【その体調不良は霊かも?】霊に憑かれている人の特徴と簡単な除霊の方法とは?

【その体調不良は霊かも?】霊に憑かれている人の特徴と簡単な除霊の方法とは?

4016
update

みなさんはおそらく自分が「除霊」を受けることなど想像したことがないでしょう。実際、除霊なんてオカルトの世界だけの話だと思っている人がたくさんいます。しかし、じつは除霊といった出来事は私たちにはとても身近であり、誰もが経験することになってもおかしくはないものなのです。

4016
update

体調が優れないのは霊のせいかも?

頭痛

VGstockstudio/shutterstock.com

あなたは最近「体調が優れない」と感じていませんか? また、その体調不良が「何が原因かわからない」と困っていたりしませんか?   実際、そういった原因不明の体調不良といった状態に陥っている人は数多く存在し、病院に行っても解決されないまま過ごしている人が大勢います。   現代科学の力でも原因がわからない体調不良と聞くと、多くの人は不治の病やら何か深刻な病気になっていると思いがちですが、実はその体調不良が「霊がとり憑いているから」ということも十分に考えられます。   おそらくこういったことを言うと「オカルト」「スピリチュアル」と揶揄する人がたくさんいるでしょうが、現実に霊が原因で原因不明の体調不良に陥っている人はたくさんいるのです。   世間的にはそういったことはあまり認知されていませんし、実際にそういったことを言っている人のことを「キチガイ」などと呼んでいたりもします。 しかし、スピリチュアルな観点から考えてみれば、その原因不明な体調不良は霊にとり憑かれているせいだと考えることができ、それは「除霊」という方法で解決できたりするのです。   よく心霊スポットなどに行くと急に具合悪くなる人がいたりしますが、そういった人こそ霊による干渉を受けている状態であり、家に帰っても体調不良が回復しないのは霊にとり憑かれているからだと考えられるでしょう。

除霊のススメ

除霊

Pavelborn/shutterstock.com

多くの人は「霊能者」や「除霊」といった類のことに対しては「オカルト」だと思い込んで信じようとはしません。   たしかに、現代でも幽霊や霊能者や除霊といったことは科学的に解明されているわけではありませんし、現代の科学信仰主義のような時代では科学的に実証されていないことは信じるに値しないと考えるのも仕方のないことだといえるでしょう。   しかし、世の中には決して科学では証明できないことがたくさんあるのです。 幽霊はまさしくその一つでもありますし、UFOといった物体も科学的には説明のつかない物体だといえるでしょう。   そうした状況下で、「今現在科学的にわかっていることだけが真実」だと考えるのはあまりにも安直なのではないでしょうか。   もしかしたら原因不明の体調不良も、「霊」という観点からスピリチュアル的に捉えることで解決できるかもしれません。   除霊は決してオカルト的なものではなく、病院で解決できない場合の対処法としては非常に有効な手段だといえるでしょう。

霊との干渉を断つ

霊による体調不良を改善するためには、除霊を行うこともたしかに大事ではありますが、それ以上に霊との干渉を断つことが大事になります。   霊による干渉を受ける原因としては、そのほとんどが自分が知らないうちに干渉を受けてしまっているケースがほとんどであり、心霊スポットに行ったりしていないから大丈夫というわけではありません。   霊による干渉は日常的にどこでも起こりやすいことであり、よくあるのが旅行先のホテルやら観光スポット、引越し先の部屋といった場所です。 こういった場所では、自分が望んでいまいが関係なく、ほぼ強制的に霊による干渉を受けてしまう可能性があり、それにより体調不良に陥ってしまう人も珍しくはないのです。   特に、霊感が強い人などはそういった症状がより顕著に表れ、大体が事前になにかしらの違和感を感じていたりします。   ですが、霊感が強い人の割合も現実的には少ないのが事実であり、そのため霊による干渉を事前に察知して回避することはほとんど不可能だといえるでしょう。   つまり、霊による干渉を経つには自分が行く場所にかなり気を使わなければならないのが現実であり、実際にそういったことができる人はほとんどいないということになります。

原因を考える

また、そのほかにも「霊の何が原因で体調不良になっているのか」を考えることも大事になります。   というのも、霊による干渉を受けていると体調が悪くなるのは明らかなのですが、「なせ干渉を受けるのか」といった根本的な部分について考察することも重要なことです。   考えられる原因としてはさきほどもいったように「霊感が強い」ということがもっとも一般的な解答ですが、霊感が強い人は現実的にそこまで多くありませんし、それでは霊による干渉を受けてしまう人の特徴としても不十分です。   こうした場合は、自分に何らかの原因があることがほとんどであり、自分でも無意識のうちに霊に干渉を受けやすくしていると考えるのが妥当でしょう。 たとえば、長年お墓参りに行っていなかったり、霊のことをバカにした遊びをしていたりなど、心霊スポットに行ってなかったとしても、何か間接的に霊に干渉を受けやすいことをしてしまっていないかどうかを考えることが重要です。   写真を取るのが好きな人だったりすれば、写真にオーブなどが写りこんでしまった経験をしたことがある人も珍しくはないでしょう。 ほとんどのオーブはただの霊魂であり無害なものですが、時折そのオーブが警告を発していたりするのも事実であり、そういったことを無視しているとやはり霊による干渉も受けやすくなります。   霊の干渉や体調不良はたしかに除霊をすれば解決できることが多いですが、ただ除霊して解決するだけでは根本的な解決にはなっていませんし、またいつか同じようなことが起こってしまうかもしれません。   そのためにも、除霊をすることも大切ですが「何が原因となっているのか」をしっかり考えることも、霊による体調不良の原因を探り、今後そういった状態に陥らないためにも大事になってくるでしょう。   霊による干渉は必ず何か原因があるので、原因不明の体調不良の場合は自分の行動を一つひとつ振り返ってみることをおすすめします。

霊が憑いている人の特徴

特徴

Dean Drobot/shutterstock.com

自分に起きている体調不良が霊によるものだという判断は、おそらく多くの人にとっては受け入れられないことでしょう。   多くの人は自分の体調不良は「風邪だ」「ウイルスだ」「病気だ」と考えがちですので、そういった一般医学の外側にある可能性を考えることが非常に難しくなっています。   しかし、現実的には霊が原因の体調不良はたくさん起きていますし、そうした事例では除霊という方法によって解決されているのも事実です。 除霊をいう選択を選びとること自体なかなか難しいことではありますが、自分に霊がとり憑いているとわかればそういったことに対する脊髄反射的な拒否反応も和らげることができるのではないでしょうか。   そこでここからは、まず「霊が憑いている人の特徴」についてまとめていきたいと思います。 自分に霊が憑いているのではないかということを認識しなければ、「除霊をする」という選択肢が出てくることはありません。   そのため、まずは霊が憑いている特徴と自分の体調不良を照らし合わせることが大切だといえるでしょう。 最近体調が優れないと感じている人は、ぜひ自分の体を照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

1、疲れやすい

霊が憑いている人の特徴の一つ目は「疲れやすい」です。   これは霊が憑いていることによる特徴の中でもっとも顕著なものですが、多くの人は霊にとり憑かれたときは真っ先に体の疲れを感じるようです。   少し歩いただけですぐに疲れたり、階段を少し登っただけで息切れを起こしたりなど、今までよりも明らかに疲れやすくなっている場合は、その原因は背後に霊がとり憑いているからかもしれません。   実際、霊にとり憑かれている人は体全体的な倦怠感を感じていたり、足が異常に重たくなったりなど、今までの自分の体とは思えないような変化を感じている人が多くなっています。   霊は目に見える存在ではないにしろ、その存在が体に及ぼす影響は非常に強く、これは現代医学では到底解決できないことでもあります。 試しに、上に述べたような症状を病院に行って医師に伝えてみるとわかりますが、上記のような場合は間違いなく「風邪です」「過労です」「ゆっくり睡眠をとってください」といわれることでしょう。   現代医学は原因が特定できない体調不良の場合では、ほぼ確実に「風邪」という単語で済ますのです。 しかし、スピリチュアル的な観点で捉えるとそれは風邪でもウイルスでもなく、霊が干渉を起こしている状態であると考え、それが確信できたときには薬ではなく除霊といった方法で対処していきます。   もし、あなたの体調不良が病院で風邪といわれ、様子を見ても一向に治る気配がないのであれば、一度近くの神社やお寺などに相談にいってみることをおすすめします。 霊による干渉は放っておいても解決する可能性は低いので、それにはしっかりと対処をするようにしましょう。

2、気分が悪い

霊が憑いている特徴の二つ目は「気分が悪い」です。   霊がとり憑いているときは「体」だけでなく「気分」といった内面的な問題にも大きな影響をもたらします。   気分悪いことと体調が悪いことは非常に似ていますが、体調が悪いというはあくまでも体に関しての状態のことであり、倦怠感といったことが代表的な症状として挙げられます。 それに対して気分が悪いというのは、体の部分的な感覚のことではなく、本当の意味で「気持ちが悪い」ということであり、これは風邪などがもたらす気持ちが悪い状態とは明らかに異なる状態です。   こうした細部のニュアンスは実際に自分が体験してみなければわからないことのほうが多いですが、今までに経験したことがないような、言葉で言い表せれないような気分の悪さを感じた場合は、霊による干渉を疑ったほうがいいでしょう。 そうした気分の悪さは決して薬を飲めば治るというものではなく、しっかりと除霊などの対処が必要になりますので、そうした的確な判断を下せるように、霊についての知識を最低限持っておくことも大事なことだといえますね。

3、ネガティブ思考が強い

「ネガティブ思考が強い」ことも霊が憑いている人の特徴として挙げられます。   というのも、基本的な解釈としては「霊」という存在は負のオーラをまとっているものであり、その内面にはたくさんのマイナスな感情を内包しているといわれています。 嫉妬や妬み、裏切りや憎しみ、憎悪や殺意といった、人間が持っている醜い感情の集合体が「霊」という存在です。   もちろん、霊の中にはポジティブな感情を内包している霊が存在しているのも事実であり、そういった霊は世間では「守護霊」といった名前で呼ばれていたりします。   しかし、人にとり憑いて体調不良などをもたらす霊というのは大体が負の感情を内包している「悪い霊」であり、そうした霊がとり憑くことで当人の性格までもがネガティブになってしまうことが多いのです。   何かやろうとしてもやる前から諦めモードだったり、何事に対してもマイナスでネガティブに考えてしまうなど、今まではそんなことはなかったのに、なぜか最近はネガティブな思考ばかりでやる気もモチベーションもないといった人は、もしかしたら霊による干渉を受けてしまっているかもしれません。   霊がとり憑かれた人の中には人格まで変わってしまう人も現実に存在しますので、自分の内面的な部分には常に気を配るようにしてみましょう。

4、常にイライラしている

霊が憑いている特徴の四つ目は「常にイライラしている」です。   これはさきほどのネガティブ思考にも似ていますが、霊が憑いている人はいつもイライラしている人が多くなっています。 というよりも、気分が悪くなってネガティブな思考ばかりしているためイライラしてしまうといったほうが正しいかもしれませんが、ほんの些細なことでもすぐに怒り出したりイライラしている人は霊による干渉を受けている可能性が非常に高いです。   最近では何か思い通りにいかないだけですぐに怒り出すような人や、人に八つ当たりしているような人が増えてきているといわれていますが、そういった人たちにも霊がとり憑いている可能性はかなり高く、人によっては目つきや顔つきまで変わってしまうような人がいます。   顔つきが変わるまでの霊の干渉を受ける人は限りなく少なくかなり稀であるといえますが、霊にとり憑かれるということは実際そこまでの大きな影響を人に与えることがあるのだと、如実に表されている事例だといえるでしょう。   もちろん。イライラするというのは個人の性格にも大きく左右されているので、その人の元の性格のことを考慮するのも大切なことですが、自分で認識できるほど最近イライラが止まらないのだとすれば、それは霊がとり憑いている可能性があるので、神社に行ったり霊能者に見てもらうなどの対処が必要になりますね。

この記事が気に入ったらシェア♪
2 名無しさん
通報

霊を信じるかどうかは人によると思いますが、取り憑かれて健康に支障が出るって本当だったら怖いなと思いますね。霊の存在は信じるけど、それが人の体に悪さをするっていのはちょっとまだ信じられないかなって感じですね。

1 名無しさん
通報

体調不慮の原因が霊だったら恐ろしいですよね。実際に病院へ行っても原因不明の症状が出ていたりすることがあります。ただ、電磁波や気候、様々な要因が考えられるので、すぐに霊のせいにするのはいい考えだとは思わないかな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー