【復活愛からの結婚】なぜ復縁から結婚するカップルはほとんどいないのか?

【復活愛からの結婚】なぜ復縁から結婚するカップルはほとんどいないのか?

8309
update
posted2018/07/12

あなたは「復活愛から結婚」なんてことを望んだことはありますか?実際多くのカップルは一度別れたあとでも相手の大切さを認識すればいとも簡単に復縁という道を選択しがちですが、その道の中で「結婚」という二文字が考慮されていることはめったにありません。ここではそんな「復活愛からの結婚」についてまとめています。

8309
update
posted2018/07/12

復活愛からの結婚はある?

Nature background concept: Alone tree on meadow sunset.

Paul shuang/shutterstock.com

芸能人にはよく「復活愛からの結婚!」なんて言葉を聞くこともありますが、実際、一度別れて復縁した後に結婚するというケースはあるのでしょうか?

世間では復縁するカップルは結構多くいるものの、復縁した後に長続きしているカップルはあまり多くいません。

一度別れて復縁したのなら、お互いうまくいかなかった部分などを反省して改善することで復縁するので大丈夫かと思いきや、実際に復縁してみると結婚なんて夢のまた夢、1ヶ月足らずで再び別れてしまうカップルも非常に多いのです。

さらに、芸能界でも復活愛からの結婚なんて騒がれているのはほんの一部であり、復縁したカップルの多くはうまくいかずにひっそりと別れていたりするのが現実でしょう。

一見、復縁からの結婚というのは夢があるように見えて、本当はドロドロのグチャグチャの関係をやっとこそ乗り越えてゴールインしているというのが事実なのです。

もしこれを読んでいるあなたが復活愛からの結婚などを考えているようでしたら、「現実はそう甘いものではない」ということをしっかりと心に刻みこんでから復縁やら結婚やらを考えてほしいと思います。

愛を復活させるのは難しい

A young woman praying for Gods blessings with the power and power of the sacred, giving herself luck and showing her forgiveness with the power of religion, faith, worship, Christian concept.

korawat today/shutterstock.com

実際、一度別れてから復縁するのはかなり難しいことでもあり、そこには適切なタイミングや方法、手段というものも必要となります。

ましてや復活愛からの結婚なんてなると相当低い確率であり、それこそそこまでたどり着けたとすれば運命の相手だったといっても過言ではないぐらい素晴らしいものでしょう。

しかし、現実はそこまで甘いものではなく結婚どころか復縁も難しい、一度冷めた愛を復活させるも至難の業・・・。

考えてみてもわかるように、普通に順調に付き合っていたとしてもほぼすべてのカップルには倦怠期というものが1年後ぐらいに訪れるものであり、それを乗り越えられるカップルも統計的に見るとかなり少ないのが現状でしょう。

世の中には順調に何年も付き合っていけるカップルよりも1年足らずで別れてしまうカップルのほうが圧倒的に多く、それは大人の男女であってもそう変わるものではありません。

普通の恋愛でさえそんな状況なのですから、一度冷めた愛を復活させたり、復活愛からの結婚ということがどれほど凄いことなのかがわかるかと思います。

倦怠期を乗り越える

多くのカップルを悩ませる原因の一つは「倦怠期」でしょう。

そして、「愛を復活させる」という行為と「倦怠期を乗り越えること」はかなり似ています。

実際、「倦怠期」というのは愛が冷めている状況だといっても間違いではなく、その期間には相手の嫌な部分しか目に入らず、ほんの小さなことでもイライラして常に相手に対して不満があるような状態になってしまいます。

倦怠期の原因の多くはお互いの価値観のズレからくるものであり、付き合った年月で気づかないうちに溜まりに溜まっていた不満が何かをキッカケに許容範囲を越えることで訪れるものです。

多くの場合はこの許容範囲が超えた段階で相手に対しての愛は冷めているのが一般的であり、そこからもう一度相手に惚れなおせるかどうかが二人の今後を決める大きな鍵となります。

まさにそれは一度別れた相手の愛を復活させることと同じであり、恋愛において人の気持ちを変えることほど難しいものもありません。

愛情を復活させるのはそれだけ時間と苦労が伴うものであり、それは時に人生を捧げるほどのものになることもあるのです。

復縁=結婚とは限らない

基本的に一度相手と復縁を考えているのであれば、そこにはお互い「結婚」の二文字が頭をよぎっていることでしょう。

一度別れたことでお互いの大切さも再認識できたはずですし、それぞれお互いが必要な存在だと強く認識したからこそ復縁するものです。

しかし、ここでも現実は無残にも二人を引き裂くことがあり、お互いに愛情が復活したからといってもちろん必ずしも結婚までいくわけではありません。

一度別れて相手の大事さを改めて認識したのに、多くのカップルは再び別れの道を選択してしまいます。

これはある意味どうしようもないことであり、人間の感情に絶対などないということを心底思い知らされるものでもあるでしょう。

復縁したら誰しも結婚を思い浮かべるでしょうが、その多くはうまくいかずに「復活愛からの結婚」なんて夢は無残にも散っていく。

そういった思いをしているカップルはたくさんいるのです。

ですが、かなり小数派ではありますがしっかりと復活愛からの結婚を遂げて幸せな家庭を築いているカップルもきちんと存在します。

ロンブーの敦さんなんかはまさしく「復活愛からの結婚」の代表例であり、離れている期間にお互いの大切さを認識し二人の間に絶大な信頼関係があったからこそできたといえるでしょう。

復活愛からの結婚はお互いの信頼が高まっている分幸せな時間を過ごせますが、そこまで到達できるのはほんのわずかであり、一度冷めた愛を復活させるのは並大抵のことではないことをしっかりと頭に入れておいてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー