憧れる人もいれば嫌いな人もいる…丁寧な暮らしの実態とは

憧れる人もいれば嫌いな人もいる…丁寧な暮らしの実態とは

5091
update

雑誌やブログなどでも話題になった「丁寧な暮らし」ですが、憧れる人も多い中、実は嫌いな人も結構いるのです。こんなに好き嫌いが分かれるのは何故なのか?ここでは丁寧な暮らしの実態について紹介したいと思います。

5091
update

あなたは好き?それとも嫌い?丁寧な暮らしの実態

Portrait young woman outdoor back light looking away smiling - emancipation, freedom, girl power concept

Eugenio Marongiu/shutterstock.com

客観的に見たら理想の暮らしのようにも思える丁寧な暮らし…憧れて真似をする人も多いですよね。

しかしそんな丁寧な暮らしも、憧れる人ばかりではなく、嫌いな人も多いのが現実なのです。

好き嫌いが別れてしまうのには、丁寧な暮らしにこんな実体があるからかもしれません。

丁寧な暮らしのポイント「手作りにこだわる」

Beautiful blond mom teaching her daughter cooking on the kitchen. Parent making everyday breakfast together with child. Family at home lifestyle photo.

Alena Ozerova/shutterstock.com

まず、丁寧な暮らしのポイントとなるのが「手作りにこだわる」ことです。

丁寧な暮らしを心掛ける人の多くは、生活の中で手作りすることを意識しています。

たとえば料理であれば、調味料など基本的なものも手作りしてみたり、生活で使う物も市販品ではなく、手作りした物を使用します。

子供の玩具や遊び道具なども、手作りの物にする!など、手作りにかける情熱も人一倍強い人が多いですね。

物で溢れる現代では、どんなものも市販品を買うことで揃えることが可能です。

しかし丁寧な暮らしの中では、手間や時間をかけて手作りした物を使うことに、意味や喜びを感じるわけです。

やはり手作りだからこそ、愛情を込めたり、手作りならではの魅力もたくさんあるというのは事実でしょう。

丁寧な暮らしを意識する人にとっては、できるだけ手作りを心掛ける生活というのは必要不可欠だということですね。

手間や時間はかかっても、手作りの魅力に惹かれる人は多いということです。

もちろん手作りをすることによって、余計なお金をかけずに節約できるケースも多いですから、無駄がないと考える人もいます。

丁寧な暮らしの中では、あるものを利用したり、お金の無駄遣いをしないように考えるのも一つのポイントだということです。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー