【あなたは大丈夫?】憑依されやすい人と憑依されている人の特徴とは?

【あなたは大丈夫?】憑依されやすい人と憑依されている人の特徴とは?

2022
update

みなさんは「憑依」といった言葉にどういった印象を抱くでしょうか。おそらく大抵の人はテレビや映画の世界の中だけの話だと思っているのではないでしょうか。しかし、実は憑依という現象は日常的にも起こりうることなのです。ここでは「憑依」について詳しくまとめていきます。

2022
update

憑依とは

Monk preaches or reads a prayer. Portrait of a man wearing a monk robe. Full height. Concept for faith, spirituality and religion

RomarioIen/shutterstock.com

突然ですが、あなたは「憑依」という現象をご存知でしょうか? もしくは、「自分は何かに憑依されているのでは?」と感じたことはありませんか?   憑依とは、霊などが自分に乗り移っている状態であり、よく映画などで悪霊が人に乗り移り体を乗っ取るなどのシーンが見られますが、現実的には憑依といってもあのようなことは起こりえません。   現実の中で起こる憑依というのは、単に霊が自分にとり憑くことで、意識は自分にあるけれど自分では意図していない行動を取ることがあるというのが、現実世界での憑依という現象になります。   たとえば、今まで嫌がっていたことが急に好きになったり、食べ物の好みが変わるなども、霊に憑依されることで起こりうる現象であるといえるでしょう。   憑依と聞くと、おそらくほとんどの人の頭の中には怖いイメージが思い浮かぶと思いますが、そのほとんどは映画やドラマなどで描かれているイメージに影響されているものであり、現実の憑依はそこまで多大な影響があるものではないのです。   しかし、そうはいっても結局は霊が自分にとり憑いて憑依されている状態なので、そのまま放置していればさまざまな場面で不具合が生じるでしょう。   憑依されているからといって命に関わるわけではありませんが、その症状は決してそのまま放っておくのはよくありませんし、しっかりと対処することが必要です。   ここでは「憑依」についてもっと詳しくまとめていきます。 最近自分に対してなにか違和感を感じていたり、今までの自分と何か違うと感じている人はもしかしたら憑依されているかもしれませんので、気になる人はぜひチェックしてみてくださいね。

憑依体質

Blurred mysterious people walking in a weird background

Zacarias Pereira da Mata/shutterstock.com

憑依というのは一般的に、誰にでも起こる可能性がある現象であり、霊にとり憑かれるということも誰にでも起こりうることです。   現に、心霊スポットに行った人などがよくそれからおかしな現象に悩まされることがあるように、霊に憑依されるのはそこまで珍しい現象ではないのです。   ですが、憑依されやすい人には特徴があるのが事実であり、詳しくはこのあとまとめていきますが、スピリチュアル的には霊感が強い人などは普通の人よりも憑依されやすい傾向があるようです。   そういった憑依されやすい人のことを「憑依体質」といいますが、世間には自分では認識していないけれど、この憑依体質を持っている人が大勢います。   自分で自分のことを憑依体質であると実感していれば、それに適した対処をすることができますが、多くの人は憑依や霊といったもの自体に興味がなく、おそらくスピリチュアルやオカルト好きな人でもない限り、自分が憑依体質かどうかなどは気にならないでしょう。   たしかに普通に生活している分には、霊に憑依されることなどはめったにないといえますが、その可能性はゼロではなく、心霊スポットなどに行っていなくても日常的に霊に憑依されることもあります。   大事なのは、まず憑依といった概念について把握しておくことであり、それを決してオカルトの枠内のことだけだと思い込まないことが重要になるでしょう。

何事にも敏感になる

憑依された人に表れるもっとも顕著な特徴として、何事にも敏感になるというのがあります。   これはそのままの意味であり、ほんの些細なことでも敏感になって気になったり、常に人の気配を強く感じたりなど、日常生活のすべてにおいて敏感になってしまうのが憑依されている人の特徴です。   たまに気配を鋭く察知する人などがいますが、そういった人も霊に憑依されている可能性が高く、感覚が鋭くなるというのは憑依されている人のもっとも顕著な霊だといえるでしょう。   そう考えると、憑依されていて感覚が敏感になることで、危険を回避できたりトラブルを未然に防ぐことができたりもするため、憑依自体は特に悪いことではないと感じるかもしれませんが、それはやや早計な考えだといわざるを得ません。   というのも、憑依はたしかに感覚が敏感になることで日常生活の中でメリットを享受することができますが、その一方で精神的な負担が非常に大きく、そのままの状態でいれば精神が疲弊してしまい、精神疾患などになってしまう可能性もあります。   考えてみても、ずっと感覚が鋭くなっているということは、落ちつく暇がないということでもあり、それはつまりリラックスすることがなく常に緊張状態であるということです。 そんな状態をずっと続けていれば精神的に参ってしまうのも無理はなく、たとえどんなにポジティブな人であったとしても精神的に疲弊してしまい、ネガティブな性格になってしまうでしょう。

原因不明の体調不良

さらに、憑依されることによる大きなデメリットはもう一つあり、それは原因不明の体調不良に見舞われることです。   ですが、原因不明といってもなにも不治の病といったものではなく、ただ単に原因がわからないでなんとなく気だるい感じがとれない、やる気が出ない、モチベーションが上がらないといった現象が起こるということです。   人によっては吐き気などを感じることもあるようですが、一日中寝込むほどの体調不良ではなく、慢性的な疲労状態のような感じが長期間続くというのが憑依の特徴でもあります。   これはさきほどの感覚が鋭くなることによって、精神的に疲弊してしまった後に生じることでもありますが、憑依は決してメリットが多いわけではなく、どちらかというとデメリットのほうが圧倒的に多いものなのです。   風邪などでは病院に行って薬をもらって、ゆっくりと眠って休むことにより回復しますが、憑依されている状態ではそういった治療はまったくのムダであり、医者には治せない症状であるといえるでしょう。   憑依から生じる症状は、自分に憑依している霊を浄霊する必要があり、それには霊能者などに依頼することが効果的になります。   なので、もし今現在、「ひょっとしたら自分は憑依されているのではないか?」と感じている人は、まずは神社に行って浄霊してもらうのが効果的であり、それでもダメだった場合には霊能者を活用することをおすすめします。

憑依されやすい人の体質

Young beautiful woman sitting on bed at home

Africa Studio/shutterstock.com

憑依とは霊にとり憑かれている状態であることは述べましたが、その憑依されやすさは人によって大きく異なります。   さきほどもいいましたが、基本的には霊感が強い人などは霊を引き寄せることが多いため、その分霊に憑依されることが多くなっています。 これは生まれつきの体質でもあり、霊感は先天的なものでもあり後天的なものでもありますが、霊に敏感な人が霊に好かれやすいのはある意味当然であるといえるでしょう。   しかし、霊に憑依されやすい人はなにも霊感が強い人だけではなく、そういった人たちにはなにかしらの共通点があるのも事実です。 憑依体質を持っているかどうかは人によって異なりますが、憑依体質の内実はほぼすべての人に当てはまることですので、自分が憑依体質かどうかを理解しておくことは大事なことだといえるでしょう。   そこでここからは「憑依されやすい人の特徴」についてまとめていきます。 自分は憑依体質なのか否か興味がある人や、憑依についてもっと深く知りたいという人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

1、虚弱体質

憑依されやすい人の特徴の一つ目は「虚弱体質」です。   これは憑依されやすい人の特徴の中でももっとも多い特徴であり、おそらく憑依されている人の大半は虚弱体質なのではないでしょうか。   虚弱体質というのは、元々体が弱い人のことであり、よく風邪を引いたり体調を壊すことが多かったりする人のことを指します。 こうした人はウイルスや細菌などに弱いだけではなく、霊や邪気といった負のエネルギーを内包しているものにも弱く、普通の体質の人よりも圧倒的にその影響を受けやすくなっています。   虚弱体質の人は免疫力が弱い傾向にあり、それに伴って生命力なども弱くなっており、霊や邪気などはそういった部分に惹かれて憑依する傾向があるのです。   普通の人であるなら、そこで自分が持っているプラスのエネルギーなどで追い払うことができますが、虚弱体質の人は抵抗力が弱いためにそのままダイレクトに影響を受けてしまうのです。   そのため、虚弱体質の人は霊に憑依されやすく、その影響もかなり強めに受けてしまうことになります。   こうした人はまずは免疫力を高めることが先決であり、自分の体質を変えるように努力する必要があるでしょう。 おそらく虚弱体質な人は、アウトドアよりもインドアな傾向があり、あまり頻繫に外出などをしていないはずです。   なので、まずは積極的に自然と触れ合う時間を増やし、体の免疫力と生命力を強めることからはじめてみましょう。

2、マイナス思考

憑依されやすい人の特徴の二つ目は「マイナス思考」です。   これも、憑依されている人にはよく見られる特徴であり、影響を受けている人のほとんどはポジティブというよりもマイナス思考でネガティブな傾向をしているでしょう。   なんとなく察しがつくように、霊というのはマイナスでネガティブなものに惹かれる傾向があります。 そもそも、霊の中には守護霊などのいい霊がいるのも事実ですが、その大半の霊は憎しみや恨みなどのネガティブな感情を内包しているのが一般的であり、決してポジティブな存在とはいえないでしょう。   いわば負のエネルギーの集合体である霊が、同じく負のエネルギーを持っている人間に惹かれるのは当然であり、それは個人の性格的な問題でもあります。 普段からネガティブなことばかり考えていたり、何をするにしてもマイナス思考でしか物事を捉えられないような人は、自分から霊を引き寄せているといっても過言ではありません。   霊はそういった人に憑依し、負のエネルギー同士で結合することにより、力を強めて実にさまざまな症状を体に引き起こします。 憑依されたくないと思っているのであれば、できるだけ前向きでポジティブでいることを心掛け、霊のマイナスエネルギーに負けないようにしてみましょう。

3、虚無主義

憑依されやすい人の特徴の三つ目は「虚無主義」です。   虚無主義とは、世の中のどんなことにも価値がないと思い込んでいる人のことであり、いわば一種の絶望状態になっている人のことを指します。   現代ではよく「メンヘラ」といった言葉で表現されることもありますが、基本的に虚無主義の人にとっては人間がやっていることはすべて無意味であり、人間がいるからこそ世の中は醜くくて穢れているという思想を持っています。   これは霊にとっても非常に共感する思想であり、霊も人間や社会に対して恨みや憎しみを抱いているケースが多いので、そうした思想を持っている人は霊に憑依されやすくなっているといえるでしょう。   虚無主義は簡単には治らない症状でもあり、現代社会が生み出した現代特有の世界観であるといえます。 そうした世界観を持っている人を塗り替えるのは非常に困難であり、適切な考えではないでしょう。   なので、こうした人は憑依されている霊を浄霊するのが先決であり、そのあとで虚無主義を少しずつ治していくのが得策です。   虚無主義はその人の世界観そのものですので、無理やり変えるよりも、まずは霊の憑依から取り除くようにしましょう。

4、乱れた生活習慣

憑依されやすい人の特徴の四つ目は「乱れた生活習慣」です。   乱れた生活習慣というのも、霊からしてみれば憑依しやすい状態であるといえます。 というのも、一つ目に虚弱体質の人は憑依されやすいといいましたが、その根本的な原因は当人の免疫力や生命力の弱さにあります。   そして、乱れた生活習慣というのはまさに人間の免疫力や生命力を弱める習慣であり、霊にとっては非常に憑依しやすい状態なのです。   特に食生活や睡眠といった部分が大きなポイントであり、この二つは人間の免疫力にダイレクトに影響を及ぼすことになりますので、この二つが乱れていればその人の免疫システムは皆無であるといっても過言ではないでしょう。   また、運動不足なども免疫力を弱める結果となりますので、定期的に体を動かす習慣をつくることも大事だといえます。   霊は免疫力が弱く、生命力が弱まっている人に特に憑依しやすくなっています。 しかし、それらは自分次第でいくらでも高めることができますので、よく風邪を引いたり体調を崩しがちな人は、まず免疫力を高めることからはじめてみましょう。   十分に免疫力が高まれば、おそらく霊に憑依されることもなくなるはずですよ。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

この憑依されやす人の特徴では生活習慣の乱れだけ自分に当てはまっている。私は憑依とかそういう幽霊的なものはあんまり信じてないんだけど、実際に憑依された場合ってどんな感じなんだろうな?されたとしても気づかなそう。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー