秋の紅葉狩りはぜひ福島で♪福島県のおすすめ紅葉スポット10選!

秋の紅葉狩りはぜひ福島で♪福島県のおすすめ紅葉スポット10選!

3999
update

秋になると紅葉を見たくてソワソワしてくる方いませんか?福島県の紅葉は例年9月下旬から11月中旬まで楽しむことができるので、今からでも紅葉狩り計画を立ててお出かけしてみませんか?どのスポットも魅力的な紅葉スポットばかりですよ。

3999
update

福島県で紅葉狩りを楽しもう♪ライトアップやお祭りも忘れずに!

Autumn colorful foliage with lake reflection.

Songquan Deng/shutterstock.com

同じ県内であっても海側と内陸側とで気候の変わる福島県。

その影響もあって比較的長い期間紅葉を楽しめるのが特徴です。

今回は福島県の紅葉スポットを紹介していきますが、それぞれの紅葉スポットは山であったり、渓谷であったり、歴史スポットであったりとさまざま・・・。

紅葉以外にも楽しみたいなら、テーマを決めてスポット選択をするのがよいでしょう。

例年の見頃に加え、ライトアップや紅葉祭りの情報も記載したので、福島県の紅葉スポットをお探しの方はぜひ参考にしてプランを組んでみてください。

白水阿弥陀堂

shiramizu-amidado.org

いわき市内郷白水町にある「白水阿弥陀堂」は、福島県で唯一国宝建造物に指定されているスポットです。

1160年に奥州藤原氏の出身である徳姫という方が亡き夫の冥福を祈って建立したそうで、奥州藤原氏ゆかりのスポットである中尊寺や毛越寺を真似て建てられたと言われています。

境内には四季折々の風景を見せる浄土式庭園があり、夏の蓮の時期と秋の紅葉の時期が特に見ごたえあり!

特に秋は樹齢600年ともいわれる大銀杏の黄色とモミジなどの赤色が庭園や阿弥陀堂を美しく彩り、とても美しい景観となります。

歴史的建造物と紅葉が造り出す景観は本当に素敵で、当時生活していた人々もこの景色を楽しんでいたのかなといった歴史ロマンが感じられます。

紅葉の見頃の時期になると、住職と地元有志によるライトアップも行われ、境内はより幻想的な風景が広がるので、夕暮れ以降に訪れるのもおすすめですよ。

例年の見頃

白水阿弥陀堂の紅葉の例年の見頃は10月下旬から11月上旬で、2018年11月3日から11日の間にライトアップが予定されています。

アクセスは常磐道いわき湯本ICから車で約15分です。

  • 白水阿弥陀堂
    国宝のお堂には、不思議な雰囲気が!
    四季によって、表情を変えて楽しむことができるスポット!
詳細はこちらから

南湖公園

shirakawa315.com

白河市にある「南湖公園」は、公園としては日本最古の公園と言われているスポットです。

江戸幕府8代将軍・徳川吉宗の孫にあたる松平定信が整備した公園で、身分制度の厳しかった江戸時代において、身分の分け隔てなく人々に開放していたと言われています。

園内には茶室"共楽亭"や松平定信の庭園理念を引き継いで造られた日本庭園"翠楽苑"があり、のんびりとした時間を過ごすことができます。

四季折々の景観を楽しめるのはもちろんのこと、夏や秋には季節のイベントも行われているので、いつもとは違った楽しみ方もできちゃう♪

また、園内には約800本の桜、約4000本の松やカエデが植えられており、春には花見の名所、秋には紅葉の名所としても大人気!

観光客だけでなく、地元の方々もよく訪れるスポットで、時代を超えてもなお人々に愛され続けているのがすごいですね。

例年の見頃

南湖公園の紅葉の例年の見頃は10月下旬から11月中旬で、見頃の時期にはライトアップが行われるので、公式HP等をチェックしておきましょう。

アクセスは東北自動車道・白河ICから車で約15分です。

  • 南湖公園
    公園としては日本最古の公園と言われているスポット
    四季折々楽しむことができます!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー