地方だって婚活は大変!!山梨の婚活事情について!

地方だって婚活は大変!!山梨の婚活事情について!

3689
update

ブドウとモモの収穫量1位の山梨県。空気も澄んでいて、富士山が綺麗に見えます。ワインやお肉も美味しいですよね。のどかな気候と爽やかな空気は、そこに住む人々の心も穏やかにしてくれます。ここでは、そんな山梨県の婚活事情にスポットをあて、記事にしています。

3689
update

山梨の子育て支援と婚活事情に着目!

子育て

Flamingo Images/shutterstock.com

山梨県は子育て支援がとても充実しています。

そのひとつとして、子育て応援プロジェクトと称し、県内全域での病児保育施設の利用が可能になりました。

近年待機児童が取り沙汰されていますが、最近は出産後もすぐに働きにでるお母さんが多いです。

それに伴い、保育園を必要としますが、赤ん坊は本当によく風邪をひきます。

仕事に復帰しても、お子さんが風邪をひくとお母さんはすぐにお迎えに行かなければなりません。

そんな時に助かるのが病児保育施設。

病児保育施設では、病気の子どもを預かってくれるのです。

保育料も無料化に

さらに山梨県では、第二子以降の保育料を3歳になるまで無料化しています。

第一子では余裕のあるお母さんも、二人目になると何かと手が回らなくなることが多々あります。

2人目の保育料が無料になれば、金銭的にも楽になりますし、お母さんも働きに出やすくなります。

「2人目、3人目が無料になるのであれば、もう1人産んでもいいかも」と思うお母さんも多いらしいです。

産前産後ケアも充実!

妊婦さんは、通常出産後すぐに赤ん坊との生活が始まります。

母子同室、別室であっても24時間対応の赤ん坊のお世話は変わりません。

母乳、ミルク、オムツ、沐浴、抱っこ…ひたすら繰り返しのお世話です。

そして産後のボロボロの体でありながら、1週間程度で退院になり自宅でのお世話が始まります。

お母さんは何も分からない中で、赤ん坊のお世話をしなければなりません。

そんなお母さんの不安を少しでも取り外すため、山梨では産前産後のケアセンター施設が充実しています。

そこでは、赤ん坊の抱っこの仕方から、授乳や沐浴の指導を受けられます。

また、助産師に赤ん坊を預けて、ゆっくりご飯やお風呂にはいることもできます。

お母さんの「産後うつ」の発症率を下げ、児童虐待を防ぐ効果もあるでしょう。

そんなケアセンター施設の利用料金の8割を県が助成してくれるので、山梨県に住むお母さんはいざという時に安心して頼ることができます。

このように子育て支援が充実していると、結婚へのハードルが低くなりそうです。

地方での婚活はとにかく出会いが必要

出会い

qunamax/shutterstock.com

では、山梨県の婚活事情は、一体どうなのでしょうか。

山梨県の人口は約82万人。

全国都道府県人口ランキング42位です。

ちなみに1位の東京は、1374万人です。

婚活に重要なことはいかに多くの人と出会えるかです。

出会いが多ければ多いほど、アプローチできる異性も増えますし、アプローチしてくる異性も増えます。

その結果、交際のチャンスも増えますし、最終的に結婚に進む可能性が上がるでしょう。

山梨県で名前が上がる結婚相談所

山梨県でも多くの人が婚活に結婚相談所を利用しています。

県内で名の上がる結婚相談所は「楽天オーネット」「ツヴァイ」「サンマリエ」「縁結びクローバー」「JMC甲府」「ノッツェ」「花岡結婚相談所」「ブライダルYUKO」などです。

楽天オーネット、ノッツェ、ツヴァイ、サンマリエは全国的に有名ですね。

しかし、ノッツェは山梨に店舗がなく、サンマリエは月1の出張開催ですので、交通の便は不便かもしれません。

それ以外は、それぞれ「楽天オーネット=甲府駅」「JMC甲府=甲府駅」「ツヴァイ=甲府駅」「縁結びクローバー=河口湖駅」「花岡結婚相談所=国母駅」「ブライダルYUKO=善光寺駅」に店舗があります。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

地方での出会いは難しいと地方出身の友人からもよく聞きます。タイミングがあえば、同級生や幼馴染と結婚にいたることもあると思いますが、運任せ感が否めません。山梨県は東京など都心からの移住者も多いところですので、地元密着の出会いイベントで良い人と知り合うこともできそうですね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー