安心して婚活アプリを使いたい!要注意男性の特徴と対処法を一挙公開!

安心して婚活アプリを使いたい!要注意男性の特徴と対処法を一挙公開!

3663
update

真剣に婚活したい女性にとっては、特に避けたいヤリモク男性との出会い。ヤリモク男性のターゲットになりやすい女性の特徴や、ヤリモク男性の特徴、回避するための対処法をご紹介します。ヤリモク男性をできるだけ避けながら婚活アプリを使うポイントを、ぜひ参考にしてください!

3663
update

ヤリモク男性からターゲットにされやすい女性の特徴とは?

警告

TierneyMJ/shutterstock.com

ここ数年で、サイトやアプリを使って真剣に婚活する人も急激に増加しました。

かつて「出会い系」と言われていたちょっと怪しげなサイトやアプリは「マッチングアプリ」、「恋活・婚活アプリ」と呼ばれるようになり、遊び目的だけでアプリやサイトを使うのは逆に遅れている時代になりました。

ただ、クリーンなイメージを打ち出している恋活・婚活アプリのなかでも、遊び目的やヤリモクで利用している男性はゼロではありません。

アプリを使ったことのある女性なら誰しも、少なくともヤリモク男性とマッチングしてしまったり、メッセージ交換したことがあるくらいです。

真剣に恋活、特に婚活したい女性にとっては天敵とも言えるヤリモク男性対策を考えていくために、まずはどんな女性がターゲットになりやすいか知っておきましょう。

プロフィールに「結婚を考えていない」と書いてある

婚活している女性の婚活真剣度は人それぞれです。

焦ってガチで一刻も早く結婚相手を見つけたい!という人はプロフィールでも「結婚希望!」を主張するでしょうし、そこまで真剣じゃないけどいい人がいたら結婚してもいいかな、という人は「特に結婚はまだ考えていない」とさらっと書いているかもしれません。

ただ結婚を考えていないのにアプリに登録しているなら、真剣交際というより遊び友達、飲み友達が欲しい女性と見られてしまいます。

重くない女性、軽く都合のいいように会える女性は、ヤリモク男性からしてみればターゲットにしやすいですよね。

だからってヤルことが目的じゃない!と思う女性がほとんどかもしれませんが、ヤリモク男性にしてみれば実際引っかかりやすい女性と見なされてしまいます。

デート(実際に会うこと)を強く求める

ヤリモク男性は真剣な交際を考えていないため、パッと会ってパッとヤレる女性を探しています。

メッセージでお互いの理解を深めたり、価値観を共有して相性を確かめるといった無駄な時間はまず不要です。

一般的に男女ともに、気になる人とマッチングしたら“会ってみたいな”と思うのは自然なことです。

ただ、女性側から「早く会ってみたいな!」、「デートしよう!」とデートや実際に会うことを強く求めてしまうと、ヤリモク男性にとってはこれ以上ない好条件です。

ただ純粋に会ってみたい、もっと相手を知りたい、という興味や好意を抱いていただけの女性でも、その相手がヤリモクだった場合簡単に引っかかってしまいます。

プロフィールに「お酒を飲む」と書いてある

アプリによっては飲酒の程度について選択肢で答える機能があり、「よく飲む」、「飲む」、「ときどき飲む」程度を選択している女性はヤリモク男性から目をつけられやすくなります。

自由プロフィール文でわざわざ「お酒大好き!」など書いてあれば、より標的になりやすいでしょう。

ヤリモク男性の得意技は、女性に飲酒させて判断力を低下させたり泥酔させてホテルや自宅に連れ込むことです。

お酒が好きな女性は多く、だからといって軽い女性という訳では決してありませんが、プロフィールでは正直に「お酒好き」をわざわざアピールする必要はありません。

“飲める”女性の方が、人気があって出会いも豊富になるかも、と考える女性もいるかもしれませんが、そのポイントに惹かれて言い寄ってくる男性はすでにほぼヤリモクです。

それ以外の趣味などの繋がりでいい人と出会って交際を重ねながら、好きな人と安心して楽しくお酒を飲める方がずっと得で、嫌な思いをする必要もありません。

プロフィール写真がセクシー

自分の身体に自信がある女性は、もちろんそれをウリにしたい気持ちもあるでしょうし、逆に外見に自信のない女性は少しでも露出した服装にすれば男性が興味を持ってくれるかな、と考えるかもしれません。

ただし、ヤリモク男性にとっては女性側が男性を誘惑したがっている、遊び目的で出会いを求めている、また露出することに抵抗がなくヤリやすいと思われてしまいます。

自分の長所をアピールするため、また自分の欠点を補って男性を魅了するためセクシーなプロフィール写真を載せたくなる気持ちは、女性にとっては筋が通っているのですが、それで引っかかる男性は結局“身体目的”、と思っておいた方が無難です。

自分は決して遊び目的でアプリを使っていない!、ヤリモク男性はできるだけ排除したい!と思う女性は、プロフィール写真にも注意しておいた方がいいでしょう。

ヤリモク男性がデート前にやりがちな特徴とは?

男性

OSTILL is Franck Camhi/shutterstock.com

ヤリモク男性のターゲットになりやすい女性の特徴をお伝えしてきましたが、ここからはズバリ、ヤリモク男性を見抜くためにその行動特徴を挙げていきます。

まずはデート前、実際に会う前にやりがちな行動についてみていきましょう。

婚活に慣れていないアピールをしてくる

ヤリモク男性は一般的に女性の扱いに慣れていたり、口説き文句が上手かったりと、女性に気に入られる方法を心得ています。

その分、ヤリモクを疑われないように婚活や女性に慣れてないアピールをしてくることがあります。

「婚活サイト・アプリに慣れていない」、「ネットで女性と話すのは緊張する」などの言葉で、女性の警戒心を解こうとしてきます。

もちろん、男女ともに実際のところ婚活に慣れていない人やネットで知り合うことに抵抗があった人はたくさんいます。

しかしあまりに婚活初心者・女性不慣れを強くアピールしてきたら、逆に作戦かも、と疑っておいた方がいいでしょう。

メッセージで仲を深めようとしない

本当に自分と相性の合う人を選んで入れば、相手のことをよりよく知りたいというのが普通です。

メッセージを通じて、仕事や趣味の話や色々な話題で盛り上がって共通点を見つけていくのが楽しさでもありますが、ヤリモク男性にとってはまったく不必要なステップです。

ヤリモク男性はむしろ、なるべく自分のプライベートを知られないようにしていたり、都合よくヤレることだけが目的です。

会話を楽しむ以前にすぐに会うことばかりを気にしていたり、プライベートな話をしたがらない/偽っているようなら、ヤリモクのフラグを立てましょう。

すぐにLINE交換したがる

ヤリモク男性は、とにかくすぐにLINEを交換したがるという口コミが多いです。

婚活サイト・アプリ機能のメッセージ交換だと返信にタイムラグができてしまうため、返信スピードが早いLINEで連絡を取りたがります。

もちろん、誰にとっても返信が速い方が良かったり、電話で話してみたいという気持ちはあります。

しかしヤリモク男性が返信の速さを求めるのは、早く会えるため、ガードのゆるさを見極めるためでもあるので、気軽にLINE交換してしまう前に、「LINE交換は会ってからがいい」と踏みとどまった方が身のためです。

その後音信不通になったり、それでもLINEを強く要求してくるようであれば、純粋に自分に好意を持っているというよりヤリモクの可能性が高いと考えた方がいいでしょう。

すぐに会いたがる

ヤリモク男性の目的はズバリ、ヤルことなのでとにかく早く会うことを優先します。

「もっとお互いを知ってから会いたい」などの対応をして、それでも渋ったり会うことだけにこだわっているようであれば、ヤリモクを疑いましょう。

自分も会ってみたいという気持ちがあるので、女性にとっても少し葛藤するかもしれませんが、自分の意見を尊重してくれる相手かどうか、見定める機会にもなります。

夜に会いたがる/飲みを入れたがる

複数の連絡のやりとりで警戒心が下がり、実際に会ってみていいかな、と思いデートの約束になった時、特に注目したいのがデートの提案時間と飲みが入っているかどうかです。

相手が提案してくる時間帯が全て夜であれば、少し疑った方が身のためです。

もちろん、日中どうしても忙しくて時間が取れない男性もいるかもしれません。

まずは、「アプリで会うのは初めてだし、まだ慣れてないから最初はお昼に会いたい」と伝えてみましょう。

それでも忙しくて日中は無理、という内容が返ってきたら、アルコールなしでも大丈夫か聞いてみましょう。

それでもアルコールを勧めてくるようだったら、ヤリモク男性と見込んだ方がいいです。

最初のデートは、日中でアルコールなしを基本にして、その要望に相手がどう返信してくるか確認してみましょう。

デート場所候補に家を入れている

さすがのヤリモク男性も、自信がある人かあまり考えていない人でないかぎり、直球単独でデート場所に家を提案はしてきません。

映画やドライブ、食事など、他の候補の中にさらっと家が紛れ込んでいます。

素性を知らない相手の自宅でいきなりデート、というのは普通に考えたらありえませんが、会話の流れで上手く自宅設定へ誘導していくヤリモク男性もいます。

どんな理由であっても、しっかり“交際”と言える前に自宅で会うことは避けた方が嫌な思いはしないでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー