【優しい一白水星】その特徴や性格・恋愛観について知ろう!

【優しい一白水星】その特徴や性格・恋愛観について知ろう!

3574
update

九星気学の中にある一白水星とはどんな特徴があるのでしょうか。気になりますよね。自身が一白水星だという人も自分では気づいていない特徴があるかもしれません。今回は、一白水星の性格の特徴だけではなく、一白水星の恋愛の特徴についても詳しく紹介します。

3574
update

一白水星とは

Global communication network around planet Earth in space, worldwide exchange of information by internet and connected satellites for finance, cryptocurrency or IoT technology, image furnished by NASA

NicoElNino/shutterstock.com

古くから当たると言われている九星気学には、9つの運命星があります。

一白水星、二黒土星、三碧木星、四緑木星、五黄土星、六白金星、七赤金星、八白土星、九紫火星の9つの中から今回は一白水星について紹介します。

一白水星にあたる人は、昭和29年(1954年)、昭和38年(1963年)、昭和47年(1972年)、昭和56年年(1981年)、平成2年(1990年)、平成11年(1999年)生まれの人です。

これらの年に生まれた一白水星の人には一体どんな特徴があるのでしょうか。

一白水星の性格

Group of business people  with female leader in foreground

baranq/shutterstock.com

まずは、一白水星の性格について紹介します。

一白水星は、人にとても優しくてソフトな印象を持っているので周りからは話しかけやすい雰囲気の人だと思われています。

一緒にいて落ち着けるので、異性、同性、年上、年下、どの人であっても愛されるタイプです。

しかし一白水星の気持ちとしては、かなり人見知りでありグイグイこられると逃げたくなるのです。

すぐに人に打ち解けられるタイプではないので、時間をかけてゆっくり仲良くなることが多いですね。

人に合わせすぎてしまうところがあるので、自分のことをよく見失ってしまいます。

自分のことなのに「あれ?自分ってどんな性格だったかな?」と分からなくなってしまうんです。

これも人に優しいという性格だからなのかもしれませんが、人に合わせ過ぎてしまうと自分も気づかない内に精神的な面で疲れてしまいます。

周りの人は自分に会わせてくれる一白水星に対して疲れたとかネガティブなことを思いませんが、一白水星は疲れすぎてネガティブになってしまうかもしれません。

人に優しくするのは悪くありませんが、自分のことを見失ってしまうくらい自分のことを忘れてしまうのはいけません。

人に優しい一白水星ではありますが、実は警戒心が強いんです。

そのため周りの人が悩み相談をしていても、一白水星は一切悩み相談をしません。

周りとは普通に接しているので、一白水星には悩みがないんだなと思う人もいるかもしれませんが、悩みがないのではなく自分の心に留めているだけなんです。

以前裏切られたことがあるから人のことを信用できなくなったという人もいると思いますが、一白水星の場合は、過去にそういうことがなくても自然と隠してしまうんです。

でも、自分の中で信頼出来ると確信を得ることが出来た人には心を開きます。

一白水星の場合は、一度信頼したらその信頼は簡単に壊れたりしません。

もちろん相手に裏切られたなどして深く傷ついてしまった場合はもうその人のことを信用できなくなってしまいますが、相手も自分のことを信用していて信頼関係が、きちんと出来ている場合、一白水星が裏切るなんてことはありません。

一白水星は、落ち着きがなくじっとしていることが出来ないタイプです。

家にいるよりも外に出たいという気持ちが強いので、休日は必ず外に出て何かをしていないと気が済みません。

大雨だろうが台風だろうが、家でゴロゴロなんて一白水星には考えられないのです。

そのため自然と交友関係も広がります。

でもそれに安心しているのは一白水星乘方なのも知れません。

何故なら一白水星は、とても寂しがり屋で誰かと一緒にいたいという気持ちがとても強いんです。

みんなで一緒にいれば寂しさを感じることはありませんよね。

寂しいという気持ちがあるからこそ、中々一人暮らしが出来ないという一白水星の人も少なくないようです。

環境適応力が9つの運命星の中で1番と言われている一白水星は、多少嫌なことがあっても辛いことがあっても我慢することが出来ます。

ただ、我慢することによって心身共に疲れてしまうことも少なくありませんが、辛いことから逃げ出さずに我慢してしまうタイプなんです。

周りが声をかけて一白水星のことを少し休ませてあげると倒れてしまう前に心身を回復させられるのですが、一白水星は秘密主義なので辛いこともあまり口にはしません。

そのため周りも一白水星の変化に気付けず、一白水星のキャパが越えて倒れてしまってから気付くことが多くなってしまうんですね。

環境に合わせられる力があり、どんな環境においても適応していく力があるのですが、環境にあわせるまでの間は一白水星にとって辛い時間になると思います。

もう少し周りに頼ってみると、我慢が大きくならずに環境に合わせることが出来るかもしれませんよ。

一白水星の恋愛

Happy casual couple talking looking each other sitting in a balcony with a green urban background

Antonio Guillem/shutterstock.com

続いては、一白水星の恋愛について紹介します。

一白水星の恋愛は、モテます。

凄く目立つ存在というわけではなく、グループの中心にいるようなタイプでもないのですが、一緒にいると安心感が得られるため好きになってしまう人が多いんです。

優しさもありますし、一緒にいて楽しめる存在ですから、これはモテないはずがありませんね。

そんな一白水星は、恋をするとその人との関係をずっと大切にするので、一白水星に好かれるととても幸せな時を過ごせると思います。

一緒にいる時間が長くなればなるほど気持ちは覚めてしまいやすいですが、一白水星は違います。

付き合いが長くなったとしても燃える気持ちには変わりがないので、ずっとラブラブなままでいられるのです。

ただし、相手から好きになられると中々自分の中で恋愛モードになれずに逃げてしまいたくなるので、一白水星に好かれてから付き合う方がいいですよ。

一白水星は、自分から追いかける方が合っていて、追われる方の立場になると夢中になることが出来ないんです。

どうしたら相手は自分のことを諦めてくれるのか、なんて考えてしまうこともあります。

冷たく接しているのに相手から猛烈なアピールをされてしまうと、余計に心を閉ざしてしまうのです。

一白水星に愛されたいのであれば、一白水星が夢中になれるくらいの魅力を持ちましょう。

また、一白水星は、浮気心があります。

ちょっといい人が近くにいたら声をかけてしまうので、トラブルに発展してしまうことも少なくありません。

どの人が自分の運命の人かは関わってみないとわからないとはいえ、あっちもこっちもと手をつけていると、運命の人と出会えなくなってしまうかもしれませんよ。

一白水星は、結婚に対して自由な発想を持っているので、事実婚だったり別居婚だったり周りには理解されない形で結婚することがあります。

どんな形での結婚であれ、適当に決めたわけではなくしっかりと考えてからの結婚なので相手は理解してくれると思いますし、結婚は周りに何を言われようが二人で決めることですから悪くありませよ。

今の時代はいろんな結婚の形かあるからこそ、一白水星のような自由な発想はありだと思います。

もちろん周りと同じような結婚の形でも一白水星はきちんと家庭を作っていくことが出来るので問題はありません。

経済観念もしっかりありますし、子育ても夫婦で協力して出来ます。

一白水星は優しくて恋愛相手にもいい

一白水星の性格と恋愛の特徴について紹介しました。

優しい一白水星は、警戒心が強いとはいえ誰にでも警戒心を剥き出しにしているわけではありませんので、ゆっくりと親しくなれば一生の関係を築くことが出来ますね。

恋愛面でもモテることから出会いには困りませんが、恋人からするとちょっと不安になってしまうことはあるかもしれません。

でも一途な面もあるので、恋人にしたら幸せな時間を過ごせると思います。

一白水星の人は、もう少し肩の力を抜いて周りの人と接することで心身共にいい状態でいられると思います。

周りのことを考えすぎずに、自分のことも大切にして下さいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー