【ココロから変える】イイ男性にモテるために心がけたい5つのこと

【ココロから変える】イイ男性にモテるために心がけたい5つのこと

恋活
yukino
yukino
2015.09.17

たとえばAという先輩に教えてもらった方法をあなたが実践して、Bという上司がそんな方法ではダメだと叱ったとします。

「Aさんがそうやれって教えてくれたんだし」とふてくされるのではなく、「Aさんの方法を実践しよう」と選んだのは自分です。

だって実践する前にAさんの方法をBさんに確認することだって出来たし、Aさんから説明を聞いた時点で「なんか違うかも?」と思ったことがあったら他の先輩に教えを請うこともできたのです。

もしAさんの方法に心から納得して実践していたのなら、あなたがAさんに教えてもらわなかったとしても、所詮Bさんに叱られるくらいのアイデアしか出てこなかったでしょう。

必ずあなたは選択していますから、責めるのは自分であるべきなのです。

#4:他人に対するサービス精神とユーモア

サービス精神は媚びを売るという意味ではありません。

たとえばデイリーで出している資料があったとして、Aさんは一番上に新しい日付がくるようにファイリングしているけれど、Bさんは逆に一番上に古い日付がくるように並べている、というのであればAさん・Bさんそれぞれのデスクに資料をどう置けば良いかはわかりますよね。

また他人の失敗を励ますときに、「今回は運が悪かったと思って~」「××だけが悪いわけじゃないよ、ちょっと資料ミスっただけでひどいよね~」と励ますより、「サーファーも波がこなきゃ腕の見せどころもないものね」「弘法も筆の誤りっていうしね。え?だって××、いつもキレイで正確な資料作ってるじゃん。弘法の筆にも匹敵するよ~」なんて言ってあげたほうが相手の気も楽になると思いませんか?

#5:道徳的な清廉さ

あなたはいま、子どもに見せられないような行いはしていませんか?

小さな罪を重ねてはいませんか。

法律では罪にならない些細な事でも、犯してはいませんか。

ゴミをポイ捨てする、信号を無視する、お年寄りが目の前に座っても電車の席を譲らない、優先席付近でスマホをいじる…。

そういうことは慣れて身につくと身から剥がすのに苦労します。

ついてしまった贅肉が取れないのと同じこと。

子供の手本となれるような人間になるための倫理観、道徳観を養い実行してみてください。

いかがでしたでしょうか。

自分が出来ていないことはありましたか。

まずはそういうことを一つずつでもいいから、つぶしていきましょう。

参考書籍:いい男に最短で出会う本――著者:ますい志保

※表示価格は記事執筆時点の価格です。現在の価格については各サイトでご確認ください。

※この記事の感想を教えていただけませんか?
今後の企画の参考にさせて頂きます(編集部)

おすすめ記事