【階段の夢占い】階段の夢を見る理由とそこに潜む心理とは?

【階段の夢占い】階段の夢を見る理由とそこに潜む心理とは?

4039
update

みなさんは夢占いに興味があったりしませんか?もしくは、もっと自分のことを深く知りたいと思ったりはしませんか?夢にはたくさんの種類があるとは思いますが、実は階段の夢というのはその中でも如実に自分の心理を表すといわれています。ここでは階段の夢占いについてまとめていきます。

4039
update

階段の夢占い

Top view of attractive young woman sleeping well in bed hugging soft white pillow. Teenage girl resting, good night sleep concept. Lady enjoys fresh soft bedding linen and mattress in bedroom

fizkes/shutterstock.com

あなたは「階段の夢」を見たことがありますか? もしくは、最近階段に関する夢を見たりしませんでしたか?   階段の夢というのは夢占いの中でも比較的見ることが多い夢だといわれており、よく夢を見る人は一度は見たことがあるのではないでしょうか。   階段に関する夢においては、何にも増して「階段をどういう状況で利用しているか」が大きなポイントとなります。 というのも、階段を走っているのか上がっているのか下っているのか、そういった階段の夢の中での状況が現実の世界の自分の心理と深くつながっていくのです。   夢というのは基本的には自分の内面と深く関係があるといわれており、夢の内容について深く分析することで、今自分が「何を思っているのか」「何を感じているのか」といったことを知ることができます。   夢占いは、そうした「自分のことをもっと深く知りたい」と願っている人たちから人気がある分野であり、それは単なるスピリチュアルやオカルト的なものではないといえるでしょう。   夢占いというものは霊などの抽象的な存在とは違い、自分の頭の中の脳と密接なつながりを持っているため、その部分を明らかにすることで自分のことを今以上に知ることができるのです。   そこでここでは、夢占いの中でも見ることが多いといわれている「階段の夢の夢占い」について詳しくまとめていきます。 最近階段に関する夢を見たという人や、夢占いに興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

階段の夢から読み解く心理

Young relaxed woman with closed eyes touching head and dreaming

Roman Samborskyi/shutterstock.com

夢占いでは、夢の中の状況から今の自分の心の奥にある心理を読み解きます。   階段の夢においては、夢の中で「階段をどのように利用しているか」という部分に着目して自分の心理を読み解くということですね。   こうしたやり方は夢占いの基本的なものであり、他のどんな夢においても夢占いでの分析の仕方は同じです。   たとえば、何か怖い夢を見たとしても、「怖い夢夢占い」とグーグルで検索しても何一つ得られることはないでしょう。 本当に自分が見た夢の意味について知りたいのであれば、「どういう怖い夢だったのか?」「何に怖いと感じる夢だったのか?」という部分まで考えて調べる必要があります。   しかし、多くの人は夢占いを何か特別な力を利用しているものだと勘違いしている人が非常に多く、自分で自分が見た夢について分析するという行為をめんどくさがって実践しようとはしません。   ただ目覚めたあとになんとなく気になった夢を適当にグーグル検索にかけて調べてみるだけ。 それではいくら夢が自分の心理と密接にリンクしているとしても、まったく何の情報も得ることができないでしょう。   夢占いは受動的ではなく、能動的に自分から率先して考えていく必要があるのです。

夢と現実のリンク

夢は現実の自分の心理とリンクしていると述べましたが、それは100%完全に言い切れるわけではありません。   夢については現代科学を駆使してもまだまだわからないことだらけであり、夢は脳の記憶装置と深いつながりがあるといわれていますが、脳のこともまだまだわからないことだらけですので、いまだに夢についての精密な解明はされていない状況です。   しかし、精神的に追い詰められているときに「何かに追われる夢」を見たり、誰か好きな人がいるときに「好きな人が出てくる夢」を見たりなど、自分の脳の記憶や心の心理と夢がリンクしていることは誰もが認めることができるでしょう。   ですが、ここでのポイントは「夢は決して自分でコントロールすることができない」ということです。   夢と現実の自分がいかにリンクしていようが、「今日は○○な夢がみたいなぁ」と思いながら寝たとしても、実際にそのような夢を見ることができたという人は、おそらくほとんどいないでしょう。 夢は自分が考えていることを描くのではなく、およそ自分では意識していない部分を描き出しているのです。   それはつまり、普段の生活の中で自分が意識していることを知るのではなく、無意識的に考えていることを知るということであり、自分の深層心理に関係していることになります。   そのため、自分が見た夢の夢占いをすることで、今の自分の本当の気持ちを知ることができるといわれているのです。

意識することが大事

夢占いにおいては、自分が見た夢に対して能動的に意識することが大事であり、夢に対してまったくの無意識であったのならば、夢から自分の心理を知ることはおそらくできないでしょう。   夢から自分の心理について知りたいのであれば、しっかりと自分が見た夢に対して意識的に分析し、そこにどのような意味が込められているのかをきちんと理解する必要があります。   夢というのは、夢の中での状況や環境が変わるだけで、そこに含まれている意味や自分の心理にも大きな影響を与えます。 天気がいい夢を見るのと、土砂降りの夢を見るのとでは自分の心理がまったく違うように、夢の中の状況が一つ変わるだけでそこから得ることができる自分の心理も大きく変化するのです。   それは夢の中の時間帯によっても変わりますし、夢の中の登場人物、自分の言動、他人の言動、存在しているモノなどによっても異なり、まさに言葉どおり夢の数は無限大に存在します。   そのため、その中から自分の心理を知るためには、きちんと自分が見た夢の状況に注目し、そこから得られる自分の気持ちなどを考察する必要があるのです。   これは階段の夢においては特に顕著であり、階段の夢は今の自分の心理を如実に表している夢であるといわれているので、階段の夢の中の状況について分析することで、自分の心理について詳しく知ることができます。   夢占いは決してオカルト的なものではなく、そこにはしっかりとした理論があり信憑性も高いものとなっています。 もし、自分のことをもっとよく知りたいと思っている人は、ぜひ何か夢を見たときには夢占いを実践してみてくださいね。

パターン別!階段の夢からわかる自分の深層心理

Beauty woman with white perfect smile looking at camera at home

Antonio Guillem/shutterstock.com

夢占いにおいては、一にも二にも「状況判断」が大切です。   「どんな夢を見たか」ではなくて「どんな状況の夢を見たか」が重要になってきます。 何事もそうですが、物事は細かく分解して考えれば考えるほど手に入る情報は多くなり、それを今後の人生に役立てることができます。   夢の中には何かしらの重大なメッセージが込められているケースも少なくなく、自分が見た夢を夢占いすることで人生が変わったという人も実際に多数存在しているのです。   それぐらい夢占いは人生や生き方に対して大きな影響を与えるものであり、ベースが自分の心理に根ざしていることからも、偽りの自分ではなく本当の自分を知ることができるようになっています。   しかし、それには何度もいうように夢の中での状況判断が重要であり、どんなパターンの夢であったのかを真剣に考える必要があるでしょう。   そこでここからは、パターン別に「階段の夢からわかる自分の深層心理」について詳しくまとめていきます。 最近階段の夢を見たという人は、ぜひ自分が見た階段の夢と照らし合わせながら読んでみてくださいね。 また、夢占いについて興味がある人もぜひチェックしてみてください。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

階段を上がる夢だったら運気も上がっているということでラッキーです!

運気が上がっているときに自分のやりたいことを積極的に行動に移せるので

夢で自分の感じ取っていることを観られるのはとてもいいですよね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー