示すものはあなたの方向性!運命線4つの状態別の見方とは?

示すものはあなたの方向性!運命線4つの状態別の見方とは?

2282
update

感情線、生命線、知能線と並ぶ手相である運命線は、自身の方向性を示していると言われています。ですが、知らない人からすればそもそも運命線なんてどこにあるの…?と疑問に思うかと思います。ということで今回は、運命線の場所から4つの状態別の見方まで幅広くご説明します。

2282
update

運命線とは?

手相

Monika Wisniewska/shutterstock.com

まず運命線が何かについでですが、運命線は感情的とか生命線、知能線のように名前ですぐに分かるものではなく、何となく抽象的な印象があります。

ですので他の手相よりも今ひとつ理解されておらず、大体は「運命線は知ってるけど何を示しているかも、そもそも何処にあるかも知らない」方がほとんどなのではないでしょうか?

まずはその謎からお答えしますが、運命線とは簡単に言えばその手相を持つ者の「方向性」とか、「行く先」などを示しています。

もっともこのようにお答えしたところで、結局分かりにくいのも、また運命線が今ひとつ理解されていない根拠になりますが…。

では次に運命線の場所ですが、これはそれほど難しくなく要は「横に走っている線を後目に、手のひらの中指から縦に走っている線」と解釈していただければokです。

もっとも、運命線によっては複数の線がありますのでこの判断も分かりにくいのですが、中指から縦に走っているとだけ理解してもらえれば大丈夫です。

ではそんな運命線の意味とは、どういう運命線がどういう方向性を示すのかをお伝えしますので、自分の未来を掴む参考にしましょう。

運命線の「長さ」

女性

Prostock-studio/shutterstock.com

まず運命線の長さについて言及しますが、もちろん長い短いでその人の運勢は変わり、それぞれに特徴があることを覚えておきましょう。

よく手相は、「長い」方が良くて「短い」方が悪いというイメージがありますが、どの手相でもそうですが決してそのようなことはなく、それぞれに善し悪しがあるのです。

それではまず運命線が「長い」場合ですが、それこそ中指の下から手首付近にまで長距離伸びているような手相ですと、性状的にブレない傾向が強いようです。

そのため、何か目標を立てた際にやり遂げることが多く、それがどれだけ長い時間掛かっても目標を成そうとするようです。

ただし、この手のタイプはひとつの物事に固執してしまったり、柔軟性に欠けてしまうこともしばしばで、その進むべき道が客観的に見て明らかに誤っているとしても、突き進んでしまうこともあるようです。

だから必ずしもこの性状が良い方向に働く訳ではありませんので、もし自分自身にその傾向が強いと自覚できるのなら、少し自分を客観的に見て正すべき部分は正すようにしましょう。

若しくは周囲からの意見を貰ったり、自分なりに調べるなどをすると良いのですが、それも性状的になかなか受け入れられないところがありますので、少しだけ柔軟性を持つことを意識してみましょう。

次に運命線が「短い」場合ですが、長い方の逆ですぐに投げ出す・・・という訳ではなく、運命線が長い人の前段階とでも言うのか、「これから」目標等が見つかることを意味しているようです。

おそらくその目標をやり遂げると決意した際に、その手のひらにある運命線が時間を掛けて伸びていき、その長さに見合った努力をされるのだと思われます。

ただしこれ、逆に言えば運命線が「短いまま」の場合は、立てた目標が長続きしないとか、やり遂げられないことを意味していて、少しだけ意識しておくことが必要になるでしょう。

それと、その短い運命線が「いくつかある」とか、途切れつつも伸びを見せているというケースもあるのですが、この場合はあなた自身の居場所が何度か変わってしまうことを意味しているようです。

例えば、職を転々としたりコミュニティが頻繁に変わったりなど、環境ががらりと変わる可能性がありますので、少しだけ落ち着いて物事を考えるようにしてみましょう。

もっともそれも、転々とすることで何らかのスキルが身に付くとか、転々とした先で目標が見つかるなどがあるかもしれませんので、同じ居場所変えでも意味のあるものにするという心構えを持つようにしましょう。

その全てを可能な限り意味のあるものにすることで、本当の目標が見つかった時にそれらが役に立つことがあるかもしれませんし、それで人生を有意義なものにしやすくなる確率が上がると思われます。

運命線の「末端」

手相

DedMityay/shutterstock.com

基本、運命線の始まりは中指の下付近となるのですが、そこからどのように伸びていくかでも運勢は変わるようで、そこも注視しておかなくてはならない部分となります。

末端箇所はいくつかあるのですが、まずは中指下から小指側へ伸びているもの、真正面から右手のひらを見て左に折れている運命線についてからご説明します。

その手相は、人との関わりの要素が強い運勢で、芸能人やアイドル等の注目を集める仕事に向いているとか、その他注目される傾向が強い職業に適正があると言われています。

だから、今周囲にいる人物でその運勢は大きく変わるようで、そのように「周囲に左右されてしまう」という特徴もあることを覚えておくと、自分の進むべき道が見つかりやすくなると思われます。

次に運命線が手首側へ真っ直ぐ、それこそ直線のように伸びている人についてですが、このような人は単純に何事に対しても実力が高い傾向が強く、自力で道を切り開いていくことが多いようです。

まだ実力不足であっても、困難があればそれに立ち向かい見合った実力を身に付けて、結局はそれを乗り越える、突き進んでしまうようで、とにかく「自分で何でもできる人」となるでしょう。

ただし、そのような状況が続くことで慢心してしまうことも少なくなく、その結果手痛いしっぺ返しを食らってしまい、大きな挫折を覚えることも多いようです。

今度は小指側ではなく逆、すなわち右手のひらを正面から見て右に折れている運命線の場合ですが、これは左折れの運命線と同じく人との関わりの要素ではあるものの、特に「身内」「親族」の傾向が強いようです。

身内や親族を助け、身内や親族に助けられるという、自分にごく近い関係だけでまとまっていることが多く、仕事も身内経営とか二代目、三代目等になる可能性が高いと言えるでしょう。

それだけに、身内や親族以外に目が向かないことも多く、いわゆる「世間知らず」になる傾向が強く、これは社会に生きる以上非常に注意しておかなくてはならない部分です。

最後に、伸びた運命線が生命線で止められているような手相の場合で、これは少し特殊ではありますが手相の仕組みからすると、このような現象は意外と少なくないようです。

ではその意味ですが、これは人生の序盤は何かと失敗ばかり、運気も下降気味で良いこともない、とにかく間が悪いなど、成功という言葉からかけ離れた人生が当面続くようです。

しかし能力的には、その不遇さからか極めて優秀なことが少なくなく、やがて周囲から認められて大成功を収めることも多いようで、いわゆる大器晩成型となるとされています。

ですので、この手相で今まさに不遇な人生を歩まれている方は、今はじっと辛抱強く自分をを磨き、やがてくるチャンスを掴み取り大逆転をしてやりましょう。

次のページ特殊な運命線
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

私の運命線は途切れ途切れになっています。

2回途切れているから、人生において2回は転機が訪れるってことなのかな?

確かに1回引っ越しを経験しているからもう一回引っ越しとか何かの転機が訪れるのかも。

いい転機でありますように。。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー