんな人に自分にしか興味がないなんて言われたとしても、かまって欲しい、リアクションが欲しい、認証して欲しいって事じゃないの?としか思えない。業務上関わるのは仕方ないけど、今の会社にいる人達に関心なんかもたないわーって感じ。

まぁプライベートも親に彼氏に数少ない付き合いのある人達にもたいしてだけど、困ってない。満足してるっていうところにあたるんだろうな。

13 名無しさん
通報

人に興味があるからではなく自分の欲を満たすためのツールが人付き合いなのではと思ってしまう人が多いように思えます。「あの人は有名人と知り合い」だとか「この人は裏情報を提供してくれる」など自分が欲しいものを持っている人=魅力的な人と位置付けている感じがします。

私は欲を満たすために人付き合いをするのがバカらしいと考えてしまうので自然と人と距離を置いて次第に人そのものに期待もしなければ興味もなくなってしまいました。

興味がわく人は周りにほとんどいません。皆俗人にしか見えません。

そして人に興味がないという可愛げがない人間がいても多様性を認める寛大な心で「こういう人もいる」とさらりと流してそんなに悪者扱いしないでもらいたいです。

12 名無しさん
通報

他人と関わると碌なことがない。

世の中優しく親切な人より意地悪で性悪な歪んだ手合いが多い。

確かに親切でやさしい人もいるのは認めるがそれでも心底信用できるものではない。

他人と関わるのは店と客位のその場だけの関係とか精々馴染みで付き合う位が一番気楽で良いと思います。

11 名無しさん
通報

自分は日本人や文化にあまり興味ありませんね

ぶっちゃけ顔も同じに見えることが多いです

興味が持てないのは近親憎悪や同族嫌悪と雑種強勢が関係してると思いませんか?

海外の異文化が好きなので音楽やアート等色々吸収してますし

それに対して人に興味がないってのはおかしな話かと、、、

似たような黒人が二、三人出てくる映画見たりすると区別つかない時があるのは

興味がないからだと思いますしストーリーが進むにつれて特徴を抑えて区別つくようになる

なので興味をそそるような人が近くにいないが正しいような気がしますね

避ける理由はヤンキーっぽい人を避けると同じ感覚だと思いますね それがすごく広いってだけなのかも

10 名無しさん
通報

自分は若いときにパニックにしょうがいにな興味なさすぎると猿山の猿並みに区別つかなくなりますね

9 名無しさん
通報

最近世の中面倒な人が多すぎる。気の弱そうな人を見つけると、挨拶程度しか会話をした事がなく、嫌われる事を一つもしていなくても、ストレス解消なんだろうね、きっと。ネチネチと、嫌みを言ったり、聞こえるように悪口を言ったり、そんな人達を見ていると、人が嫌いになるを通り越し、関心がなくなる。そんな人達に悪口言われても、あまりにもその人達が醜くすぎて、悪口言われようが、嫌われようが、段々どうでもよくなってくる。勝手にやってろと。今、男も女も、優しい人より意地悪な人が多いし、面倒。自分は世話焼きな人や優しい人好きだけど、そういう人今あまりいないから、他人に対して、無関心になりつつあるなぁ。これは、もしかしたら人間嫌いから派生した、無関心なのかも知れないけど、思い遣りのある人や、世話焼きな人等は好きだから人間嫌いではないけど、そういう人が少なくなって来ている今、ほんと意地悪で面倒な他人と関わるのが、面倒で仕方ないから、他人に対して関心がなくなってきてるっていう、複雑な感覚。

8 名無しさん
通報

人間に興味ない理由は記事であげてるだけとは限らない。原因なんて何も無くてもそこまで他人に感心がない人もいる。自分は悩んでいないし困ってもいないけど、友人や知人に指摘されて何となく調べてみた。多分他の人より、他人に感心を持つハードルが高い。知人レベルの人にの情報を収集する必要性を感じない。でも中には記事の通りの人もいると思うし、悩んでいる人が記事に自分を当てはめることで、楽になるのならそれはそれでいいと思う。十人十色だから、特別扱いせずにそういう人もいるんだねって思ってもらえたらありがたい。

7 しがない営業マン
通報

新入社員として人材業の営業マンとして入社しました。

過去に自営業を営んでおり、彼女のためにサラリーマンになりました。

しかし、今の会社で働いていて複数人の上司に指摘されたのが、人に興味を持っていない。と指摘されました。

正直、言われるまでは全然分かりませんでした。

御記事を読ませていただいたところ、私は過去に人間、金銭関係で大きな問題が起きました。

しかし、大好きな彼女も居ます。

結婚も考えています。

未だに自分は人に興味が無いと自覚出来ておらず、改善の仕方も分かりません。

書いている事をずっと実行して居るのですがそれでも言われ続け、本日人材に向いてないと言われました。

過去のせいにしたくは無いですが確かに過去に人間関係でのトラウマがあります。

言葉も何かから身を守るような発言をどうしてもしてしまいます。

どうすれば人に興味をもてるんですか?

私は人の事が大好きです。

YouTubeをやっているのですがそのchannelでもリスナーさんを巻き込んでの動画とかあげています

さらに何かいい改善方法があるのか、教えてください。お願いします。

6 名無しさん
通報

5です。

「こんな私は性格が悪いんですか?」

はそのように解釈している「世間」に問いたいのであって記事を書いた方に対してではありません。

5 名無しさん
通報

人に興味がない人ってこんなふうに思われていたんですね。私は人にあまり興味がありません。その立場の私の心の内を明かします。

例えて言うなら高いビルの上から全体的に地上の人を見ると「人間」というだけで一人一人の顔も服装もよくわかりません。ぼんやりとしか見えていないといった感じです。

それと興味は同調や共感とも関連しているように思えます。同調は無理にさせたくないし、数多くの人との共感も求めていません。

でも私の尺度でピンとくるものがあればその人には興味が湧きます。つまり興味が湧かないから「興味がない」のです。

こういう考え方の私は性格が悪いんですか?

4 名無しさん
通報

人っていうか、自分以外に関心を抱けるかどうかなのかもしれません。自分の事で精一杯な人は、子供にも政治にも関心を持たれない方が殆ど。人は本質的には何かの役に立っている時に最も幸せを感じる生物ですので、自己中心性もつきつめれば自然と自分以外への関心に繋がります。

3 名無しさん
通報

人に興味がないのはそれだけ自分に自信があって、我が道を突き進めるタイプだと言えそうです。ただし、周りから冷たい人だという印象を持たれやすいので、別の場面でフォローするなど、株を落としすぎないほうがいいかも。

2 名無しさん
通報

人に興味を持っていないと冷たい人と判断されるかもしれません。でも、多くの人は自分なりの夢や目標を持って、その実現に励んでいるので、周りがどうであろうと構わないと考えています。それだけ、自己実現に熱中できているのだと思うな。

1 名無しさん
通報

誰かと知り合ったとして、その人のことを知りたいと思わないことなのかなぁ。相手のことを知ったところでどうするの、っていう考えがあると、人の興味がないんだろうなと私は思ってます。人間関係に於いてサッパリしている人に多そうです。

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー