【それって脈あり?】話しているときに顔が近い男の心理とは?

【それって脈あり?】話しているときに顔が近い男の心理とは?

8187
update
posted2018/07/01

あなたは「顔が近い男の心理」について気になったことがありませんか?相手との距離間が近いと「自分のことが好きなのかな?」「興味があるのかな?」と色々考えたりしますよね。男性の心理は時に複雑であり時に単純なものになります。ここでは「顔が近い男の心理」について詳しくまとめていきます。

8187
update
posted2018/07/01

顔の距離にドキッ

Mens fashion concept. Portrait of a handsome masculine man.

Kiselev Andrey Valerevich/shutterstock.com

さて、女性のみなさん。

あなたは男性との顔の近さにドキッとしたことはありませんか?

普段何気なく会話している男性が急に接近してきて、今にも顔が触れそうな距離に迫られたことなどを経験したことはありませんか?

大して話したこともない人がいきなりそういった行動を取ってくるとは考えにくいですが、ある程度仲が良くて親しみを持って接している男性の顔が、急に近くにきてついドキッとしてしまった人も少なくないでしょう。

たとえ相手に恋愛感情などを抱いていないにしても、異性の顔が急に接近してくると誰だって反射的に恥ずかしくなったり照れたりしてしまうのものです。

しかし、一般的には「顔が近い」というのは相手に対して「脈あり」の感情があると思っている人が多く、自分と相手との距離が近ければ近いほど、相手は自分に対して「恋愛感情があるんじゃないか?」と感じてしまう人も多くなっています。

単純に考えて、嫌いな人と話す場合にはやはり相手と距離をとりたいと思うものですし、そんな相手に対して顔を近づけて会話などもするはずがありませんよね。

そこでここでは、悩める女性のみなさんのために「顔の距離を近くしてくる男性の心理」についてまとめていきたいと思います。

「いつもあの人は顔が近いけど好きなのかな?」「どうしてそんなに顔を近づけてくるの?」と思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

顔が近い=脈あり?

Portrait of an handsome young man

Minerva Studio/shutterstock.com

世間では「顔が近い=脈あり」という思考回路をしている女性がたくさんいます。

試しに自分の周りにいる女性友達に、「いつも○○君と話すとき顔の距離が近いんだけど、どうしてだと思う?」と聞いてみれば、おそらく半数以上の人が「それは脈ありだよ」「○○のこと好きなんじゃない?」といった返答が返ってくることでしょう。

それぐらい世間では異性との「顔の距離」というのは重要視されていて、ある意味相手との距離感がそのまま相手への好感度だと思い込んでいる人も多いといえるでしょう。

しかし、顔が近い男性の心理は本当に相手への「脈ありサイン」でしょうか?

たしかに男性に限らず女性でも自分が嫌いな人に対しては無意識的に距離をとってしまうことがありますが、ただ顔が近いというだけで相手が自分に対して脈ありだと決め付けるのは、あまりにも早計なのではないでしょうか。

パーソナルスペース

ほとんどの人間には元々「パーソナルスペース」というものが備わっていて、これは自分から45cm以内のスペースのことをいい、このパーソナルスペースに入ってきても嫌悪を抱かない人というのは一般的には「恋人」だけだといわれています。

そして、自分と相手との距離が45cm~1.25mのスペースに入るのが友達や知人であり、それ以上の距離の場合はただの知り合いだったり顔見知り程度の人の距離になります。

つまり、人は自分と相手との距離の長さによって、そこに入り込んでも嫌悪感を感じない相手を無意識のうちに判別しており、距離と相手が一致しない場合には、自然に体が距離をとってしまったりあからさまに嫌な顔をするようになっているのです。

これは一種の防御反応といえるようなものなので、自分の感情を完璧にコントロールできる人は存在しないため、距離によって生じる自分の気持ちもコントロールできないといえます。

ということは、顔が近い男の心理というのは相手にとっては「友達以上」の感情が芽生えていることになり、それが親しみなのか恋愛感情なのかは定かではありませんが、相手は自分に対しては少なくても嫌悪ではなく好意を抱いているといえるでしょう。

口説いているサイン

パーソナルスペースのことを考えると、顔が近い男の心理はやはり「脈あり」だと考えてしまいがちになりますが、もしかしたらそれは「脈あり」にとどまらず、口説いているサインかもしれません。

顔が近い男の心理についてはこれから詳しく書いていきますが、パーソナルスペースに異性の顔が入り込むということはどれだけマイナスに考えてもそれを「嫌悪」だとは考えることはできず、相手に対して「好意」があると考えて間違いではないでしょう。

女性としても、男性の顔が急に自分の顔の近くにくるとどうしても意識してしまうものであり、男性もそれをわかった上で計算してやっている可能性が非常に高いんです。

もちろんただ無意識のうちに近くなってしまったというケースも多々あるでしょうが、おそらく大半の男性は顔を近くするときは意識的に何らかの意図をもって近づけているといっても過言ではありません。

その意図がなんなのかは本人にしかわからないことですが、それがマイナスではなくプラスの意図だということだけはハッキリしていて、男性が女性に近づくときは大体が相手への好意のサインであったり、少なくとも相手に興味を抱いている状態だといえますので、もし顔の距離が近い男性がいるとするのなら、それは口説かれているサインだということを頭の隅に入れておいても損をすることはないでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー