【自己中は勘違い?】B型の本当の性格と特徴とは?

【自己中は勘違い?】B型の本当の性格と特徴とは?

8141
update

B型の性格については世間では色々といわれている部分があります。その中でも代表的なのはやはり自己中ということでしょう。しかし、世間の人がB型が自己中だと認識しているのはどうしてなのかを考えたことがあるでしょうか。ここではB型の性格や特徴について詳しくまとめていきます。

8141
update

B型ってやっぱりめんどくさい?

Black-and-white portrait of a stunning fashionable model sitting in a chair in Art Nouveau style. Business, elegant businesswoman. Interior, furniture.

Kiselev Andrey Valerevich/shutterstock.com

あなたはB型の人のことを「性格が悪い人」と思っていませんか?

もしくは、よくB型セットで語られる「自己中」「マイペース」といった言葉に惑わされて、すっかりB型の人は自己中でマイペースだと思い込んでいませんか?

結論からいいますと、たしかにB型の人は他の血液型の人よりは自己中ですしマイペースであることは事実です。

しかしそれは、B型が自己中過ぎるのではなくて他の人たちが大人しすぎるためにB型の性格が目立ってしまっているとは考えられないでしょうか。

人の性格に「良い」も「悪い」も存在せず、人との違いは個性として認識される。

その個性を最大限発揮できる社会こそ、誰もが自分らしさを発揮しながら生きていける世の中だともいうことができます。

B型の人はさまざまな場面で人からレッテルを貼られてあまりいい印象がつけられていませんが、そんなB型の性格やら特徴やら人間性なども視点を変えて眺めることでその見え方はまるで違うものでなるでしょう。

ここではそんなB型の性格や特徴についてまとめていきます。

B型の本当の性格が知りたい人や、他人を見る目を変えたいといった人などもぜひ参考にしてみてくださいね。

自己中と思われがちなB型の人たち

Smiling happy woman

Ollyy/shutterstock.com

基本的にB型の人は自己中だと思われがちです。

今現在血液型はザックリと分けると4つあり、「A型は正直者」「B型は自己中」「O型は大雑把で適当」「AB型は変わっている」などと各血液型は自然に世間からイメージのレッテルを貼られており、多くの人はそのレッテルを信じて人と関わっています。

たとえばB型の人と一緒に仕事をしていて何か腹が立つことがあったりすれば「ほんとB型って自己中でむかつく」などと思ったりしたことがあるのではないでしょうか。

自分では血液型性格診断を信じていようが信じていまいが、無意識のうちに「B型は自己中だ」というイメージが自分の中に存在し、そのイメージを疑うことなく他人に対して適用しているのが事実です。

しかし、さきほどもいったように、性格なんてものは所詮その人の個性でしかなく、それは自分の考え方や捉え方、個性を見るときの視点によって意味がまるで違うものになったりします。

私たちは誰もが自分の思い込みによる主観的なイメージによって人を判断しながら人間関係を築いているのです。

判断基準は主観

人の性格や特徴を見るときは、多くの人はありのままの姿を評価するのではなく、そこに自分の主観的な意見、つまり自分にとっての都合のいいバイアスをかけながら他人のことを評価します。

たとえば、自分が大切に思っている友達がB型であり、周りから見ると何かしら自己中な態度をしていたとしても、自分から見れば「大切な人」とバイアスがかかっているため、B型の友達のことを自己中だとは感じないということです。

ありのままの姿を見るのではなく自分の主観的な意見を取り入れて、あたかもそれをありのままを見た自分の正統的な意見だと自分に言い聞かせる。

こういった現象は人間関係の枠組みの中では頻繫におこっています。

しかし、誰もが自分の判断にバイアスがかかっていることなど考えもしませんし、それがもっとも正しい自分の意見だと疑いもしないでしょう。

B型の性格にはたしかに自己中な部分があるかもしれませんが、それは周りの人間を参照点にして比較した結果でしかなく実際は人間として普通の行動を取っているということも多々あります。

現代人は何かと人に気を使いすぎて自分で自分の首を絞めている人が多いことも事実なのです。

そんな世の中で自己中に思われるぐらいの個性を発揮しているB型の人は、逆に「正直で素直な性格」だということもできるのではないでしょうか。

短所は視点で長所へ

さきほどもいったように、性格や特徴や個性といったものは自分が見る視点やバイアによって意味は大きく変わります。

自分と仲がいい人は自然に性格が良さそうに見えたり、自分が苦手とする相手のことは特に何かされたわけでもないのに性格が悪いと判断してしまうことも多いでしょう。

中にはただ話したことがないだけで「あの人は性格が悪い」などと決め付けている人が多いことも事実であり、学校や会社などで起こる一部のいじめはこういった思い込みから発生していたりします。

それほど人は自分の主観的な意見に従いながら、自分の考えを疑うこともなく生きているのです、その結果、血液型性格診断を過剰に妄信する人が溢れ、人を見た目や思い込みだけで判断する人が増えてきています。

B型の自己中といったイメージはまさにその典型例といえるでしょう。

人の個性が視点を変えることで意味が変わるように、人の性格の良し悪し、つまり長所と短所といった部分も視点を変えれば両方とも長所にも短所にもなりえるのです。

人間にはもともと長所も短所も存在せず、あるのはただ主観的な意見だけであり自分が他人の個性を「好き」か「嫌い」かだけです。

自分と合う人は「性格がいい」、自分と合わない人は「性格が悪い」などと無意識のうちに判断してしまわないように、自分の他人を見る目にはしっかりと気を配り注意していきたいところですね。

この記事が気に入ったらシェア♪
5 名無しさん
通報

自分がどういう性格をしているのかなんて日常生活の中で意識は全然しないですが、じっくりとこの記事を読んでいると、そうかもと感じられる部分が多くありました。性格を客観的に見ることができ、何かと考えさせられます。

4 名無しさん
通報

B型の人って他の血液型に比べて嫌なことを言われることが多いけど、基本的に自分が全ての判断基準でいいと思うんだよね。自分の人生は自分のものなんだし、自分を幸せにするのはまずは自分って思うこと、悪くないと思うんだけどな。

3 名無しさん
通報

この手の記事にしては、よく書かれていると思います。

(ほかでよくある、表面的な判断でしか書かれてないのとはまったく違うとおもう)

びーがたが「諦めが悪い」というのもある意味納得。

なんとなくA型の人が流行に影響されてスタンスを変えてしまったり、O型の人が損得(自覚はないかも)で引き際を設定してしまったりするなかで、

B型は波はあるにせよ「まだやってるの?」みたいな感じの人も結構いると思う。

方法や考え方が、「昔か今か」というのが判断の対象になることは少なく、自分が「よいと思ったものはよい」とやるので、周りには奇異に見られても仕方ないと思う。

2 名無しさん
通報

自分はB型なのですが、イマイチどんな

性格なのかあまり意識したことがないです。

記事で書かれているような事も納得ですが、

基本的にいつも穏やかで人に優しくすることが

できています。また以前にも増して異性にモテモテなので

B型である事に感謝しています。

1 名無しさん
通報

B型の女性って性格が悪いとか良く聞きますけど、実際には短所も見方によって長所になりえるという事ですね。好きなことには一生懸命で、誰よりも努力できるというのは、満遍なく平均点を取るよりも難しいから凄いことなんじゃないかな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー