【雨の夢占い】雨の夢を見る理由とそこに潜む心理とは?

【雨の夢占い】雨の夢を見る理由とそこに潜む心理とは?

3642
update

雨の夢と聞いてあなたはいったいどんな印象を持つでしょうか。おそらく多くの人は雨に対してはネガティブなイメージを抱いていることでしょう。しかし、実は雨の夢には有益な意味がたくさん込められています。ここでは雨の夢の夢占いについてまとめていきます。

3642
update

雨の夢占い

Rain drops falling from a black umbrella concept for bad weather, winter or protection

Brian A Jackson/shutterstock.com

あなたは「雨の夢」を見たことがありますか? もしくは、最近雨に打たれているような夢を見たりはしませんでしたか?   天候に関する夢というのは、夢占い的にも結構頻繫に見ることがある夢だといわれていますが、実は天候に関する夢には実にさまざまな意味や心理が込められていることが多くなっています。   夢は自分の心理や感情を表すことがあるといわれていますが、天候の夢においては夢の中の天候こそが自分の心理を表している状態であるといえるでしょう。   何となく想像つくかと思いますが、夢の中の天候が快晴のときは現実の世界での自分のメンタルも前向きでポジティブなものであり、天候が曇りだったりしたときは少しマイナスな気分のときであると考えることができます。   このように、夢はしっかりとその内容ついて思いを巡らせることさえできれば、自分について実にさまざまな情報を知ることができるのです。   多くの人は自分の感情や心理状態については詳しく知りません。 自分では自分のことを一番よくわかっていると思い込んでいたとしても、その認識は非常に曖昧であり、本当の自分の心理と一致していることはかなり少ないでしょう。   夢占いはそうした人に対して、本当の自分を知るきっかけを与えてくれるものなのです。   ここでは、天候の夢の中から「雨の夢の夢占い」について詳しくまとめていきます。 最近夢の中で雨が降っていたりした人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

浄化を表す雨の夢

Rain On Rainbow Umbrella

Romolo Tavani/shutterstock.com

雨の夢は夢占い的には「浄化」を表すといわれており、雨が自分の中にある負のエネルギーであったり罪の意識などを洗い流してくれる効果があります。   天候の面から考えると、おそらく雨はネガティブな印象を抱く人が大半であり、現実でも雨が振っていたりするだけでなんだか気分が下がってしまうこともあるでしょう。   それぐらい人間は普段の天候によって気分が左右されるものであり、天候が自分に対して心理的な影響を大きく与えていることを実感できるでしょう。   しかし、それは実生活の中での話であり、その場所が夢の中に置き換わったとき、雨はネガティブな存在ではなくて前向きな意味を表すことがあります。   その代表的なものが「浄化」ということであり、雨が自分の内面にある負の部分を洗い流してくれるという意味になります。   人間には誰しも負の部分が備わっているものであり、生まれながらにして善良な人間などは一切存在しません。 どんな人であっても、その内面には負の部分やネガティブな部分が内包されており、自分の中のそういった部分と必死に闘いながら日々を過ごしています。   ですが、そういった部分は自分次第でいくらでも少なくすることができたり、ネガティブに対抗してポジティブなエネルギーを取り込むこともできます。   雨の夢はそのためのきっかけとなる夢でもあり、夢であっても現実の自分に大きな影響を与えるだけの意味を含んでいる夢でもあるのです。

罪悪感

おそらく、生きる中で一度も罪悪感を感じたことがない人はいないでしょう。   これも善良な人間などいないのと同じく、人間には感情という機能が備わっている限り、必ずどこかのタイミングで罪悪感という感情を実感したことがあるはずです。   罪悪感を感じるタイミングというのは人それぞれ違く、ある人がある物事で罪悪感を感じていたとしても、別な人にとってはまったくへっちゃらだということも普通にありえます。   しかし、多くの人はやはり他人に迷惑をかけていると感じた場合に罪悪感を感じる傾向があるようで、これもある意味社会的な動物である人間にとっては自然な反応であるといえるでしょう。   罪悪感を感じているときは、自分の罪の意識から気分は落ち込んでいるでしょうし、常に申し訳ない気持ちでいっぱいになっていることでしょう。   雨の夢は、そうした自分心理状態を如実に表しつつ、それを踏まえた上で自分は何をするべきかを明確にしてくれる夢です。   もちろん、そのためには自発的に夢占いを行い、自分の心理について考察する必要があるといえますが、自分について興味がある人であるならいわれなくても自分の見た夢についての分析を行うでしょう。   現代でもまだまだ夢占いは一般的に認知されているとはいえませんが、夢が自分の心理を表しているという事実は多くの人が知っているはずです。   雨の夢のように自分の罪悪感などを表し、浄化の意味を込めて洗い流してくれる夢も存在しますので、自分が見た夢については一度は夢占いを行うことは大事なことだといえるでしょう。

マイナスエネルギーを浄化

基本的に人間はマイナスエネルギーが内包されていますが、そのエネルギーを取り除くことは難しいといえるでしょう。   そもそも、世の中にはポジティブな人間は存在しますが、ネガティブな部分を持っていない人など存在しないように、マイナスエネルギーをすべて取り除くことができたら、その人は賢者にもなれてしまうでしょう。   ネガティブな部分というのは人間であるなら誰しも持っているものであり、大事なのはそれを失くすことではなく、そういった部分とどう付き合っていくかです。   雨の夢のように浄化の意味を含んで、自分の罪悪感を感じ取ることで夢に表れることはありますが、結論的には雨の夢が浄化を表していたとしても、現実的に自分が浄化されることはありません。   さきほどもいったように、雨の夢は自分を変えるきっかけを提供してくれる夢であり、負の部分をすべて失くすために見る夢ではないのです。   多くの人は自分のネガティブな部分を失くしたいと考えがちですが、ネガティブがあってポジティブがあるからこそ人間は魅力的で成長することができるのです。   その前提を忘れてしまっては、いくら夢占いから自分の心理を知ったところで何も変えることはできないでしょう。   雨の夢は自分の心の状態を表すと同時に、自分のことを変えてくれる後押しをしてくれる夢なのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

雨宿りをしている夢はたまに見ることがある。

雨に関してはそんな深い意味はないって思ってたけど、雨にも夢占いがあるんだね。雨宿りは決断に迷ってるってことなのか。あんまり意識してなかったから今度雨宿りの夢みたときに確かめてみよう。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー