【霊感ってどうやってつくの?】霊の存在を感じ取る「霊感」を鍛える方法とは?

【霊感ってどうやってつくの?】霊の存在を感じ取る「霊感」を鍛える方法とは?

8071
update
posted2018/06/30

世の中には「霊感を鍛えたい」と思っている人が少数ながら存在します。ホラー系や怖いものが嫌いな人にとっては苦痛以外のなにものでもありませんが、世間には「霊感がほしい」と思っている人がいるは事実であり、実際霊感は自分次第で簡単に鍛えることがきるものです。ここでは霊感の鍛え方などについてまとめています。

8071
update
posted2018/06/30

霊感が欲しい

Soul and spirituality abstract concept  for mourning and world human spirit day with warm candle light bokeh illumination, golden sunset sky and reflective river wave background

Chinnapong/shutterstock.com

あなたは「霊感が欲しい」と思ったことはありませんか?

もしくは、「霊感を鍛えたい」と思ってはいませんか?

一般人の中ではあまり自分から「霊感をつけたい」「霊感を鍛えたい」と思う人はかなり少数派だと思いますが、世の中には心霊系が大好きな人がいたりホラー映画などに影響されて、「自分も霊感を鍛えて霊の存在を感じ取りたい!」と思ってる人もいることでしょう。

テレビの心霊番組などでも度々「霊能力者」といった人が登場し、「あそこに霊がいる」「ここは危ない」などと言っているのを目にすることもあり、普通にテレビを見ている側としては「ほんとかな~」「どうせ嘘じゃないの~」と思ったりしますよね。

しかし、霊がこの世にいるかどうかはさておき、「霊感」という能力については必ずしもそのすべてを否定することはできないのではないでしょうか。

人によっては本当に霊の気配を感じ取って体調が悪くなってしまう人もいますし、霊感があることで落ち着いて生活することもままならない人がいることも事実です。

そういったことを考えると「霊感が欲しい」「霊感を鍛えたい」と思うのは中々勇気のいることだとは思いますが、現実として霊感のない人が霊感を身につけたり鍛えたりすることは可能です。

ここではそんな「霊感」について詳しくまとめていきたいと思います。

霊感を鍛えたい人や霊感が欲しい人はぜひ読んでみてくださいね。

霊感って生まれつき?

Hand of a man reaching to bird in the sky. Selective focus on a hand.

Vladimir Arndt/shutterstock.com

みなさんは「霊感」は生まれつき備わっているものだと思いますか?

それとも何かがキッカケになって身についたり強くなったりするものだと思いますか?

実際、「霊感」の定義自体があいまいで一概にはいえないのですが、霊感は生まれつき備わっているよりも、ふと何かがキッカケとなって強くなったり身についたりするのが大半です。

よく、今まで霊の存在なんて一切感じたことがなかったのに、遊び半分で心霊スポットに遊びに行ってからというもの、「何か背中がソワソワする」「嫌なことばかり起きる」「いつも誰かに見られているような気がする」という経験をしている人が大勢います。

あとよくあるのが、住居を引っ越した際になぜか毎日同じ時間に目覚める、誰かの声が聞こえるといったことも、自分の状況や環境が変わることによって霊感が強くなった一例でもありますね。

もちろん中には生まれつき霊感が強く、物心がついたときからずっと霊の存在を感じているような人がいることも事実であり、そういった人が世間では「霊能力者」と呼ばれる人であったり、普段から何か周りとは違う雰囲気をまとっているような人であったりするのです。

生まれつきの霊感の「ある」「なし」は自分ではどうすることもできませんが、後天的に霊感を身につけたり鍛えたりすることは十分可能であり、今まで一度も心霊体験をしたことがないからといって、これからもずっと心霊体験をすることがないというわけではありません。

もしかしたら霊感には遺伝的な作用があるうのかもしれませんが、何しろ「霊感」という概念が抽象的なものなので、現実としてそれをはっきりと証明することは困難だといわざるをえないのが事実でしょう。

思い込みによる作用もある

「霊感」には人間の思い込みによる作用も大きく関係しているといわざるをえません。

というのも人間の脳みそ自体、非常に周りの環境や状況に対して影響を受けやすく、その影響によって「これはこうだ!」という思い込みの能力がかなり強く発揮されます。

実際、多くの人が本当だと思っていることもほとんどが思いこみであり、嘘だと思っていることもただの思い込みに過ぎません。

つまり、真実というのは自分の考え方や捉え方によって大きな影響を受け、それが思い込みという形で自分の頭の中で真実になっているだけに過ぎないのです。

ということは、「霊感」自体も現実に「ある」にしろ「ない」にしろ、自分の頭の中の判断が「ある」となればそれは思い込みにより真実になりえますし、「そんなものは存在しない」と判断すればそれも思い込みで真実になるということです。

たしかに世の中に「霊感」という言葉を使わなければ説明できない物事がたくさん存在しますが、基本的に人間の脳みそというのは怠け者で騙されやすく思い込みやすいという欠点を抱えているので、何が本当で何が嘘かの正常な判断を下すことは誰にもできません。

しかし、それは本人が霊感の存在を信じさえすれば、霊感というものの存在を感じ取れるということでもあり、それはつまり誰にでも霊感を身につけたり鍛えたりできるということでもあるのです。

霊感はメリットにもデメリットにもなる

はじめのほうにも書いたように、世間には「霊感が欲しい」「霊感を鍛えたい」という人がいます。

「霊感を鍛えたい!」というのは本人の意思なのでそこに口出ししたり否定するつもりは一切ありませんが、霊感があることは時にはメリットにもデメリットにもなることがあるということは知っておいても損はしないでしょう。

霊感を鍛えるともちろんのこと「霊の存在」を感じやすくなるというメリットがあります。

今自分が住んでいる部屋に霊はいるのか、最近あまりいいことが起きないけど霊に取り憑かれているのではないかなど、霊感を鍛えることである程度そういったことを把握できるようになり、それを認識すれば適切な対処できるので、霊感があることは非常に役立つ能力だといえるでしょう。

しかし、それは裏を返せば常に霊の存在が気になる、いつも霊の気配を感じてしまうということでもあり、人によってはその霊感のせいで落ち着いて眠ったり日常生活を送れなくなってしまう人がいるのも事実なのです。

人間は自分の想像の中では「こういう風になりたいな」と自由に願うことはできますが、実際になったときの状況や環境・感情といったものを正確に予測することは誰にもできません。

そのため、現実には霊感を身につけて困っている人も実際に存在しますし、「霊感なんていらない」「なくしたい」と思っている人もかなり大勢いるのです。

霊感に興味があり、それを鍛えて自分も身につけたいと思うのは自由ですが、霊感を鍛えたあとにはこのようなデメリットに出くわす可能性もしっかりと理解した上で鍛えるようにしましょう。

霊が実在するかはハッキリとはわかっていませんが、万が一のためにも何か明確な目的などがない限りは、決して興味本位でそういった領域には踏み込まないことをおすすめします。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー