【恋愛石】愛のエネルギーを上昇させるピンクサファイアがもたらす効果とは?

【恋愛石】愛のエネルギーを上昇させるピンクサファイアがもたらす効果とは?

2880
update

みなさんはサファイアと聞くとどういったイメージを想像するでしょうか。おそらくほとんどの人はルビーやガーネットといった石と同じく、高価な石だと思うのではないでしょうか。しかし、実はサファイアにはピンクサファイアという種類が存在するのです。ここではピンクサファイアについてまとめていきます。

2880
update

恋愛石「ピンクサファイア」

石

Valentina Razumova/shutterstock.com

あなたは「ピンクサファイア」というパワーストーンを知っていますか?   サファイアという石のことはみなさんもあたり前のようにご存知だとは思いますが、ピンクのサファイアはあまり多くの人はご存知ではないのではないでしょうか。   実際、パワーストーンのことを何も知らない人などは、サファイアやダイアモンドがパワーストーンであること自体知らない人が多く、ルビーやガーネットや水晶といった石もしっかりとしたパワーストーンの一つなのです。   ほとんどの人はおそらく「パワーストーン」と聞くと、タイガーアイやらターコイズといった有名で人気で認知度が高い石のことを想像するかと思いますが、ピンクサファイアのような認知度が高い石を用いているパワーストーンにも、その認知度に伴った効果がきちんと含まれています。   しかし、パワーストーンは決して認知度や人気や価格でその効果が決まるわけではなく、あまり知られていないようなマイナーなパワーストーンであってもしっかりとした効果を秘めているものです。   ピンクサファイアもその一つであり、サファイアこそは人気があって知名度がありますが、ピンクサファイアのことやその石に込められている効果について詳しく知っている人はおそらくほとんどいないでしょう。   ここではそんな恋愛石といわれている「ピンクサファイア」に焦点を当ててまとめていきます。 パワーストーンに興味がある人やピンクサファイアについて知りたいと思っている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

愛のエネルギーを高めるピンクサファイア

ピンク

HappyAprilBoy/shutterstock.com

ピンクサファイアはパワーストーンの中でも「恋愛石」と呼ばれています。   ピンクと聞くとなんとなく「恋愛」をイメージしてしまうのは、ある意味人間の特性だということができますが、ピンクの色を含んでいるサファイアにも同様の意味合いが含まれています。   しかし、ピンクサファイアはおよそ多くの人が望んでいるような恋愛を成就させる効果はあまり含んでいなく、そのベースとなっている効果は「愛のエネルギー」を強く含んでいるということです。   恋愛の原点となっているのは間違いなく愛情であり、その愛情はなにも恋愛を成就させたり好きな人と付き合うためにあるわけではありません。   愛情というのは他人を思いやる気持ちでもあり、人を愛する感情です。   恋愛に効果的であると聞くと、おそらくほとんどの人は「自分の恋が叶う」「好きな人と一緒になれる」などと勘違いしてしまいがちですが、実際は相手のことを愛する力が上昇するということであり、あくまでも恋愛を成功に導くような効果は含まれていないのです。   しかし、愛情が強まることにより恋愛がうまくいくのであれば、それは恋愛にも効果的であるといえますし、恋愛成就の効果が含まれているといっても過言ではないでしょう。   解釈の仕方は人それぞれですが、ピンクサファイアは身につけている人の愛のエネルギーを向上させる効果が最も強いのです。

知恵の石とも呼ばれる

ピンクサファイアは恋愛石と呼ばれているといいましたが、パワーストーン業界では度々「知恵の石」としても知られています。   というのも、ピンクサファイアには愛のエネルギーを上昇させる効果があるといいましたが、人は愛の力が強まることで実にさまざまな部分において感覚が鋭くなります。   その一つに知恵があり、ピンクサファイアは人の感覚を鋭くすることにより、知恵を高める効果が含まれているのです。   だからといってピンクサファイアを身につければ頭が良くなるということではなく、人間の頭は自然には良くなったりはしません。 そんな効果を持つパワーストーンがあれば誰もが頭が良くなり、受験前にはバカ売れすることでしょう。   ピンクサファイアが効果を及ぼす知恵は主に感覚であり、それはつまり感受性を高めるということになります。   感受性と知恵には一見何のつながりもないようには見えますが、実はこの二つは不可分であり、感受性が豊かな人は知恵があり、知恵がある人は基本的に感受性が豊かであるといえるでしょう。   もちろん、ここでいう知恵とは学校の勉強のことではないことはお分かりですよね。

感受性を高める

感受性を高めるとはいったいどういうことなのか、あまりピンとこない人が多いかと思います。   ですが、ピンクサファイアがもたらす効果である愛のエネルギーの上昇は、身につけている人の愛情を大きくし、感受性を豊かにし、知恵という力を与えます。   感受性について理解することは愛のエネルギーを理解することと同じく、それはピンクサファイアについて理解することとも繋がっていくのです。   ここでいう感受性とは主に、何かしらの物事に対する自分が抱く感情のことであり、日常生活の中で自分が何を感じているか、という部分に自分が持つ感受性が大きく影響を与えています。   たとえば、毎日朝早く起きて仕事に行き、何となく仕事をこなしながら終われば帰宅し、ご飯を食べてお風呂に入ってベットで眠る。   そういったありふれた日常生活を毎日繰り返していると、多くの人は飽き飽きするか刺激が足りなくてつまらなさを感じてしまうことでしょう。 人によっては「何のために生きているんだろう?」という問いに直面する人もいるかもしれませんね。   しかし、その多くは感受性が低いことが原因であり、同じような生活を送っている人でも感受性が豊かであればそこに喜びや楽しみや幸せを見出すことができます。   感受性とは、日々の生活の中に存在する喜びや幸せを見つける能力であるといっても過言ではなく、それは充実した毎日や日々を送るためには必要不可欠なものなのです。   ピンクサファイアは、愛のエネルギーを高めることによってその感受性をもアップさせることができ、毎日のありきたりな生活に充実感を与えます。   愛と感受性には密接なつながりがあり、それは知恵と愛よりも強いつながりかもしれません。   感受性を豊かにしたい人は、ぜひピンクサファイアを活用してみてくださいね。

ピンクサファイアに込められている意味

ピンク

Look Studio/shutterstock.com

ピンクサファイアは恋愛石であると同時に知恵の石でもあります。   そもそもサファイア自体、強固な意志を形成するという効果を含んでいることもあり、そこにピンクとしてのパワーである恋愛や愛が付与されたものが、ピンクサファイアというパワーストーンになります。   ピンクサファイアはその名のとおりピンク色をしているため、見た人のほとんどは恋愛の効果を期待することでしょう。   しかし、さきほどもいったようにピンクサファイアには直接的に恋愛を成就させる効果は含まれていません。   あるのは自分の内側に存在する愛のエネルギーを高める効果であり、その効果の先に恋愛としての効果を発揮させているに過ぎません。   なので、単純に恋愛運をアップさせたい人にとってはピンクサファイアは少し物足りないパワーストーンかもしれませんね。   そこで、ここからは「ピンクサファイアに込められている意味」についてまとめていきます。 ピンクサファイアに込められている意味を理解することは、自分が求めている効果がピンクサファイアに含まれているかどうかを判別する手助けとなりますし、もっとも大枠であるパワーストーンのことを理解することにもつながります。   ピンクサファイアに興味を抱いている人はぜひチェックしてみてくださいね。

1、弱者を守る

ピンクサファイアに込められている意味の一つ目は「弱者を守る」です。   ピンサファイアには愛のエネルギーがたくさん含まれていることは、ここまで散々説明してきましたが、その根本的な意味としては「弱いものを守る」という意味が含まれています。   みなさんが生まれたときも、母親に守られて愛されながら育ってきたと思いますが、そこにははっきりとした「愛情」と「守る」という感情が込められていたはずです。   でなければ、私たちはおそらくここまで成長することはなかったでしょうし、誰もが例外なく母親と父親の愛情を受けながら、守られながら成長してきたはずでしょう。   「愛」という力の中には「守る」という意味が込められており、それは「見守る」という愛情に繋がっていく感情です。   そのため、愛のエネルギーの象徴でもあるピンクサファイアには「弱者を守る」という意味がその根底に含まれており、それは愛情との相乗効果によってより強くはっきりとした力となってピンクサファイアに内包されています。   その力を感じることができるかどうかは人それぞれですが、まずは基本的なピンクサファイアに込められている愛を理解してみましょう。

2、使命感

ピンクサファイアに込められている意味の二つ目は「使命感」です。   さきほどは、ピンクサファイアには弱者を守る意味が込められていると述べましたが、それは「使命感」という感情にも直結するものです。   というのも、これまた生まれたての赤ちゃんを例にとりますが、赤ちゃんを産んだ母親にはその瞬間から「使命感」という感情が心の中に沸いてきます。 その使命感とは「この子を守る」「育てる」という使命感であり、母親になった人の心の中には必然的にこのような感情が沸いてくるようになっているのです。   そしてそれはピンクサファイアにおいても同様であり、ピンクサファイアに弱者を守るという意味が込められていることを考慮すれば、そこには使命感が生じているというように解釈することができます。   この使命感は決して愛とは分断することはできず、そこに愛情があれば必ず何かしらの使命感も湧き出てくるものです。   ピンクサファイアは、身につけた人の愛情を上昇させる効果がありますが、それに伴ってその人にはその人にしかできない何かしらの使命感を与え、人を成長させる効果もあるのです。

3、正義を貫く

ピンクサファイアに込められている意味の二つ目は「正義を貫く」です。   正義と聞くとなんだか仰々しく感じるかと思いますが、ピンクサファイアに込められている意味の正義とは「正しいことをする」という意味であり、単純に「自分にとって善なる行為をする」という意味になります。   正義という言葉自体定義があいまいな部分があり、その定義は人によって大きく異なるでしょう。 ある人にとっては正義だと思っている選択が、ある人にとっては悪であったりするでしょうし、正義と悪というのは画一的な概念で語れるものではありません。   戦争にしても、戦争をしている両国が自分の国こそが正義だと思っているでしょうし、勝ったほうが正義になってしまうという風潮までもあります。   自分にとって何が正義で何が悪か。 その基準をしっかりと自分の中に持っている人はかなり少数でしょう。   ピンクサファイアには自分の正義を貫けというメッセージ性が込められており、その言葉通り自分の意志を強固にして正義を貫く強さを与えてくれます。   これもある意味愛情があってこそなせる業ではありますが、愛のエネルギーは正義のエネルギーであるともいえるかもしれませんね。

4、愛情を高める

ピンクサファイアに込められている意味の四つ目は「愛情を高める」です。   これははじめのほうからずっと言ってきていることではありますが、ピンクサファイアの原点となっている意味はもちろん「愛」です。   愛という言葉の定義も正義と同様、なにか画一的な概念で語ることができないのが現状であり、愛に対して抱いている感情も人それぞれ異なることでしょう。   しかし、一人ひとり違う答えを持っていたとしても、愛が人間にとって必要不可欠であることは誰もが納得することができるのではないでしょうか。   愛がなければ人間は生きていけないものですし、愛情こそが他の動物と人間の壁を大きく隔てている部分でもあります。   その愛情を高める意味としてピンクサファイアは存在し、今日まで恋愛石として語り継がれてきました。   ピンクサファイアを身につけていれば愛に対する感情が変化することも度々あり、それはピンクサファイア自体が愛を内包している石だからかもしれません。   おそらく、数多く存在するパワーストーンの中でもこれほどまでに愛を強く表す石は、ピンクサファイア以外には存在しないでしょう。   愛情を高めるという意味を持っていることこそが、ピンクサファイアをピンクサファイアたらしめる特徴であるといえます。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

ピンクサファイアってなんかお洒落。恋愛石って単純に恋愛が上手くいくためのパワーストーンじゃないんだね。自分が愛情深くなることでつなげることができるって意味合いなんだ。あんまりパワーストーンについて詳しくなかったから勉強になった。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー