【その異変は霊のしわざかも】霊に取り憑かれることで自分の身に起きる症状とは?

【その異変は霊のしわざかも】霊に取り憑かれることで自分の身に起きる症状とは?

8124
update

霊に取り憑かれるというのはテレビや映画の中だけだと思っている人は多いですが、現実に、霊に取り憑かれて不運な目にあっている人というのは数多く存在します。あなたは最近何か自分の身に何かしら変な異変を感じていませんか?もしかしたらそれは霊に取り憑かれていることが原因かもしれませんよ。

8124
update

もしかして取り憑かれてる?

Crystal ball and fortune teller hands. Divination concept. The spiritual seance. Future reading.

n_defender/shutterstock.com

あなたは最近「体が重い」「嫌なことばかり起きる」と思ってはいませんか?

休日にゆっくりと休んだのに全然体の疲れが抜けない。

何をしても不運続きで仕事もプライベートも全然うまくいかない。

そういった状態に悩まされていませんか?

特に風邪を引いてるわけでもないのにどうしてこんなに体が重いのか・・・。

もしかするとそれは、霊に取り憑かれていることが原因かもしれません。

霊の存在自体は人によって「信じる」「信じない」というのがありますが、世の中には霊感もまったくなく霊を一切信じないで生きてきた人の前に突然心霊現象が起こりはじめることがあります。

霊の存在なんて一瞬たりとも感じたことがないのに、ある日を境に突然背中がゾワゾワしてきたり、誰もいないのに物音が聞こえたり、原因不明の体調不良に陥る人も実際にはたくさん存在するのです。

もしあなたが今現在、風邪でもないのに体調不良に悩まされ、霊の存在なんて一切信じていなく自分には霊感もないしと安心しているとすれば、それは要注意かもしれません。

霊が実在するかはわかりませんが、それが霊に取り憑かれている症状だったりするかもしれないのです。

体調不良は霊のしわざ?

Silhouette young woman practicing yoga on the beach

Patrick Foto/shutterstock.com

たまに、風邪を引いたわけでもないのに体がダルかったりやる気がまったく起きないときって誰にでもありますよね。

中には前日に食べ過ぎたり飲みすぎたりして具合悪いだけの人もたくさんいるとは思いますが、特に何の心当たりもないのにある日を境に体調不良に悩まされしまう人も実際にいます。

しかし、常識的に考えてそれが「霊のしわざだ」などと考える人はいないでしょうし、ただの気分の問題だったり生活習慣の乱れからきているものだと誰もが思っているはずです。

ですが、そういった体調不良が慢性的にずっと続くのであれば、「もしかしたら霊のしわざかもしれない」と少し考えてみる必要があります。

たしかに、症状によっては霊が一切関係なく自分の生活習慣が悪いせいだと認識できるのであれば、その悪しき習慣を改善することで体調不良も改善されるとは思いますが、もし万が一にも「霊に取り憑かれた症状」だとすればそこは慎重に対処しなければなりません。

冗談などではなく、世の中には霊に取り憑かれてしまったことで体調不良に悩まされた結果、性格や人柄まで変わり、まるで別人にまでなってしまった人もたしかに存在するのです。

思い込みによる作用

慢性的に続く体調不良の多くは、おそらく自分の生活習慣の乱れによるものがほとんどだと思いますが、その原因の可能性の一つには「霊に取り憑かれている」というケースも考えられます。

しかし、「霊に取り憑かれている」というのは実際には「思い込み」である場合も多く、本当は自分の生活習慣の乱れからきているものだとしても、「これは霊に取り憑かれている症状だ」と自分で思い込めば思い込むほどそれが真実になってしまうケースもあるのです。

よく、薬を飲むときには「この薬は効果がある」と思い込みながら飲むことで、その思い込んだ効果が体に出るという「プラシーボ効果」が働くといわれていますが、これは「霊」にも同様に考えられます。

つまり、体調不良を「霊のしわざだ」と思い込めば思い込むほど、本当にそれが霊のしわざにしか思えなくなってきて、思い込みが激しければ激しいほど、本人が「霊に取り憑かれることで体調不良が起きてる」と信じている限り、たとえ生活習慣が原因だとしても、いくらそれらを改善してもまったく治らなくなってしまうのです。

人間の思い込みによる効果はそれほどまでにすさまじいものであり、いってしまえばどんなことでも自分で自分をマインドコントロールしてしまえばそれが真実になってしまうということでもあります。

お祓いにいくのもアリ

本人が体調不調や不運な出来事のすべてを「霊に取り憑かれているせいだ」と思っているのであれば、実際にお祓いに行って除霊などをしてもらうのがいいかもしれません。

それが本当に「霊に取り憑かれている」からなのかはわかりませんが、本人がそう考えているのであればそれを解決するためのもっとも手っ取り早い方法がお祓いでしょう。

霊能力者の力を信じるかどうかはさておき、「霊に取り憑かれているせいだ」と思っているのであれば逆に「霊を除霊した」と自分に思い込ませれば、その体調不良の多くはおそらく改善されることになります。

さきほどから思い込みによる力は散々説明してきましたが、「霊」自体の存在や「霊能力者」の力を信じていなくても、「霊がいなくなった」と本人に思い込ませれば、「霊のしわざ」だと思っていた症状はいとも簡単に消え去っていくのです。

いわば「お祓い」とは、新たに思い込みをかける場所とも言い換えられるかもしれませんね。

しかし、現実にはたしかに霊に取り憑かれているとしか思えないような現象や出来事の数々が存在することも事実ですので、何でもかんでもただの思い込みだと決め付けるのは早計であり、霊の存在を頭ごなしに否定するのも安直だといえます。

もし「霊に取り憑かれたのではないか?」と感じた場合には、まずは落ち着いて自分にできることからやっていくようにしましょう。

世界も人間もまだまだわからないことだらけなので、何かを改善するにはさまざまな可能性を無限に考える柔軟な頭が必要だといえます。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー