魅力たっぷりで楽しめる!山形県のおすすめデートスポット7選

魅力たっぷりで楽しめる!山形県のおすすめデートスポット7選

2665
update

お米やさくらんぼなど食べ物が有名というイメージが強い山形県ですが、食べ物だけではなくカップルで楽しめるデートスポットも魅力的な所が多くあります。そこで今回は、山形県のおすすめデートスポットを紹介します。

2665
update

山形県には何がある?

Dawn scenery of Ginzan Onsen after snowfalls, a famous Japanese hot spring town in Obanazawa, Yamagata, Japan, with bridges over a stream flanked by antique wooden buildings on a cold winter morning

CHEN MIN CHUN/shutterstock.com

山形県にはどんなデートスポットがあるか、あなたは知っていますか?

何もないなんてことはありません。

山形県にはそこでしか楽しめない魅力なスポットがいくつかあるんです。

カップルで訪れたらきっと楽しめる、山形県のおすすめデートスポットを紹介します。

上杉神社

yamagatakanko.com

山形県のおすすめデートスポット1つ目は、「上杉神社」です。

こちらは、山形県米沢市にある神社です。

明治9年、上杉謙信、上杉鷹山を祭神として米沢城本丸跡に建立されました。

明治35年に別格官幣社に指定され、この時祭神が上杉謙信のみになりました。

大正8年にほとんどの建物が焼け落ちてしまいましたが、国からの援助や米沢市民の労働奉仕などで大正12年に現在の神社が完成しました。

再建は、山形県米沢市出身の伊東忠太という方で、この方は明治神宮や平安神宮の設計者でもあるそうです。

最強の戦国武将の一人と言われている上杉謙信の神社である上杉神社は山形県のパワースポットと言われています。

開運招福、諸願成就、学業成就、商売繁盛などのご利益があるそうで、上杉謙信のパワーをあやかろうと強い願いを持っている人があとを経たないそうです。

米沢市民にもとても愛されているため初詣やお宮参り、結婚式でも使われることがあります。

上杉神社は、パワーがほしい人だけではだけではなく歴史好きにも嬉しいスポットなんです。

敷地内には、伊達政宗生誕の地の石碑だけではなく、稽照殿と呼ばれる宝物殿があります。

稽照殿では、上杉謙信公の遺品や直江兼続公の有名な愛とデザインされた兜など上杉家にまつわる重要文化財が131点、重要美術品などを所蔵、展示しているんです。

お宝を見れるなんて貴重ですよね。

他にもこの神社では、米沢上杉まつりや上杉雪灯篭まつりなどが行われています。

桜の名所としても有名な場所なので、歴史好きではない人でも学んで楽しめるスポットです。

  • 上杉神社
    静かでのんびりできる神社
    上杉謙信公が祀られているスポット
詳細はこちらから

熊野大社

www.hongu.jp

山形県のおすすめデートスポット2つ目は、「熊野神社」です。

こちらは、山形県南陽市にある神社です。

大同元年、平城天皇の勅命により再建されたと伝えられており、その後も時の天皇、法皇の恩恵をうけ、のちに天台宗・真言宗・羽黒修験・神道の4派も加わり、熊野修験としても栄えたそうです。

境内に入ると、30柱の神様と数百年前から息づく熊の森が参拝者を迎えてくれます。

そんな熊野神社は、日本で初めてプロポーズして結ばれた神様がいる神社ということもあり、縁結びのお願いに訪れる人が多いんです。

熊野神社の本殿裏には三羽のうさぎが隠し彫られていて、それがいつからなのかはわかりませんが、三羽全てを見つけた人の願いが叶うと言われるようになりました。

特に最後の三羽目は人から教えてもらったり教えてしまうと効果が無くなってしまうそうなので、何としてでも自力で見つけなければいけません。

ただし、一羽目と二羽目は教えてもらうことが出来ますので、授与所で手引書をもらっても構いません。

熊野神社では、うさぎの置物や大切な人と結ばれるよう願うきずなのお守りなどがあります。

いつまでも恋人と仲良くいられるように、お願いしておきましょう。

  • 熊野大社
    不思議な雰囲気を味わうことができるスポット!
    のんびり静かな散策をすることができます。
詳細はこちらから

土門拳記念館

www.domonken-kinenkan.jp

山形県のおすすめデートスポット3つ目は、「土門拳記念館」です。

こちらは、山形県酒田市にある美術館です。

昭和時代に活躍した土門拳の写真作品を所蔵、研究、展示しており、日本最初の写真専門美術館と言われています。

1983年に開館したこちらの美術館は、土門拳のライフワークであった「古寺巡礼」や、「室生寺」、「ヒロシマ」、「文楽」などの作品を順次公開しています。

土門拳と深い交流があった芸術家たちが集結し、グラフィックデザイナーの亀倉雄策さんが正面入口に銘板とポスターやチケットを、彫刻家のイサム・ノグチさんは中庭に彫刻とベンチを、華道草月流三代目家元勅使河原宏さんが庭園とオブジェを寄付しました。

そんなこちらの美術館は、2009年「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」に二つ星で掲載されました。

展示室は、主要展示室と企画展示室があり、それぞれ別々の展示をしています。

カラーのものもあれば、モノクロのものもあり、その世界観は美しいものばかりではないかもしれませんが、心を動かされるものが多くあります。

トークショーやバックヤードツアーなど様々なイベントも随時行われています。

また、土門拳記念館は飯森山公園にあるのですが、こちらの公園はあじさいの品種が日本一と言われています。

是非、あじさいの時期には綺麗に咲いているあじさいも観賞してみて下さいね。

  • 土門拳記念館
    自然の中にある記念館!
    館内には、多くの芸術作品も!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

土門拳記念館は興味ある!土門拳さんは知らなかったけど、写真家の美術館なんだね。

でも彼氏が全く芸術に興味がないから、一人で見て回ることになりそうw

東北ってあまり観光に行くイメージがないんだけど、実は美味しいもの多いし、結構好きなんだよね〜。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー