【実は吉夢?】まるで悪夢のような「殺される夢」に含まれる心理とは?

【実は吉夢?】まるで悪夢のような「殺される夢」に含まれる心理とは?

8129
update

誰もが睡眠はグッスリと深い眠りに入って体の疲れをとりたいと思っているでしょう。しかし、現実ではいつも殺される夢などの悪夢に悩まされている人がいることも事実です。一般的に吉夢だといわれている殺される夢ですが、その心理は実は状況によっても変わってくるのです。ここでは殺される夢についてまとめていきます。

8129
update

殺される夢・・・

Old creepy eerie wooden baby crib in dark toned foggy background. Horror concept. Scary baby and bed silhouette in dark. Halloween decoration shot. Selective focus

Ilkin Zeferli/shutterstock.com

あなたは最近「殺される夢」に悩まされていたりしませんか?

誰もが一度は「怖い夢」というものを見たことがあるでしょう。

誰かに追いかけられたり、ビルから飛び降りたり、誰かに殺されたりなど現実で起きれば一瞬に死んでしまうような夢を見たことがある人も多いでしょう。

怖い夢のいちばん怖い部分でハッと目が覚める。

気づけば汗だくで寝た気がまったくしないなど、そうした状況に悩まされている人も少なくありません。

本当は目覚めることもなく夢を見ることもなくゆっくり熟睡したいのに、自分の思惑とは反対に「殺される夢」のような怖い夢を見てしまう。

しかし、なぜ人間は殺される夢のような怖い夢を見てしまうのでしょうか。

人によっては「好きな人の夢が見たい」「夢の中ぐらいはいい気分でいたい」と思っている人もたくさんいるはずなのに、どうしてよりにもよって怖い夢なのか。

ここでは、殺される夢の心理から怖い夢を見ないための対処法などについてまとめていきます。

片思い中の人必読!好きな人が夢に出てきたけど素直に喜んでいい?

みなさんは夢でも好きな人と会いたいと思うことはありますか?実際に夢に好きな人が出てきたという方は、もしかすると現実世界の恋愛がうまくいっていないという心理の表れなのかも…。今回は、そんな好きな人が出てくる夢をシチュエーション別にまとめてみました。

https://koimemo.com/article/7976

怖い夢を見る原因は自分の心理状態にある

Funny surprised girl covering half of face with white blanket, young scared woman hiding and peeking from duvet, afraid of night monsters, feels embarrassed, wide awake, head shot close up, top view

fizkes/shutterstock.com

殺される夢のような怖い夢を見る原因としては、まず第一に自分のメンタルが乱れているということが考えられます。

というのも、夢というのは自分の精神の状態を如実に表すものの一つであり、ある意味自分の心が悲鳴をあげているかどうかを知るための一つの指標になるのです。

精神が安定していて、いつも明るく元気な人は基本的に怖い夢なんて見ることはありませんし、殺される夢なんてもってのほかです。

殺される夢の中にも、誰が殺されるかによって色々な意味が込められているケースがあり、それは後ほど詳しくまとめていきますが、基本的に「怖い夢」というのは自分の心が乱れている、あるいは何か悩みを抱えこんでいることによって見てしまう現象になります。

多くの人は自分のことを知っているようでまるで理解しておらず、今現在、自分にストレスがあるのか疲れが溜まっているのかといったことに関しても、現代人はかなり鈍感でわかっていない人が大多数でしょう。

その証拠に、自分は毎日元気で楽しくやっているという人が、殺される夢のような悪夢に悩まされているケースも非常にたくさんあり、それは自分で自分のことをわかっていない典型的な例であり、自分では何も感じていないけれど体や心はストレスなどを過剰に感じているという証でもあります。

殺される夢のような怖い夢を見る原因は、大体が自分の心理状態によって左右されるものであり、メンタルがブレブレな人こそ怖い夢を見てしまうのです。

ストレスや疲労の蓄積

あなたは自分のストレスや疲労の度合いをしっかりと把握できていますか?

おそらく多くの人は「ストレスが溜まっている」「疲れてる」と感じているとは思いますが、実際、それは自分が思い込んでいるだけであって大したことない人が大勢います。

たとえば、大半の人は仕事が休みの日などは朝ゆっくり寝ていたいと感じたり、疲れているから1日中ゴロゴロしていたいと思ったりもするでしょうが、それは自分で「普段頑張っているからきっと疲れが溜まっている」と自分で思い込んでいるからこそ、何となくだるくて本当に体が疲れているように感じるのです。

そもそも20代~30代の人は基本的には寝れば体力は回復します。

たとえ睡眠時間が多少短くても若いうちは寝れば体力はある程度回復するので、そこまで神経質に休日だからといって疲れをとることにこだわらなくても大丈夫なのです。

それよりも、平日も休日も元気に遊びまわっている人のほうがある意味危険だといえるでしょう。

そういう人たちはいつもモチベーションが高くてテンションがハイなので、自分は体力があって平気だと思っていても、実際の体はかなりのストレスや疲労が蓄積しているケースが多々あります。

そしてそういう人こそ殺される夢のような怖い夢に悩まされたりすることになり、睡眠障害にもつながっていくことになるのです。

リラックスが大事

怖い夢を見ないためには、いつもリラックスした状態でいることが大事です。

特に布団に入る前には心底リラックスした状態で眠ることが重要であり、睡眠時間が短くても深い眠りにつければ人間の体は問題なく機能します。

そして夢自体を見る原因も「眠りが浅い」ことが原因になっているので、深い眠りを誘発するリラックス状態でいれば殺される夢どころか悪夢自体を見ることもなくなるでしょう。

怖い夢を見ないための詳しい対処法もあとで紹介していきますが、殺される夢だろうが何だろうがまずは自分のストレスや疲労を蓄積させないことが第一です。

そこさえクリアできればほかの諸問題も段取りよく解決されていくでしょうし、それにより充実した毎日を過ごせるようにもなることでしょう。

現代社会では中々リラックスして過ごすことは難しいかもしれませんが、夢は自分の深層心理を明確に表してくれるものです。

自分の心に何かしらの乱れがあれば、それを脳が察知して夢という形で私たちに知らせてくれます。

ある意味「殺される夢」や「怖い夢」というのは、自分への防御反応して体が送っている緊急サインだともいえるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー