dqnってそもそも何?人として問題のある7つの特徴

dqnってそもそも何?人として問題のある7つの特徴

5088
update

ある時期を境に、dqnという言葉を耳にすることが増えたのではないでしょうか?周囲の使い方から、ろくでもない意味のようですが…と言うことで今回、dqnの意味はもちろん人として問題のあるその特徴もまとめてご紹介します。

5088
update

dqnって何?

Group of cheerful joyful young people standing and celebrating together over white background

Dean Drobot/shutterstock.com

dqnとは正式には「ドキュン」と読み、朝日系列のテレビで放送されていた、「目撃!ドキュン」という番組が語源とされています。

この番組では非常識な人間がところどころで出ていて、あるネットユーザーがそれらの人間を、番組名とまとめて「ドキュン」としたのが始まりとするのが有力です。

「非常識」「反社会的」「品位がない」「自己中」「頭が悪い」などなど…まあ要は、「ろくでもない人間」ということです。

もちろんそんな人と関わりたくありません…と言うより、もう近付くのも嫌ですよね。

ですので今回、dqnの人として問題のある特徴を7つお伝えしますので、dqnと分かれば速やかに退散です。

大げさかもしれませんが、一般人とdqnは相容れない…と言いますか、dqnはそもそもからして社会不適合者ですので交われないのです。

dqnはあなたの見積もりよりも遥かにひどい人種ですので、それを念頭に置いて以降を読んでいただき、その惨状を理解して下さい。

学歴が低い

Large group of young people enjoying a beach party

YanLev/shutterstock.com

いきなり喧嘩を売ってしまっているような見出しですが、dqnは決まって学歴が低いことが多く、そして学歴が低いからdqnになりやすいのだと思われます。

理由は、まず学歴がそれなり以上の人というのは、やはり「それなり以上」の努力をしていることが伺え、それは何より「努力する気概がある」からです。

ですがdqnはその低学歴なことから努力する気概がない、それなりすら努力をしないから、「その程度」の人間にしかなれない訳です。

ただこの理論ですと、何らかの事情で勉学の励めなかった、また勉学がとても苦手で身に付かなかった方も、全員dqnということになります。

ですがその場合は「自分なりに努力をしていた」ことが考えられますし、たまたま学生時代に芽が出なかっただけで、おおよそ成人以降で何かしらの形で社会に認められるでしょう。

それどころか、自身の低学歴を気にして大いに努力を積み重ね、いわゆる「叩き上げ」として人並みどころか大成する方も少なくはありません。

もちろんdqnは低学歴なんて全く気にしません。

そして努力の「ど」の字もないどうしようもない人種であり、このように同じ学歴が低い人でも明確な差があるのです。

なおその低学歴、大抵は「中退」という半端な結果で終えていることが多いようで、それは努力をしないことから「続けられない」という、dqnのまたひとつの特徴となるのです。

次のページ仕事は?
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー