【実は吉夢?】殺されそうになる夢を見る自分の心理とは?

【実は吉夢?】殺されそうになる夢を見る自分の心理とは?

8156
update

誰でも一度は「殺されそうになる夢」を見たことがある人も多いでしょう。ナイフで刺されたり首を絞められたりして、ハッ!として目覚めたことがある人もたくさんいるはずです。殺されそうになる夢にはあまりいい印象を抱いていない人が多いですが、実はそれは吉夢であるということを知っていますか?

8156
update

殺されそうになる夢・・・

Dream catcher native american in the wind and blurred bright light background, hope and dream concept

jakkaje808/shutterstock.com

あなたは「殺されそうになる夢」を見たことがありますか?

夢の中で誰か知らない人に追いかけられたりナイフで刺されたり首を絞められたりビルから突き落とされたりなど、現実だったら一瞬で死んでしまうような出来事を夢の中で体験したことはありませんか?

基本的に「殺される夢」や「殺されそうになる夢」というのはマイナスでネガティブなイメージが強いかと思いますが、実際には「吉夢」であることが多く、夢の中でたとえ死んだからといって現実世界でも命の危険があるというわけではないのです。

夢の中の「殺される」というのは「過去の自分を殺す」「生まれ変わる」という意味合いが強く、イメージとしてはこれから心機一転するようなポジティブで前向きな暗示であることが多くなっています。

とはいえ、夢を見ているときに「これは夢だ」と認識できることはめったになく、殺される夢を見ているときは本当に死ぬかもしれないという心理状態を体験していることになるので、たとえ吉夢だとしてもあまり見たくないなと感じてしまいますよね・・・。

しかし、一般的にネガティブなイメージであった「殺されそうになる夢」を吉夢だと知っておけば、現実世界で変に危機感を感じたり不安になる必要もなくなることでしょう。

夢の中では、現実ではマイナスなことでもそれが逆にプラスの暗示になっていることがとても多いのです。

夢は心が大きく影響している

Blur dream cool bokeh grass in morning sunny day nature background concept csr modern life, eco spring, summer friday happy easter, fresh bio green texture. Abstract clean blue cyan shade wallpaper.

Art Stocker/shutterstock.com

基本的に夢というのは本人の心の状態が大きく影響していることもあり、それは自分の精神状態によって見る夢の内容が大きく変化するということでもあります。

たとえ「殺されそうになる夢」自体が吉夢で「生まれ変わり」を暗示しているとしても、「生まれ変わり」の夢を見るということは「現実を変えたい」「今の自分に不満がある」ということの表れでもあるので、殺されそうになる夢を見ること自体がいいことだとは一概にはいえません。

今の自分に何の不安も不満もなく楽しく充実した毎日を送っていれば、生まれ変わりたいなんて望むはずがありませんし、殺されそうになる夢を見ることもあるはずがないのです。

夢は自分の心理状態を悟った上で脳がそのイメージを認識することで夢の内容が決まるといわれています。

ということは、殺されそうになる夢を見るということは今の自分に何かしらの不満を抱え、言葉や行動に出すことはないにしろ、心の奥底で潜在的に「生まれ変わりたい」という気持ちを抱いているということになるのです。

夢は自分でも気づいていない自分の潜在心理を表すものでもあるのです。

脳のイメージ

夢は心理状態によってその内容が大きく変化するものではありますが、それは根本的な要因の一つであり実際に夢を見るのは脳が稼動している浅い眠り状態である「レム睡眠」のときであるといわれています。

つまり、夢は心理的状態によっても左右されることになる一方で、実際に夢を見ているのは脳ということになるので、夢の内容は頭で考えていることやイメージとして脳に描かれていることの内容になりやすいということです。

昔からよく「好きな人のことを考えて寝ればその人が夢に出てくる」ということを聞いたことがあるかと思いますが、あながちあれも嘘ではなく、真実かどうかは定かではありませんが論理的には正しいともいえるでしょう。

しかし、夢についても脳についても現段階ではまだまだわかっていないことだらけであり、この説も真実かどうかはハッキリとは断定されていません。

そのため、「夢は心理状況に大きく左右される」「夢は脳のイメージを元に構成されている」ということはザックリとだけ頭の隅に入れておくようにしましょう。

熟睡が一番

殺されそうになる夢が実は吉夢であり、自分の生まれ変わりを暗示している。

しかし、生まれ変わりを願っているとすればあなたは今の自分には満足していない証拠。

ゆえに、殺されそうになる夢を見ることはあまりいいことではない。

ここまでザックリとですが以上のようにまとめてきましたが、結局のところいってしまえば「夢を見ない状態」が一番いい状態だともいえるのではないでしょうか。

たとえ今の自分に不満を抱えていようとも、深い睡眠である「ノンレム睡眠」で熟睡さえしていれば殺されそうになる夢を見ることはないといえるでしょう。

夢の中でも怖い思いをするのは嫌だと思っている人も多いでしょうし、わざわざ夢の中で生まれ変わりを知らせてくれなくても現実の世界で自分次第でいくらでも現状は変えられます。

それなら殺されそうになる夢を見なくすれば特に思い悩む必要もなくなり、熟睡することで体の疲れも心のストレスもすっきりとなくせるのではないでしょうか。

しかし、殺されそうになる夢にはいくつかパターンがあり、それには自分も気づいていない自分の深層心理を知ることにもつながりますので、「自分のことをもっと知りたい」「自分の心理状態は実際どうなんだろう」と気になる人は、これからまとめていく夢のパターンについてもぜひチェックしてみてくださいね。

次のページ自分の心理
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー