日本一の温泉天国!大分県のおすすめ紅葉スポット10選♪

日本一の温泉天国!大分県のおすすめ紅葉スポット10選♪

3250
update

温泉の源泉数と湧出量が日本一の大分県は温泉天国として有名ですね。今回は温泉以外にも魅力の多い大分県の紅葉に注目し、おすすめの紅葉スポットをまとめましたので、ぜひ最後まで目を通してくださいね。

3250
update

温泉天国で温泉と紅葉狩りを一緒に楽しもう♪

Scenic Drive through Autumn

Pierre Leclerc/shutterstock.com

全国でも有数の温泉地があることでも有名な大分県。

温泉以外にも日本新三景の1つ"耶馬渓"をはじめ、数々の観光スポットがあり、年間を通して多くの人が訪れます。

今回はそんな大分県の紅葉スポットに焦点を当て、各スポットの見どころやイベント情報をまとめましたので、ぜひ参考にして紅葉狩りプランを立ててみてください。

例年の情報を記載していますが、その年の気候により多少前後しますので、公式HPなどをチェックしてからお出かけしましょう。

青の洞門

nakatsuyaba.com

中津市本耶馬渓町にある「青の洞門」は、日本新三景の一つ"耶馬渓"の紅葉スポットの1つです。

1750年に競秀峰の裾野に約30年かけて掘られた青の洞門は、1907年に大改修して現在の形になっています。

11月中旬になるとモミジ・イチョウ・ナナカマド・ブナなどが赤色や黄色に染まり、紅葉狩りに来た人々の目を癒してくれるスポット。

周囲も紅葉に染まると、まるで油絵の様な景色が広がり見応えたっぷりです。

例年の見頃

青の洞門の紅葉の例年の見頃は11月中旬です。

アクセスは東九州自動車道・中津ICから車で約20分です。

  • 青の洞門
    日本新三景の一つ"耶馬渓"の紅葉スポットの1つ
    まるで、絵画のような雰囲気を味わうことができます!
詳細はこちらから

岡城阯

www.city.taketa.oita.jp

竹田市大字竹田にある「岡城阯」は、瀧廉太郎の荒城の月のモデルになったと言われる名所です。

四方を断崖絶壁に囲まれた難攻不落の城は、1185年緒方三郎惟宋が源義経を迎えるために築城した説と岡藩の藩主・中川公によって築城されたという説があります。

天守はありませんが、城壁の跡が至る所に残っていて当時の面影を残しているスポット。

約2500本もの木々が紅葉の時期に色づき、城壁とのコントラストがとても素敵で見ごたえたっぷりです。

また、モミジ並木や本丸の奥の古木モミジはおすすめのスポットなのでぜひ足を運んでください

例年の見頃

岡城阯の紅葉の例年の見頃は11月上旬~11月中旬です。

大手門の登城口ライトアップは通年、町並みライトアップは11月16日(金)~18日(日)に行われます。

アクセスは大分自動車道・大分米良ICから車で約60分です。

  • 岡城阯
    瀧廉太郎の荒城の月のモデルになったと言われる名所
    当時の面影が少し残るスポット!
詳細はこちらから

富貴寺

www.showanomachi.com

豊後高田市田染蕗にある「富貴寺」は、日本三阿弥陀堂の一つです。

718年に創建されたと言われる天台宗の古刹で、国宝の大堂は伝説では一本のカヤの木で作られたと伝わる九州最古の木造建築。

平安時代に開かれた由緒ある寺院で、紅葉の時期になるとカエデ、イチョウが色づき、境内を艶やかに染め上げます。

ライトアップも行われる富貴寺では、ミニコンサートや大根炊きが振舞われ、多くの人で賑わいますのでぜひ足を運んでください。

例年の見頃

富貴寺の紅葉の例年の見頃は11月下旬~12月上旬です。 2018年のライトアップは12月2日(日)~12月3日に行われます。

アクセスは宇佐別府道路宇佐ICから車で約30分です。

  • 富貴寺
    日本三阿弥陀堂の一つ
    イベントも行われています!
詳細はこちらから
次のページ両子寺
この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー