嫉妬しない方法よりも嫉妬を活用して彼氏からもっと愛さちゃおう!

嫉妬しない方法よりも嫉妬を活用して彼氏からもっと愛さちゃおう!

891

恋人や彼氏のことを好きであればあるほど、ついつい嫉妬してしまうこともあるのでは?嫉妬しない方法を考えるよりも、その嫉妬を活かして、もっと彼氏から愛される方法を身につけちゃいましょう!

891 |

誰もが持つ、嫉妬という感情

嫉妬という感情は、どんなに優れた理性的な女性でも持っている、当たり前の感情です。

なので、自分は嫉妬深すぎるのでは?と悩まないでください。

あって当然の感情です。

ですが嫉妬との付き合い方を間違えれば、思わぬ事態に。

嫉妬との上手な付き合い方、もっと言えば、嫉妬を活用して彼氏から愛される方法をお伝えします!

人前で嫉妬しない

彼氏が他の女性と話している、仲良さそうにしてるなど、目の前で他の女性と過ごしてるのを見ると嫉妬しちゃいますよね。

思わず相手の女性を睨んだり、彼氏に怒り散らしたりしていませんか?

ですが、人前での嫉妬は絶対NGです!

男性は社会の立場を気にする人が多く、恥をかかされるのが苦手です。

なので絶対人の多いところでは嫉妬しないことです。

気をつけてくださいね。

嫉妬するなら二人きりになった時にしましょう。

嫉妬は軽く、かわいくしよう

また男性はヒステリーで感情的な女性が苦手です。

とはいえ、全く嫉妬されないのも「俺に興味がないのかな……」と思ってしまうみたいです。

なかなか複雑な男心ですね。

なので、嫉妬は怒りにまかせて怒るのではなく、二人きりの時にかわいく嫉妬しましょう。

「○○君はかっこいいから、女の子がほっとかないんだろなあ。うーん嫉妬しちゃう」

「○○君は優しいから、つい女の子が話しかけちゃうんだろうなあ。でもあたしにも、優しくしてほしいなぁ!」

と、相手のことを褒めつつ、かわいく嫉妬してることを伝えましょう。

同じ嫉妬でも怒りに任せて伝えるより、男性側を喜ばせつつ、軽く嫉妬の気持ちを伝えることがポイントです。

上手に嫉妬することで恋人から「嫉妬しちゃって、かわいいなー」と思われて、ますます仲が深まるかも!

いかがでしたか。

たかが嫉妬、されど嫉妬。

嫉妬の仕方次第で、恋の破局の原因にもスパイスにもなるので、扱い方には十分気をつけてくださいね!

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー