島根県でのデート、どこに行けばいい?島根県のデートスポット7選

島根県でのデート、どこに行けばいい?島根県のデートスポット7選

2067
update

島根県で有名なものと言われてもあまりピンときませんよね。しじみが有名と言いますが、どこか存在が薄くなってしまうと思います。そんな島根県でも楽しいデートスポットはいくつもあります。今回は、島根県のおすすめデートスポットを紹介します。

2067
update

島根には何がある?

A flood bridge called Wish Bridge in Kitsugimachi, Shimane Prefecture, Japan.

Tamotsu Ito/shutterstock.com

あなたは島根県と聞いたら何をイメージしますか?

特に「これ」といったものがないと思ってしまう人も多いかもしれません。

だからといって、島根でのデートは楽しめないということはありません。

島根県には様々なデートスポットがあり、どのスポットも楽しめるものばかりなんです。

恋人とデートしたいけど島根では何も出来ないと思っている人もきっと島根の良さを再確認することが出来ちゃいます。

そこで今回は、島根県のおすすめデートスポットを紹介します。

しまね海洋館アクアス

aquas.or.jp

島根県のおすすめデートスポット1つ目は、「しまね海洋館アクアス」です。

島根県浜田市にあるこちらの水族館は、「しまねの海から日本海、そして世界の海へ…」というコンセプトで2000年にオープンしました。

オープンからまだ20年も経っていないのですが、西日本で唯一シロイルカを見ることが出来たり、約400種の生き物を見ることが出来るということから、連日多くの人たちがこの水族館に足を運んでいるほど、島根では人気の施設のひとつです。

2007年にあるCMでこちらで飼育されているシロイルカが登場したことから島根県民だけではなく他の地域の人たちからも注目されるようになりました。

しまね海洋館アクアスでしか見られないシロイルカのパフォーマンス、「バブルリング」も見逃してはいけません。

「幸せのバブルリング」は一度見たら虜になってしまうくらい素敵なパフォーマンスです。

もちろんシロイルカだけではなく、ペンギン、イシダイ、スズキ、レモンザメ、オウムガイなど様々な生き物たちが自由に泳いでいる姿を観賞することが出来ます。

特にペンギン館は全国的に珍しい逆L字型のアクリル版を使用しているため、観客はペンギンの泳ぐ姿を正面からだけではなく頭上からも楽しめます。

海の生き物たちの様々な姿を観賞することが出来るので、新しい発見があるかもしれませんね。

  • しまね海洋館アクアス
    かわいい海の生き物がたくさんです!
    ペンギンや白イルカのショーも!
詳細はこちらから

島根県立美術館

www.kankou-matsue.jp

島根県のおすすめデートスポット2つ目は、「島根県立美術館」です。

島根県松江市にあるこちらの美術館は、21世紀の文化拠点として開館し、山陰地方では最大規模になっています。

「水と調和する美術館」というのがコンセプトになっており、水が描かれた作品を多数収蔵、展示しています。

日本夕日百選に選ばれている宍道湖の夕日鑑賞には絶好の場所にあることから、屋上展望テラスの設置がされていたり、西側は全面ガラス張りになっていたりと夕日鑑賞をも出来る美術館なんです。

島根県立美術館には、縁結びスポットがあります。

それは、野外彫刻作品の「宍道湖うさぎ」です。

湖岸の芝生を元気に12匹のうさきが跳び跳ねているのですが、特に注目したいのが、宍道湖側から数えて2番目のうさぎです。 西の方角を向いてうさぎを優しく撫でると幸せが訪れると言われていますので、是非優しく撫でてあげて下さい。

ミュージアムショップでは水晶とローズクオーツで作られたミニチュアのうさぎが販売されています。

これをお守りにして持っているといいことがあるかもしれません。

美術館周辺にもカラコロ工房のピンクのポスト、八重垣神社の占い、玉作湯神社の願い石などが、縁結びスポットとして注目されています。

  • 島根県立美術館
    館内には、多くの美術品があります!
    ミュージアムショップでは、ここでしかないものを購入することも!
詳細はこちらから

仁摩サンドミュージアム

www.sandmuseum.jp

島根県のおすすめデートスポット3つ目は、「仁摩サンドミュージアム」です。

島根県大田市にあるこちらの博物館は、世界一大きな砂時計があります。

1年砂時計「砂暦」は、タイムホール中央の地上8mの空間に据えつけられており、フロアにも同じ容器の砂時計が設置されています。

仁摩町には全国有数の鳴り砂の浜「琴ヶ浜」があるのですが、その鳴り砂の保安と環境保護を願って一年砂時計は設置されました。

1トンの砂を一年かけて落とすので、普段私たちが見る砂時計とは迫力が違います。

毎年12月31日から1月1日にかけては「時の祭典」というものが行われており、ここで一年砂時計をロープで反転させます。

それ以外ではこの一年砂時計が反転することはないので、この機会でしか見ることが出来ないんです。

仁摩サンドミュージアムでは、この砂時計以外にも世界の砂のコレクションや鳴り砂の秘密について展示されているコーナーがあります。

また、ガラス工芸体験をすることも出来、30色以上あるガラス棒から好きなものを選びバーナーで溶かしてしずく玉を作るバーナーワーク、60種類以上から選んで作れるクリアキャンドルなどがあります。

見るだけではなく体験することで、さらに楽しさを感じることが出来ますよね。

  • 仁摩サンドミュージアム
    世界一大きな長い砂時計も!
    その他にも色んな施設があります!
詳細はこちらから

島根県宍道湖自然館ゴビウス

www.izumo-kankou.gr.jp

島根県のおすすめデートスポット4つ目は、「島根県宍道湖自然館ゴビウス」です。

島根県出雲市にあるこちらの水族館は、島根県内の川や宍道湖・中海に生息している生物を展示しており、2002年に第22回緑の都市賞審査委員会奨励施設緑化部門を受賞しました。

「もっと知ろう ふるさとの自然 親しもう 水辺の生き物」をテーマに、島根の自然の魅力を発見し、再認識する場になるように日々営業しています。

ゴビウスという名前が一度聞いたら忘れられないくらいインパクトのあるものですが、これはラテン語で小さな魚を表す言葉なんです。

島根県宍道湖自然館ゴビウスでは、シラウオを全国の水族館で初めて1年間の継続展示に成功させました。

また、特別天然記念物に指定されているオオサンショウウオも展示されています。

入口に入ると正面には大型の円形水槽があり、ここでは季節によって様々な魚の群れを楽しむことが出来ます。

宍道湖・中海で見ることが出来る魚たちも様々な水槽や大型ジオラマ水槽で見ることが出来ます。

こちらでは、毎月「ゴビウス生きもの観察会」というイベントが行われていたり、年間パスポートを持っている人だけが参加出来る会員型イベントもあります。

年間パスポートは大人の場合1400円で販売していますので、購入を検討してみて下さいね。

  • 島根県宍道湖自然館ゴビウス
    180種類の生き物が過ごしています!
    静かな空間で、のんびり生き物を見ることができます!
詳細はこちらから
この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

小学生の頃、家族でアクアスに行って、いつか恋人ができたら一緒にアクアスに行きたいなって思ったことを思いだしました・・・ホロリ。それから砂時計(少女漫画)を読み、大きくなっても一緒にアクアスに行く人は現れず・・・とりあえず出雲大社に縁結びを祈願しに行かなくては。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー