ちょっと気持ち悪い?引き笑いをしやすい6つのタイプ

ちょっと気持ち悪い?引き笑いをしやすい6つのタイプ

5116
update

「ヒーッ!ヒーッ!」と、聞く分にはちょっと気持ち悪い引き笑い・・・活字にすると分かりにくいですが、誰もが一度は聞いたことがあると思います。今回はそんな引き笑いをするタイプを6つご紹介しますので、該当する方は意識して直してみましょう。

5116
update

引き笑いってどんなもの?

Portrait of beautiful cheerful redhead girl with flying curly hair smiling laughing looking at camera over white background.

Cookie Studio/shutterstock.com

喉の奥で響くような「ヒーッ!」の声と共に、表情が笑顔の人を見掛けたことはありませんか?

それは「引き笑い」と言って、通常声は息を「吐きながら」行うのが普通で笑い声も当然そう行われるのですが、引き笑いは息を「吸いながら」笑っているので、上記のようなおかしな声になるのです。

聞く分には、何かちょっと気持ち悪く感じてしまいますよね。

もしあなたが気付かず引き笑いをしているなら、周囲からそのように思われているかも?

今回、引き笑いをしやすいタイプを6つご紹介しますので、ご自身がそのタイプにぴったりと当てはまってしまったら、かなりの可能性で引き笑いをしていることが考えられるでしょう。

「気持ち悪い」だなんて不名誉極まりありませんので、ご自身が引き笑いをしていると分かったのなら、すぐさま改善するよう自分に働きかけることをおすすめします。

何事も一生懸命

Headshot of cute woman with dark eyes, blonde long hair, happy gentle smile rejoicing her success. Cheerful woman having birthday having pleased expression and pleasure. Face expressions

Cookie Studio/shutterstock.com

何事も一生懸命な人が、どうして引き笑いしやすいタイプになるかと言うと、まず一生懸命ということは何事も頑張る人だったりと、努力が過ぎてしまう人物であることが想像できます。

努力が過ぎるということは、努力をしなければならないと考える傾向が強いことが伺え、それは重圧とか緊張が原因であることが多く、それによって引き笑いを起こしてしまうのです。

引き笑いは、先にあるとおり息を吸いながら笑うことになるのですが、それは「息を吐きながら行う」という本来の動作からズレており、つまりタイミングがおかしくなっていることになります。

そんな「笑う」という、人の基本とも言える動作のタイミングがズレてしまうのは、重圧や緊張によるものと考えても不自然はないのです。

そして、一生懸命な人は会話だって一生懸命です。

会話をする相手と円滑に会話をしたい、相手を笑わせたい、相手を不快にさせたくないなど、会話の中でもいろいろと物事を考えて、それに伴った会話を心掛けようとします。

だからそのように会話を頑張ってみたものの、結果ちょっと疲れてしまったり辛くなってしまったりで、ふとしたことで引き笑いを起こしてしまうことも十分に考えられるでしょう。

この場合、自分の一生懸命さにより引き笑いを起こしていますので、本来気持ち悪がられどころか配慮されて然るべきなのですが、そんな背景相手には分かりませんよね。

あなたがこの項目に当てはまってしまった場合は、後述する改善方法を試して改善を図っていただきたいところですが、もし相手がこの項目の背景で引き笑いをしている場合はそっとしてあげて下さい。

若しくは関係の深さにもよりますが、引き笑いを指摘してあげて改善を図ってもらうようにすると、引き笑いが一般的に受け入れられないことから感謝されると思います。

次のページ早口でせっかち
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

引き笑いといえばさんまさんのイメージだったけど、本当にあんな笑い方をする人がいるのだろうか?あんまり自分は気にしてないかもしれない。

でも気になっている女性がもしやっていたら自分は引いてしまうかもしれない(笑)ので、婚活中の女性は気をつけたほうがいいのではないでしょうか?

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー