【家族の夢占い】家族の夢を見る理由とそこに潜む深層心理とは?

【家族の夢占い】家族の夢を見る理由とそこに潜む深層心理とは?

3074
update

家族の夢と聞いて、あなたはいったいどんな印象を抱くでしょうか。おそらく多くの人にとって家族は落ちつく存在であり、リラックスできる場所であるはずです。しかし、家族の夢においては自分の心理にはたくさんの傾向が見られます。ここでは家族の夢の夢占いについてまとめていきます。

3074
update

家族の夢占い

Young family with children having fun in nature

Lucky Business/shutterstock.com

突然ですが、あなたは最近「家族の夢」を見ませんでしたか?   夢占い的には、家族の夢というのは比較的見ることが多い夢だといわれており、おそらく誰もが人生の中で一度は見たことがあるのではないでしょうか。   たとえば、夢の中に父親が現れたり母親が現れたり、もしくは兄や姉、弟や妹、おじいちゃんやおばあちゃんといった親戚まで、自分の家族や身内の人が夢の中に現れることは珍しいことではありません。   しかし、そういった夢を見ることがよくあるとはいえ、その夢の中に込められている意味や自分の心理といったことについては知らない人のほうが多くなっています。   何か怖い夢や印象に残るような夢を見た後には、「なにか意味があるんじゃないか」とその夢について調べたりすることがあるでしょうが、それが家族の夢となるとそこまで気にすることなく、ほとんどの場合はすぐに忘れ去られていることでしょう。   家族というのは距離が近い上に、その大切さに気づいていない人が大勢います。 実家に暮らしている人などはまさにその典型だといえ、すぐ側に家族がいることにより、その人が自分の人生においてどれだけ重要で大事な存在であるかに気づくことができません。   しかし、夢に家族が登場するということは、その夢を分析することで自分にとって家族がどういった存在であるのかを知るきっかけにもなります。   ここでは「家族の夢の夢占い」についてまとめていきます。 最近家族に関する夢を見たという人や、夢占いに興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

家族の夢は人間関係を表す

A young three-member family spends the afternoon in the park and plays with a soccer ball. Family runs out together. Family leisure activities. Three members family playing with a ball on the meadow.

duchic/shutterstock.com

夢占いの観点からいうと、家族の夢は人間関係を表すといわれています。   すなわち、現実での人間関係に何か悩みがあったり、もしくは他人と関わることで自分の中の欲求を満たそうとしている表れであると考えられています。   よく、人生では「人間関係が何よりも大切であり、友達や恋人や家族は何よりも大事にするべき」といわれていたりしますが、その思考回路はおよそ子どものうちから親や学校から耳にタコができるくらい刷り込まれ、多くの人の頭の中にインストールされているでしょう。   その認識を持っているがゆえに、人は家族の夢を見るときには人間関係についての悩みを抱いていることが多く、誰かしらの「他人」についての不満を持っている状態のときに、家族の夢を見ることが多いといわれているのです。   しかし、実際、人間関係が大切だということは、もはや人生の教訓としてありとあらゆるところで語られていますが、それは決してすべての人に当てはまる教訓ではありません。   人によっては人付き合いが苦手な人もいるでしょうし、人間関係なんてめんどくさくて必要ないと思っている人もいるでしょう。   子どもの頃に刷り込まれている認識というのは、基本的には反抗心がつく前に刷り込まれていることですので、自分たちには選択権というものがないのです。   そのため、大人になってから自分には合っていない人間関係を無理やり維持したり、それによって精神をすり減らしたりするようなことが平気で起きてしまうのです。

人との絆

家族の夢をはそうした人間関係において、何かしらの悩みを抱えているときに見ることが多い夢です。   しかし、現実的に考えて、人間は決して一人では生きていけないのは事実ですし、必ずどこかで人とのつながりや絆を形成する必要があります。 本当の意味で孤独になってしまえば、おそらく人間は精神的に病んで自分で命を絶ってしまうことでしょう。   人間の本質的な部分には必ず「人との関わり」が必要であり、人と接することで人間の精神は安定することができるのです。   ですが、さきほどもいったように、中には人間関係が不得意な人もたくさんいるでしょう。 ずっと一人で部屋で引きこもってゲームをしていれば、めんどくさい人付き合いなんてしなくても構わないし、自分の好きなように生きていればいいと、そう思っている人も多いはずです。   しかし、そういった人でも、他人からもらう愛情を欲したり、誰かに甘えたいと思ったり、他人に愛情を与えることを望んだりもします。 これも人間には普遍な性質であり、誰しもこれらの欲求を心の奥底に秘めているものです。   家族の夢を見るということは、そういった心の奥底の感情や心理が表出している状態だといえるでしょう。

社会的なつながり

昔から人間は社会的な動物であり、他人と協力することによって現代のような社会を作り上げたといわれています。   つまり、社会の発展には人間関係が必要不可欠だということです。   現代に生きている限りは、決して社会的なつながりを遮断して生きることはできません。 たとえどれだけお金を持っていたとしても、その人も必ず「現代」という社会の中に属し、その中で生活しています。   社会的なつながりを持つことは人間にとっては不可欠であり、これまた普遍的なものなのです。 しかし、社会的なつながりを持っているからといって、社会からの信用や賞賛を得ることができるとは限りません。   それこそ、友情や愛情の欠乏を感じている人は現代社会の中ではそこら中に存在しますし、多くの人は社会的なつながりは持っていても、自分の中の欲求を満たすことができていません。   家族の夢はまさにその自分の心理を如実に表している夢であるといえ、夢の中に家族の誰が登場するかによって、自分が求めていることや感じていることというのが大きく変わってきます。   夢占いでは自分が見た夢のパターンを分析し、そこから自分の心理を知ることによって、「今、自分は何を望んでいるのか」を知る手助けをしてくれます。 人間関係なんて一切いらないと口では言っていたとしても、夢に家族が出てきたとすればそれは自己欺瞞に陥っている可能性が非常に高いです。   本当の自分の感情や心理を知りたいのであれば、心理を表すといわれている夢を分析するのがもっとも効果的であり、その手法こそが世間一般で「夢占い」と呼ばれているものなのです。

パターン別!家族の夢からわかる自分の深層心理

Parents giving their kids piggybacks, waist up, close up

Monkey Business Images/shutterstock.com

家族の夢は人間関係を表しているといいましたが、それは夢の中に家族のうちの誰が出てくるかによっても意味が変わってきます。   そして、人間関係といっても直接的なことを表すのではなく、その多くは自分が他人に対して抱いている気持ちを表していることが多くなっているのです。 というのも、人は基本的に他人に何かを求めているものであり、自分から勝手に他人に期待を抱いてしまう傾向があります。   他人のことをあたかも「自分の欲求を満たしてくれる存在」だと思い込み、自分が思っていることを他人がしてくれるだろうと安易に期待している人が非常に多く存在するのです。   しかし、これは至極あたり前のことではありますが、他人は決して自分の欲求を満たしてくれる存在ではありませんし、他人が自分の期待に応えてくれることもめったにないでしょう。   他人は自分にとってのロボットではないのです。   しかし、多くの人は自分の欲求の欠乏を感じているときや、他人を思い通りにしたいと思っているときに、家族の夢を見る傾向があります。   そこでここからは、パターン別に「家族の夢からわかる自分の深層心理」についてまとめていきます。 最近家族の夢を見たという人は、ぜひ自分が見た夢と照らし合わせながらチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

よく家族の夢を見るけど、直近では父と弟といとこが出てきた。

みんな家族の中では心理的に遠い感じがするから、

心理的に遠い、近づきたい、寂しいって思っているのかな?

自分の普段思っていることが夢に別のものとして現れるのは面白い!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー