【猿の夢占い】猿の夢を見る理由とそこに潜む自分の深層心理とは?

【猿の夢占い】猿の夢を見る理由とそこに潜む自分の深層心理とは?

3539
update

猿の夢と聞いてあなたは一体どんな印象を持つでしょうか。実際、夢占い的には猿の夢というのはあまりいい夢であるとは考えられていなく、猿の夢を見たということは現実に何かしらの問題があると考えられます。そこで、ここでは猿の夢の夢占いについて詳しくまとめていきます。

3539
update

猿の夢占い

Look at Squirrel monkey in ecuadorian jungle in amazon

Ludmila Ruzickova/shutterstock.com

突然ですが、あなたは「猿の夢」を見たことがありますか? もしくは、最近猿が夢の中に出てきませんでしたか?   猿の夢というのは、実は夢占いの観点からいうとあまりいい夢ではなく、現実の猿に対して多くの人が「ズル賢い」というイメージを持っているように、猿の夢にも自分のズル賢さが反映されていると考えられています。   そもそも、猿と人間にはさまざまな部分で共通点があり、猿の進化が人間だといわれているように、猿が持っている性質などは人間に受け継がれている部分が非常に多くあります。   その一つにズル賢さというものがあり、これは生きていく上で猿にも人間にも必要不可欠な性質であるといえるでしょう。   たとえどんなに性格がいいといわれているような人であっても、その人にも必ずズルい部分があって醜い部分というのが存在します。   しかし、現実的にはズル賢さというのはあまりいい性質とは言えず、そのズル賢さを表に出しすぎると周りからは瞬く間に嫌われてしまうことでしょう。   人間はズル賢さや一定の醜さを持ってはいるものの、それを社会の中で表出するわけにはいかず、自分の心の奥底に隠し持っているものです。 そして、それが如実に表されているのが「猿の夢」というわけです。   ここでは、そんな猿の夢の夢占いについて詳しくまとめていきます。 最近猿に関する夢を見たという人や、夢占いに興味があるという人はぜひ参考にしてみてくださいね。

猿の夢は凶夢?

Monkey on the tree ,Monkey Climbing Tree

Anut21ng Photo/shutterstock.com

夢占い的には、猿の夢はあまりいい意味を含んでいないために凶夢であるといわれています。   しかし、だからといって猿に関するすべての夢が凶夢になるというわけではなく、単に猿の夢の中には凶夢としての意味を含んでいるケースが多いということであり、それ自体が必ずしも凶夢であるとは限らないのです。   猿の夢を見たとしても、その夢の内容によっては吉夢になることもありますし、運気を上昇させるような暗示がある夢のパターンも存在します。   基本的に、夢占いの中では単一の凶夢という夢は存在せず、どんな夢においても夢の中の内容によって吉夢か凶夢かが決まることになっています。   その前提の部分を理解していなけば、「○○の夢は凶夢だ」と勘違いした解釈をしてしまうこととなり、夢占いの本来の意味や心理さえも履き違えてしまうことになってしまいます。   猿が夢の中に登場するのはたしかにあまりいいことではなく、猿に対してズル賢いといった印象を抱いている以上、そういった印象が夢の中に反映されてしまうのも事実です。   夢は自分の心理や感情を如実に表すものであり、自分の深層心理をコントロールすることができない私たちには、夢の内容までコントロールすることはできません。 しかし、それは逆にいえば自分が見た夢について分析していくことで、自分の本当の心理を知ることができるということでもあります。   夢占いは本当の自分を効率よく理解するためのツールでもあるのです。

ズル賢さ

人間には必ずズル賢さが秘められているといいましたが、人間のズル賢さについて真剣に考えたことがある人はそう多くはないでしょう。   多くの人は自分のネガティブな部分や醜い部分に対しては見てみぬフリをしているものであり、自己を否定することが苦手です。   しかし、夢占いの本質はその自己否定の中にあるといっても過言ではなく、自分の欠点や短所などをしっかりと自覚することで、今まで以上に人間的に成長し充実した生活を送るための役に立つものであるといえるでしょう。   人が持つズル賢さは普段の生活の中でもたくさん見られ、単純に「嘘をつく」という行為も自分の中のズル賢さが発揮されている例だといえます。   基本的に「他人を巻き込み自分にとって利益になること」をすることが人間の持つズル賢さといっても間違いではなく、この能力のおかげで人間はここまで生き残り進化することができたともいわれています。   ズル賢さは他人に迷惑をかけたり傷つけたりすることがないのであれば、そこまで悪いものではなく、それは扱い方次第では非常に大きな武器ともなりえるのです。   猿の夢はそうした自分の心の奥底に潜んでいるズル賢い一面を表す夢が多く、その夢から自分の心理をしっかりと読み取ることが、夢占いにおいては非常に重要なポイントとなるでしょう。

人間の内面的な醜さ

たとえどんな人間であっても、人間的な醜さというのは誰もが持っています。   生まれながらにして完璧な人間など存在しないように、人間には一長一短が必ず存在するのです。   よく、そういった人間の醜さに傷つけられ、心に大きなトラウマを抱えている人も大勢いますが、人と接するときに前提として「人間は醜くて、ズル賢い生き物」だと認識していれば、人間関係においてそこまで傷つくことがないといえるでしょう。   人間関係の問題の多くは、自分の感受性や受け止め方にあるといっても過言ではなく、自分の中で他人の言動をうまく処理することができれば、そこまで人間関係に悩むことはなくなります。   実際、現代社会で精神的に疲弊してしまっている人や、精神疾患になってしまっている人などは、不必要に他人を意識しすぎていることが原因のケースが多く、自分の感受性によって自分を不幸にしてしまっている人が大勢います。   人間の醜さに傷つき、ズル賢さによって裏切られたと感じることにより、多くの人は心に傷を負ってしまうのです。 しかし、上述したように、あらかじめ人間とはそのようなものだと認識しておくことで、一定の防御壁を張ることができ、自分の身を守ることができるようになります。   猿の夢は自分の人間関係に関することを如実に表しますので、夢に猿が出てきたときは一度現実の人間関係を見直してみるのもいいかもしれませんね。   何かしらの問題がくすぶっていなければ、おそらく猿の夢を見ることはないといえますので、夢占いの結果と真摯に向き合い、きちんと現実の自分に還元してみてくださいね。

パターン別!猿の夢からわかる自分の深層心理

Adult monkeys sits and eating banana fruit in the forest. Monkey forest, Ubud, Bali, Indonesia.

Leo_nik/shutterstock.com

猿の夢は自分の醜さといった内面的な部分や、人間関係などの外部的な部分を如実に表す夢です。   その多くの夢は夢占い的には凶夢であるといわれており、一般的にもあまりいい夢ではないといわれています。   しかし、はじめのほうでもいったように、それは夢の中の内容によっても大きく異なってくるものであり、猿の夢もまた例外ではありません。 猿の夢においても、その夢のパターンが異なればそこに込められている意味や自分の心理といったものも大きく変わり、その夢の内容によっては十分に吉夢となることもありえるのです。   そこでここからは、パターン別に「猿の夢からわかる自分の深層心理」についてまとめていきます。 猿の夢のパターンはいくつも存在し、実際、ここでまとめていくようなパターン以外の夢を見ることもあるでしょう。   ですが、ここでは猿の夢の中でももっとも代表的なパターンを4つにまとめて紹介しますので、まずはこの4つのパターンの意味を理解してみてください。 そうすれば、猿の夢の他のパターンにもうまく対応することができるようになりますので、猿の夢に興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

1、猿が出てくる夢

パターン別の猿の夢からわかる心理の一つ目は「猿が出てくる夢」です。   単純に夢の中に猿が出てくる夢というのは、猿の夢の中でももっともありがちな夢になります。 夢の中の猿は特に何かをするわけでもなく、ただ自分が認識できる範囲に猿が出てくる。   こうしたパターンの夢からわかることは、この夢には「人間関係の警告」を表しているケースが多く、現実の世界での人間関係のトラブルを暗示しているともいわれています。   猿はズル賢さの象徴であるかのようにここまで語ってきましたが、それは夢の中においても同様であり、そういった印象を持つ猿が夢の中に出てくるということは、他人のズル賢さによって自分に被害が及ぶことを暗示しており、それは人間関係が崩れていくことを意味しているのです。   もちろん、こうした夢のすべてがそういった意味だとは限りませんが、多くの場合は、猿が出てくると他人によって自分に被害が加えられることが多くなっています。   そのため、猿が夢の中に出てきたときは、できるだけ人間関係には気をつけるようにし、何か企みを持って近づいてきている人がいないかどうかを、きちんと見極める必要があるでしょう。   しかし、あまり神経質になりすぎると、自分で人間関係を壊してしまう可能性がありますので、懐疑的になるときはあくまでも相手に悟られることなくほとほどにすることをおすすめします。

2、猿の群れが出てくる夢

パターン別の猿の夢からわかる心理の二つ目は「猿の群れが出てくる夢」です。   この夢のパターンも、猿の夢の中では比較的見ることが多いパターンの夢であるとはいえ、猿の群れが夢の中に出てきたときも、「人間関係に注意しろ」という暗示が込められています。 というのも、猿の群れというのは現実の世界での「組織」を表してることが多く、それは学校や会社や国といった組織のことを指します。   つまり、猿の群れの夢が表すことというのは、個人的な人間関係の問題ではなく、組織レベルでの人間の警告であり、会社や学校での人間関係の悪化を意味しているといえるでしょう。   それは時に不本意なことであったり、あまりにも不合理なことかもしれません。   猿が一匹だけ出てくる夢では、そこまでの危険性はなく、単純に自分の周りの人間関係に注意しておけばよかったのですが、猿の群れが夢に出てきたときは自分が属している組織全体に注意を向けなければなりません。   組織の中で出会う一人ひとりの挙動に注意するのはかなり大変だとは思いますが、できるだけ自分の身を守るためにも周囲の環境には気をつけるようにしましょう。

3、猿が懐く夢

パターン別の猿の夢からわかる心理の三つ目は「猿が懐く夢」です。   このパターンの夢も比較的見ることが多い夢であるといえますね。 というのも、猿に懐かれる夢というのは現実世界で他人に依存されていることを表しており、その相手は友人や恋人といった人に当てはまることです。   恋人依存症という言葉を聞いたことがある人も多いかと思いますが、現代人のカップルのほとんどはどちらかがどちらかに依存している傾向が多く、一方がもう一方のことを強く想っているがためにうまくパワーバランスを保ちながら付き合っているカップルが多くなっています。   しかし、想像するに難しくないように、そのような関係性では相手にとって負担となっているケースが多く、そうした負担を感じ取ることで夢に反映することがあるのです。 それが猿に懐かれる夢というわけです。   このパターンの夢では猿が依存されている相手と考えることができ、それは友人か恋人かのどちらかでしょう。 もし、その依存を疎ましく思っているのだとすれば、それは早めに対処する必要があるでしょう。   依存症は放っておくと悪化することの方が多いので、猿が懐く夢を見たときは一度そうした依存に負担を感じていないか確認する必要があるといえますね。

4、猿が怒る夢

パターン別の猿の夢からわかる心理の四つ目は「猿が怒る夢」です。   猿が怒る夢と聞いて真っ先に思い浮かぶことはおそらく「凶夢」であるということですよね。 そしてそのとおり、猿が怒る夢は「トラブルの暗示」という凶夢的な意味を多く含んでいる夢をなっています。   ここでいうトラブルというのは人間関係が主となっていますが、その範囲は生活全体に及んでいることが多く、事故や怪我や病気といった事象もすべて含んだ上でのトラブルとなります。   夢占いではよくあることですが、夢の中で誰かが怒っている夢というのは大抵が凶夢であり、あまりいい意味を含んではいません。 どちらかというと悪い意味ばかりが含まれているケースが多く、そのほとんどは全体的な運気の低下などを意味しているといえるでしょう。   そのため、このようなパターンの夢を見たときは、自分の生活全般に注意を払う必要があり、何か良くないことが起きることを前提とした上で行動することをおすすめします。 あらかじめ事前に心構えをしておけば、ある程度の対処にもなりますので、いつ何が起こっても大丈夫なような心を持つことを心掛けてみましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

猿をずる賢いとは思ったことなかったけど、夢に出てくる猿は、人間関係に悩んでいる場合、その相手だと考えられるんだね。のんびり2.3匹の猿と一緒に露天風呂に入ってる夢だったけど、可愛かったからそんなに悪い夢じゃないのかな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー