女性の目標「クールビューティ」!でも恋はおざなりな4つの理由

女性の目標「クールビューティ」!でも恋はおざなりな4つの理由

5116
update

美しく凛とした佇まいで、隙のない少し冷たい感じなクールビューティは、女性の目指すところです。そんな女性に大いにモテるクールビューティは、当然男性にだってモテモテ・・・でもないようです。今回はその理由を4つご紹介します。

5116
update

女性にモテて男性にモテない

Female hairdresser standing and making hairstyle to cute lovely young woman in beauty salon

Dean Drobot/shutterstock.com

女性がクールビューティと聞けば、自分の目指すところ、自分の目標とする方も決して少なくはありません。

美しい、隙がない、少し冷たい感じ、涼しげな表情、仕事はバリバリ、男性に全く負けていないその様は、同性である女性からとてもモテるのは言うまでもないのです。

ですので男性関係なども、そのクールな感じで手玉に取って恋多き人生を歩んでいる・・・かのように思えますが、実のところ男性関係は皆無なことがほとんどのようです。

これはどういうことなのでしょうか?

女性から見ればもはや魅力しかないのに、一体男性はクールビューティの何を見ているのか、その目は節穴なの?なんて思うかもしれませんが、残念ながら男性には何の魅力にもならないようなのです。

実際、そんなクールビューティを後目に男性からモテまくるのは、美人度では確実に負けている上に少しボーッとしていて、ほわほわしているような女性です。

と言うことで今回、女性からはモテモテなクールビューティでも、男性からはモテずに恋がおざなりになっている理由をお伝えしますので、女性の視点と男性の視点の決定的な違いを理解してみましょう。

隙がなくて口説ける気がしない

Beautiful smiling girl with clean skin, natural make-up, and white teeth on grey background

popcorner/shutterstock.com

基本的にクールビューティな女性というのは、やること成すこと完璧だったりの「できる女」ですので、それに伴ってどうしても隙というものが見当たりません。

隙がないから、いくら男性が口説きたいと思っていても口説くチャンスがなく攻め倦ねてしまった結果、「やめておこう」という敬遠に繋がってしまうのです。

もし闇雲に口説こうものならそのクールさでばっさりと切り捨てられてしまいそうですし、そんなことをされてしまえば男のプライドが傷付いてしまい、自信喪失となるかもしれません。

だから男性は、「最初から」「口説ける可能性の低い」クールビューティに近寄ろうとしないのです。

これが一般的な女性であればおっちょこちょいなところがあったり、天然なところがあったりなどで可愛げがあるので、それが恋愛における「隙」になると言えます。

そういう可愛げがあれば、そこをフォローしたりでお近付きになれますので、男性は口説ける可能性をみて積極的にアプローチをするのです。

それにそういう女性であれば、口説こうとしてもそこまでばっさり拒否されない、自分を傷付けるような発言をする可能性は低いと、ポジティブに男性は考えるでしょう。

もっとも、その「口説きやすい」という心象は男性の勝手な判断なのですが、少なくとも全く隙がないクールビューティと比べれば、遙かに男性はその女性を身近に感じると思います。

この差は恋愛において、とても大きなものだと言えるのではないでしょうか?

何故なら、このシチュエーションはアプローチにおける「初期」となりますので、ここでつまづいてしまうクールビューティというのは、恋愛が初期の時点で不利になってしまうからです。

恋愛の初期なんて「出会い」、「ファーストコンタクト」、「第一印象」などどれも大切・・・と言うより、この要素それぞれで恋愛指南記事がひとつ書けるほど重要なものです。

そこから不利になるなんて、クールビューティというだけで恋愛にはハンデになると言われても仕方がなく、そしてクールビューティに独り身が多い根拠として納得いただけるかと思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー