【歌う夢占い】歌う夢を見る理由は?そこに込められている心理とは?

【歌う夢占い】歌う夢を見る理由は?そこに込められている心理とは?

2543
update

みなさんも一度は歌う夢を見たことがあるのではないでしょうか。ですが、歌う夢に込められている意味や心理について理解している人は少ないでしょう。実は、歌う夢にはたくさんの自分の心理が含まれているのです。ここでは歌う夢の占いについてまとめていきます。

2543
update

歌う夢の夢占い

Beautiful young woman in headphones listening to music and singing on color background

Africa Studio/shutterstock.com

あなたは「歌う夢」を見たことがありませんか? もしくは、最近夢の中で歌ったりしていませんでしたか?   おそらく日本人であるなら大抵の人は歌うことが好きである、カラオケに行くことが大好きなことでしょう。 カラオケは日本が考えたものですし、日本人は「歌う」ということを本能的に好んでいる人種だともいえます。   もちろん、中には歌うことが心底嫌いな人もいれば、カラオケなんてものも絶対に行きたくないと思っている人がいるもの事実です。   ですが、基本的に多くの人はストレスが溜まっていると感じているとき、何か楽しいことをしたいと思っているとき、友達と遊んでいるときなどに、ついカラオケに行って思いっきり歌いたいと思う人が大勢います。   音楽というのはもはや人間の生活には欠かせない文化となっており、音楽を聞いて歌ったり踊ったりすることが好きなのは、狩猟民族であった人間の本能的な名残なのかもしれません。   そうした「歌う」という行動が、現実で行うだけでなく時折夢の中にまで出てくることがあります。   単純に考えると「歌う夢は歌いたいと思っているから見る夢だ」と思ってしまいがちですが、実は歌う夢には「歌いたい」という気持ち以上に深い意味が込められているケースが多いのです。   そこでここでは、「歌う夢の夢占い」についてまとめていきます。 最近歌う夢を見たという人や、夢占いに興味がある人はぜひ参考にしてみてくださいね。

歌う夢は自己表現を表す

Young attractive bearded man singing loud while standing isolated over white background

Dean Drobot/shutterstock.com

夢占いにおいては、「歌う夢」というのは自己表現を表すといわれています。   歌うという行為は基本的には誰かに見られているものですし、一人カラオケなどを除けば他人と一緒に楽しく歌ったりすることのほうが多いのではないでしょうか。   多くの人は歌うことはストレス発散だと思っている人が多いかもしれませんが、実際、現代人が歌うときの心の奥底には自己表現としての気持ちが眠っており、音楽に合わせて歌うことで自分のことを表現している状態だといえます。   つまり、歌うことで「自分」という存在を他人に表現するために歌っているのであり、一人で歌っているときでも自己陶酔的な感情が自分の中に沸いているものです。   その現実的な事実は夢の中においても適応されるものであり、歌う夢を見るときは自己表現をしている状態であり、他人に自分の世界観などを伝えようとしている気持ちがあることを表しているのです。   歌うことを単純にストレス発散だと思い込んでいるとそれまでですが、「なぜストレス発散のために歌いたくなるのか?」という部分について考えることは非常に重要なことであり、それが夢の中に出てきたときも「どうして歌う夢を見たのか?」と自問自答することは、自分のことを知るためにも大切なことだといえるでしょう。

承認欲求

人間には元々承認欲求という欲求を誰もが持っています。   この欲求は「他人に認められたい」「他人から必要とされたい」と感じる欲求のことであり、現代人はまさにこの承認欲求を満たすことに追われている状態です。   今では、スマートフォンが多くの人に普及することで、誰もが指先一つで世界中の人たちとつながれるようになりました。SNSを使うことで誰もが自分の意見を発信し、自分の考えや価値観や世界観を表現できるようになったのです。   しかし、そうした便利な生活を享受すると、人間はさらに一歩先の欲求を満たすことにとらわれます。 それが「他人からの賞賛」です。   今ではネット上に情報は数え切れないほと存在し、現在でもその数は日に日に爆発的に増えていっています。 そうした中で、自分の意見やら考えやら価値観が他人に伝わる可能性は限りなく低く、誰もが「認められない」感情を実感しているのです。   そのため、多くの現代人は欲求不満ともいえるような状態となり、自己表現をすることにとらわれています。 その結果として、歌う夢などの自己表現型の夢を見ることが多くなったりするのです、   夢占いはそうした自分の心の底に潜む感情や心理を読み取ることで、現実の世界に生かして充実した生活を送る手助けをしてくれるものです。   自分の気持ちを冷静に俯瞰することは普段あまりないと思いますが、夢占いではその気持ちときちんと向き合うことができますので、「今自分が何を思っているのか」ということも的確に知ることができます。

自分らしく生きる

自分が見た夢を分析して夢占いを行うことで、自分の本当の心理を知ることができ、それを現実に応用することで自分らしく生きることができるようになります。   夢占いの本質はここにあり、夢占いは「自分が今何を思っているか」「自分は本当は何が好きなのか」といったことを知るきかっけになるものです。   夢は自分の心理を如実に表すものであり、自分の深層心理までコントロールすることは誰にもできません。 そのため、夢占いで自己欺瞞に陥ることもありませんし、現実で自分に何時間も自問自答を繰り返すよりも自分のことを深く知ることができるようになります。   歌う夢に潜んでいる心理についてはこのあと詳しくまとめていきますが、基本的にはどんな夢においても必ず自分の深層心理というものが大きな影響を受けており、その心理を知ることは本質的な自分について知ることでもあります。   さきほどもいったように、現代人は承認欲求に飢えすぎているあまりに自分を見失っている人が数多く存在していることでしょう。 しかし、承認欲求を満たすことだけにとらわれていては、決して人間は幸せにはなれないですし、充実した生活なども送ることはできません。   自分の本当の気持ちを知り、自分はどうしたいのかを常に考えることでしか、充実した日々を送ることはできないのです。 夢占いはそうしたことを実現させるきっかけとなりますので、夢占いに興味がなくても、もし自分が見た夢について気になることがあったり、自分についてもっと深く知りたいと思っているのであれば、ぜひ夢占いについて詳しく調べてみてくださいね。

パターン別!歌う夢からわかる自分の深層心理

Adorable american woman in yellow shirt singing and having fun while listening to music using wireless earphones isolated over blue background

Dean Drobot/shutterstock.com

夢占いは、自分が見た夢を分析することで、自分の心理に気づくことができます。   実際、自分の本当の心理について理解している人はごく少数であり、ほとんどの人は自分のことを理解しているようでまるで何も知りません。   「どうして自分がそうした行動を取ったのか?」と聞かれても、口ごもってしまう人が多く、本当に自分のことを理解している人はほとんどいないでしょう。   しかし、自分を知るためにはわざわざ何時間も瞑想したり、自分と向き合いながら自問自答したり、スターバックスで何時間も考え込んだりする必要はありません。 そうした結果に得られる答えというのは大体が自己欺瞞に陥っている答えであり、本当の自分の気持ちから遠ざかっていることがほとんどだからです。   人間は考えれば考えるほどにバカになっていく生き物でもあるのです。 そこで役立つのが夢占いであり、自分の深層心理を描き出す夢を分析することで、自己欺瞞ではない自分の本当の気持ちを知ることができます。   ここからは、パターン別に「歌う夢からわかる心理」についてまとめていきます。 夢占いにおいては夢の内容も大切ですが、それ以上大切なのは夢の中の状況になります。 歌う夢にも、歌っているときの状況というのが自分の心理も深く影響していくことになりますので、歌う夢から自分の心理や感情などを知りたい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

歌う夢ってストレス発散しているのかと勝手に思っていたけど、

どちらかと言うと自分を表現できていないと感じている時に、

自分を認めて欲しいって思いが強いから見るみたいだね。

自分を表現できればストレスも軽減されそうだから、

どんどん自分らしく生活していこうと思います!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー