「やりすぎ」は何事も問題!フェミニストの男性の6つの特徴

「やりすぎ」は何事も問題!フェミニストの男性の6つの特徴

4241
update

女性の地位向上のため、日夜奔走し続けるフェミニスト…ですが、行いは決して悪くないのに時に暴走することも少なくないようです。今回はフェミニスト男性の特徴を6つ挙げますので、その「やりすぎ」を女性から指摘してあげましょう。

4241
update

女性から見ても引くフェミニスト

フィミニスト

CatwalkPhotos/shutterstock.com

フェミニストとは、女性に対する不平等の解消や差別の禁止を訴える人の総称で、世の中の男尊女卑的な考えを真っ向から否定しています。

それだけなら、女性の立場としては大変喜ばしいことなのですが、どうにもその手のタイプ…しかも男性となると「やりすぎ」な事が少なくないようです。

しかし、どうして男性がわざわざ女性の地位を確保しようとするのか、そこがとても疑問になりますよね。

ということで今回、フェミニスト傾向の強い男性の特徴をご紹介しますので、当てはまる方が近くにいれば一度その思想を確認されてみては如何でしょうか?

そして実際フェミニストだった場合は、気持ちは嬉しいけど「やりすぎ」に注意してほしい旨を伝えて、男性が暴走しない歯止めとなってあげましょう。

言ってしまえば「女性の味方」であることには変わりないので、その気持ちだけは尊重してあげることが大切です。

彼女含む女性を大切にする

フェミニストの男性は、女性に対する不平等の解消や差別の禁止、そして女性の地位を確保したいと考えていることから、おおむね今いる彼女に対しても優しいことがほとんどです。

やはり念頭に「女性を大切に」という概念があるので、女性である彼女に優しいというのは当たり前・・・と言うより、もはや息を吸って吐くくらいの自然な行いなのだと思います。

だから同性である他の男性と接するよりも、極端に優しいとか「別人」みたく思えるケースも少なくなく、そのフェミニスト男性の本来の素顔を知っている女性だと、その態度に驚くのではないでしょうか?

これについては、「フェミニストなのだから当然」とも言えますが、フェミニストというのは「女性全般」を対象にしているにも関わらず、「彼女だけ」を大切にする男性は該当しないことを覚えておきましょう。

しかし、もしそれが彼女だけを対象にしていない真のフェミニストとなると、女性の思う「女性を大切に」という考えより、さらに極端な思考を持っている男性も少なくないようです。

そのため、上記でも少し触れましたが、男性と女性に対するそれぞれの態度が極端に違うとか、女性視点だと腫れ物として触られているような感覚がして、あまり良い気がしないこともあるのです。

それは決して「平等」ではありませんし、そういう態度は逆の意味で差別をしていることになり、フェミニスト本来の意味から外れてしまうことに気付いていません。

もしそんな男性がいれば、それを伝えてあげてフェミニストという概念を勘違いしている、誤った解釈をしていると気付いてもらえるよう計らいましょう。

積極性があり能動的

能動的

Monkey Business Images/shutterstock.com

世間・・・いえ、この日本という国はマイノリティな意見に厳しい傾向があり、多数派が少数派を叩くシチュエーションが多いのは、社会に少しでもいた経験があれば誰でも分かると思います。

そこでご質問ですが、「男性がフェミニスト」というのは多数派と言えるでしょうか?

きっと多くの方が「少数派」と答えると思いますし、フェミニスト自身も自分が少数派に属していることを自覚していて、フェミニストとして意見を述べているのだと思います。

それは、とても行動力があると言えるのではないでしょうか?

積極性がなければ、能動的でなければ、決して少数派となる男性のフェミニストとして意見は述べれないと思いますし、そこは確かな積極性等があるからそれができると思うのです。

ですので、基本的には男性のフェミニストはそれらを備えていることが伺え、普段からもその兆候とか言動は見掛けるでしょう。

もっともこれらは悪いことどころか、人として社会人としてとても良いことになると思います。

だから女性側として何らかの抑制とか制止が必要という訳ではありませんが、そのあり余る積極性等により時にタガが外れてしまうことがありますので、その際にそっと手を差し伸べてあげるのがベストでしょう。

その積極性等により、自分の意見を多数派に向けて無理矢理押し通すことになってしまうと、多数派からハブされてしまいその男性は居場所をなくしてしまうかもしれません。

女性を思ってくれる気持ちは嬉しいのですが、それで「意見を述べる場すら与えられないようになる」のでは、フェミニストとしては本末転倒になります。

話を真剣に聞いてくれる

男性のフェミニストというのは、男性さながらの理論的な思考、そして女性を大切にしようとする気持ち・・・これらにより、討論などの場でも熱くならない限りは上手に立ち回る傾向があります。

そのため「聞き上手」だとか、「こちらの話を真剣に聞いてくれる」節があり、話し掛けてもフェミニストでない一般的な男性よりも、会話がとてもスムーズとなります。

これはおそらくそのフェミニストの男性が、女性の会話の傾向をきっちりと理解していて、合わせるように会話をするので女性側も違和感がないのでしょうね。

さらに、「女性の欲しい意見」を述べることが出来るのもフェミニスト男性の特徴のひとつで、ここでご質問となりますが男性ってとても理論的な傾向があって、女性としては時に窮屈に思えませんか?

物事に対して理詰めで会話を展開するケースが多く、同意が欲しい女性としては「そんな話は求めていない」となるのですが、男性は全くそこに気付かない・・・あると思います。

フェミニストの男性はそこもよく理解していて、「女性に沿った」「女性が欲しい」会話や言葉を投げかけてくれるので、まさに女性と会話をしているような感じになるでしょう。

しかしそれも、男性があくまで「女性に合わせた」末の行動であり、その男性の個人や性質が現れていないという、完全に個を潰したものでしかありません。

もしその男性がとても仲の良い、または恋人であるのなら、もっと素顔を見せてほしいところですし、そうなるためにはあまり女性に合わせないスタンスを持っても良いのでは?と気付かせてあげることが重要です。

まあこういう男性はなかなかいませんので、個を出しつつ女性と円滑な会話ができるなど、絶妙なバランスを保ってほしいところでもありますが・・・。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

フェミニストの基準って難しいところたよね。

単に女性に対して優しい人もいるし、だからといってフェミニストとは限らないし。

まあ過激なフェミニストも中にはいるらしいけど、あまり過激すぎても女性からしたら迷惑ですよねw

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー