【結婚の夢占い】結婚の夢に潜む心理と夢を見てしまう理由とは?

【結婚の夢占い】結婚の夢に潜む心理と夢を見てしまう理由とは?

2509
update

結婚の夢を見たとなれば、おそらく多くの人は「これは恋愛運がアップする暗示に違いない」と思い込んだりすると思いますが、実際、結婚の夢にはネガティブな意味を含んでいるケースのほうが多かったりします。ここでは結婚の夢の夢占いについてまとめていきます。

2509
update

結婚の夢占い

結婚

IVASHstudio/shutterstock.com

あなたは「結婚の夢」を見たことがありますか? もしくは、最近「結婚する夢」を見たりしませんでしたか?   結婚の夢と聞くと、おそらく大半の人は現実でいい出会いがあったり、運命の相手と巡り合ったり、あるいは今現在付き合っている異性と結婚したり、などといったことを思い浮かべることでしょう。   結婚という言葉自体に目向きでポジティブな意味が込められている以上、結婚の夢を見たときにそういった印象を抱いてしまうのも無理はありません。   しかし、結婚の夢がいくらおめでたい意味を含んでいたとしても、その夢を見たからといって現実の世界での結婚運や恋愛運が劇的に向上することになるとは限りません。   夢は自分の心の奥底に秘めている心理を表すといわれているように、夢で見る内容のことを自分自身は過剰に気にしていると考えることもできます。   つまり、結婚の夢というのはおめでたい吉夢というよりも、結婚の夢を見るということはそれだけ自分が結婚のことを気にしているということの表れでもあるため、どちらかというと焦りや不安などを抱えている心境を表している凶夢であるといえるでしょう。   ここでは、多くの人が吉夢だと思い込んでいるであろう「結婚の夢」について詳しくまとめていきます。 最近結婚の夢を見たという人や、夢占いに興味があるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚の夢は人生のターニングポイント

結婚

HDesert/shutterstock.com

おそらく多くの人は結婚の夢を見たときは、「これは運命の出会いがある暗示だ」「いい人が現れるに違いない」と思い込んだり、あるいは恋人がいる人などは「プロポーズされる暗示かも」と思ったりもすることでしょう。   たしかに、結婚の夢にはそういった意味が含まれているケースもありますが、結婚の夢が意味していることの本質は「人生の転換」であり、つまり、「人生のターニングポイント」を表しているといわれています。   一般的には、「結婚」という出来事はおよそ人生の中ではもっともおめでたい一大イベントであり、誰もが人生の中で一度は経験したいと思っていることでしょう。 昔から「人生の醍醐味は恋愛である」といわれているように、恋愛⇒結婚という流れは今では充実した人生を歩むためには必要不可欠であるかのように語られています。   そのため、結婚の夢においても、現実の「結婚」という意味の重さがそのまま夢の中に反映されていることもあり、結婚の夢は人生の転換、ターニングポイントを表しているといわれているのです。

人間関係を表す夢

結婚の夢が人生のターニングポイントを表すことはわかったとしても、ではそのターニングポイントは現実の世界では一体どのように作用するのでしょうか。   夢占い的な観点からいうと、結婚の夢が表している人生のターニングポイントは、現実の世界での人間関係を表しているといわれており、つまり人間関係が大きく変わることを意味しています。   それは異性だけに限らず、同性の友人も仕事の同僚も長年の付き合いの幼馴染も含まれています。 今現在、自分が手にしている人間関係に大きな変化が訪れ、それにより人生のターニングポイントとなるような出来事が起こることの暗示が、結婚の夢に含まれる意味にもなっているのです。   人生を変えるものというのは実はそんなに多くは存在していません。 仕事や趣味や映画や本などで人生が変わる経験をした人もいるかもしれませんが、その奥底に眠っている本質はおそらく人間関係でしょう。   人間関係こそが自分を変化させ、人生に転換をもたらすもっとも大きな事象なのです。   そして、結婚の夢はそうした人間関係を表す夢としての意味を含んでいると夢占いではいわれており、結婚=恋愛運(結婚運)だと安直に考えることができないのが、夢占いのおもしろいところでもあるのです。

人生の転換

人生の転換であるターニングポイントを結婚の夢が表している。 ということは、結婚の夢を見たときに取るべき行動はその波に乗ってとにかく行動を起こすことでしょう。   しかし、結婚の夢の中にはその夢の状況や環境のパターンによって大きく意味が異なることが多々あり、結婚の夢のすべてが人間関係を表しているとも限りません。   そもそも、夢占いの観点からいうと、夢にはそれぞれ大枠が存在してはいるものの「○○の夢を見たから○○な心理状態である」といった画一的な概念は存在していないのが事実です。   夢の中ではほんの一部が違っているだけでその夢が意味していることも大きく変わり、そこに潜んでいる自分の心理も大きく変わります。 そのため、夢の内容をしっかりと把握して考えなければ、夢に潜んでいる自分の心理も意味も理解することはできませんし、夢占いをやること自体もまったくの無意味になるといえるでしょう。   多くの人は、結婚の夢を見ることで現実の世界での結婚を意識すると思いますが、大事なのは結婚の夢において「誰」と結婚するかです。 その詳しい結婚の夢のパターンについてはこのあとまとめていきますが、夢占いではポイントとなる要素が何か一つあり、その要素に着目して分析することが大事なのです。   結婚の夢においてはそのポイントが「結婚相手」であり、その相手によって結婚の夢が意味することや自分の心理が変わります。   結婚の夢は人生のターニングポイントであり、人間関係を表している夢であり、自分の心理を知るための夢でもあります。   結婚の夢を見たという人は、そこに含まれている意味をしっかりと読み取り、夢占いの結果をきちんと自分に還元するようにしてみましょう。

パターン別!結婚の夢からわかる自分の心理

結婚

Ivan Galashchuk/shutterstock.com

次のページ相手別 結婚の夢
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

元彼と結婚する夢みた。

初めての彼氏だから初恋の人?と考えると・・

自分を見失っているとかつら・・・・

2019年、初心に戻って頑張りなおそー

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー