あなたの事かも?ダメンズウォーカーになりがちな女性の4つの特徴

中里朱里(なかさと あかり)@恋愛勉強家

ダメな恋愛はしたくない!と思っていても、何故かいつもダメな男性ばかりにひっかかってしまっていませんか?ダメンズウォーカーな女性を見ていると、いくつか共通点があるようなので、そんな女性の特徴をまとめてみました。

ダメンズウォーカーになりがちな女性まとめ

自分に自信がない

ダメンズにハマる女性は、ほぼと言っていいほど、自分に自信が無い人が多いです。

ダメな男性、例えば女性に暴力を振るったり、お金を借りたりする人は何故か自分に自信がある人が多いように感じます。

相手がどんなにダメな男でも、その自信に惹かれて付き合ってしまう女性が多いようです。

外では、しっかりしている

またプライベートはともかく、仕事や人前では『しっかりしてる』と言われる女性の方が、ダメ男にハマりやすい気がします。

おそらく人前で気を張っている分、ダメな男の前では「ちゃんとする必要がないな……」と、くつろいでしまうのかもしれません。

普段はしっかりしてるのに、家だとだらしない女性は要注意ですよ!

真面目だが、頑固

あと不真面目な女性より、真面目で頑固な女性の方がダメ男にハマりがちな方が多いような気がします。

普段真面目なせいか、非日常をもたらすダメ男にときめきを感じてしまうようです。

そして、頑固なので周りに「あの男は辞めた方がいいよ!」と忠告されても、「あの人には私がいないとダメだから」と聞く耳を持ちません。

世話を焼き過ぎてしまう

良くも悪くも世話やきで面倒見が良い人が、ダメな男にハマりやすいようです。

なので、意外と高学歴で高収入なキャリアウーマンほど、ダメンズにハマってしまう人も多いようです。

お金が自分で稼げる分、男を養えてしまい、男をダメンズに育ててしまうこともあるようです。

ダメンズから抜け出す為には

では、どうすればダメンズウォーカーから抜け出せるでしょうか。

自分を大事にしよう

ダメンズウォーカーの女性は、自信がなく自分を軽視しがちな人が多いです。

『自分が頑張らなくっちゃ』ではなく、一緒に頑張ってくれる男性を見つけましょう。

そして自分のことを好いてくれる人や真面目や誠実な男性に対して、「面白みがない……」と軽視せず、きちんと向き合ってみましょう。

「あなたの事かも?ダメンズウォーカーになりがちな女性の4つの特徴」を読んだ人に人気の記事
マザコン男、マザコン彼氏を見抜く4つのチェックポイント!近年増加するマザコン男!一人では何も出来ないマザコン男と付き合うと大変なことに…。そうなる前にしっかりチェックしておきましょう!マザコン彼氏を捕まえないようにするためにも、事前に避けるため、回避するためのチェックポイントをご紹介します!
注意したいダメ男の特徴6つ~良い恋愛をするために注意して!あなたはダメ男の特徴を知っていますか?いくら自分が良い恋愛をしたいと思っていても、あいにく悪い男に引っかかってしまってはその願いも実現が難しくなってしまいます。女性にとって、ダメ男と付き合う時間はもったいない!そこで、あらかじめしっかりとダメ男の特徴を把握して注意しておきましょう!
男性はチェック!女性が嫌がる悪いクセを直して恋愛成就へ♪恋愛において、女性に嫌がられることが多い男性の悪いクセ、NG行動をピックアップ。あなたも知らず知らずのあいだにしてしまっているかもしれません。ここでチェックして振り返ってみませんか?

この記事が気にいったらいいね!しよう

この記事に対するコメント0件

こちらの記事へのコメントはありません。

コメントを残す

に同意してコメントする。

関連する記事

    • 神経をイラつかせる勘違い男たち。危険人物の特徴をご紹介します!

      恋愛をする上で避けられないのがダメンズ。その中でも一般的にずれた恋愛観をもつ勘違い男は、ほっておくと厄介な危険人物です。あなたの近くに居てその恋愛観を押し付けているのではないでしょうか?今回は、そんな勘違い男の特徴を4つお伝えしますので、その恋愛観を真っ向から否定してやりま…

    • 女性の結婚したい気持ちにつけ込む結婚詐欺師!見破る方法3つ!

      結婚したい女性の気持ちにつけ込んで、結婚を匂わせながら多額のお金を請求する人を「結婚詐欺師」といいます。結婚詐欺師に引っかかってしまうと、お金だけではなく精神的なダメージも大きいですよね。結婚詐欺師に引っかからないように、結婚詐欺師の特徴について紹介します。

    • 付き合っていたら不幸になるだけ!DVする人とは離れて!種類3つ

      「DV」は、ドメスティックバイオレンスの略で、夫婦間ではよく聞きますが、カップルでも片方を傷付ける行為はDVになります。「DV」には実は種類があって、そのどれもが許されることではありません。「これはDVじゃない」と思い込まないようにするためにも、DVの種類を知っておきましょう。