お車代って何?結婚式で欠かせない基本知識を理解しよう

お車代って何?結婚式で欠かせない基本知識を理解しよう

3047
update

これから幸せのスタートとなる結婚式を考えている人へ、「お車代」という言葉をご存知ですか?もし知らないと…大恥をかいて、新生活に影を落としてしまうかも?今回はお車代について記述しますので、結婚式の基本知識として身に付けておきましょう。

3047
update

お車代とは?

車

Tanasan Sungkaew/shutterstock.com

「お車」代とは言いますが、これは何も「結婚式に来ていただけるに辺り、使用した車の燃料代」とか「掛かった交通費」に限ったことではなく、あくまで比喩表現となります。

結婚式において、格別何らかの役割を果たされた方や、何かを努めていただいた方に対する「お礼」であり、それをお車代という名目で渡すものなのです。

具体的には主賓、遠方のゲスト、受付、余興者など…つまり、一般ゲスト「以外」を指すと考えて良いでしょう。

では、どうしてそのような特殊なゲストと一般ゲストで差があるのか、お車代の有無が決まるのか、ゲストには変わりないのに不思議に思われる人もいるかと思います。

それについては、要は「こちらからお願いしたこと」、そして「わざわざ遠方から来ていただいたこと」に集約されていると言っても良いでしょう。

お車代とは、「皆に感謝の気持ちがあるものの、特に感謝すべき人物」に対して行うものなのです。

ということで今回、お車代について知るところをお伝えしますので、結婚式における基本知識として、「常識」として身に付けておくようにしましょう。

案外忘れてしまうところですので、結婚式の話を進める際にも意識しておくことが重要です。

お車代の相場

Money

ElenaR/shutterstock.com

まずはお車代の相場についてからですが、まあ直接的に金額が関わる話ですので、ここが正直最も気になるところになるのではないでしょうか?

では早速相場をご紹介しますが、これはゲストの属性でいろいろと違っていて、乾杯の音頭を取ってくれたゲストと、遥か遠方から足を運んでいただいたゲストでは差があります。

具体的には、まず乾杯の音頭を取ってくれたゲストや主賓のお車代は、最低でも1万円で後は予算との兼ね合いで上乗せして行き、最大で3万円と思っていただいて良いでしょう。

新郎新婦から依頼しているという状況上、可能な限り3万円を目指したいところなのですが、切実な問題になるのでそこは二人でご相談下さい。

これの注意としては、お車代はその名のとおり「交通費」の負担を担いますので、そのゲストが足を運ぶ際にどの程度の費用が掛かったのかを、知っておく必要があります。

だから、あくまで1万円というのは「そのゲストの交通費が1万円を下回る場合」のみで、そもそもゲストの交通費が1万円を超えるのであれば、それを下回ってはいけません。

そしてこの交通費、具体的な計算はゲストのみぞ知るところですので、直接聞く訳には行かずに困るのでは?という疑問があると思います。

それについては、そのゲストが足を運ぶ際に考えられる交通手段の、「最大費用」で考えておくのが無難です。

次に遠方からのゲストですが、基本は「全額」状況により「半額以上全額以下」と考えて、可能な限り全額を負担すべきだと思われます。

遠方ということで航空機の利用も考えられ、全額負担はかなりの金額になることから難しいのですが、そこも伴侶と相談し合って全ての遠方ゲストに対して割合を一律にしておきましょう。

算出方法は、この場合は航空機であることが分かっていますので、チケット代を参考にすれば良いので比較的簡単に算出ができるものと思われます。

ただ注意として、過去あなたがその遠方からのゲストの結婚式の際、掛かる交通費を全て負担していただいた経緯がある際は、そのゲストの交通費は無条件で全額負担です。

もっともそれはそのゲストに限ることで、他の遠方ゲストについては割合を一律にしておいても差し支えはないでしょう。

つまり、受けた恩恵はそのまま返してあげるという考えを持つことが重要で、それを念頭に置けば多くのお車代の算出は可能になるものと思われます。

ここでケチな気持ちが生まれて、相場に満たないお車代だったり自分が受けたお車代と同等でないと、お金が直接関わることから今後に高い確率で遺恨を残してしまいます。

確認しなければならないこと

確認

GaudiLab/shutterstock.com

お車代に関わることで確認しなければならないことと言えば、何よりまずは「お車代を渡すゲストのリストアップ」他ないと言えるでしょう。

まずは人数を確認しておいて、その後に金額を考えるのが当然把握しやすいですし、総計でどの程度の費用が掛かるのかの算出もしやすくなります。

だからまず何より始めに、お車代を渡すゲストのリストアップを行なって、人数をしっかりと把握した上で以降の確認を行うようにして下さい。

ここで躓いてしまうと、その後のお車代算出作業の全てが狂ってしまう、または特定のゲストに無礼を働いてしまうことになりますので、慎重にリストアップをしましょう。

では次の確認ですが、そのゲストに対して本当にお車代が必要なのか、その有無についてです。

と言うのも、あなたがそのゲストに対して事前に交通費を手渡していたり、足を運んでもらった際の宿泊場所、その他必要経費をすでに負担していることも考えられます。

その際は「事前のお車代」が成立している訳で、結婚式において改めてお車代を出す必要がありません。

その他、あなたや伴侶とゲスト間でお車代が必要ないとやりとりをしている、また格別お車代が必要ないという旨を受けている場合も、結婚式当日にお車代は必要ありません。

次はゲストの交通費がいくら掛かったのかの確認で、これは直接ゲストにそれを聞けないという特性上、ご自身で調査をするしかないので面倒なところがあります。

普通に考えて、結婚式当日に「今日の交通費いくら掛かったの?払うよ」なんて絶対に言えないと思いますし、その調査は自分でするしかないと思うのです。

もっとも、そのゲスト宅からこちらに足を運んでいただける際に、考えられる最大の費用を考慮しておけば、後はネットで簡単に調べられるでしょう。

そして、その交通費に加え宿泊する必要があるのなら、宿泊施設の手配とそれに掛かる費用の算出、加えて別途必要経費を払うことも忘れないようにして下さい。

最後は予算の総計の算出で、上記「ゲストの人数」、「お車代が必要が否か」、「最大の交通費と必要であれば宿泊施設」が分かれば、おのずと算出されるでしょう。

ここでお車代の全額が判明するので、後はあなた方の予算に応じたお車代を包めば、お車代に関わる作業は一旦おしまいとなりますのでかなり気は楽になると思います。

なお、できればお車代に関する費用は余分に考えておいた方が、算出ミスなどのフォローができてかなり有効になるでしょう。

結婚式自体多額ですので難しいかもしれませんが、特別なゲストに無礼を働かない保険と考えれば、余分に考えて然るべき事項になると思います。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

確かにそこまで親しくない友人の場合悩みどころかもね。いらないって言われてもあげた方がいいだろうけど、自分がその人の結婚式に行くかもわからないしね。

私はまだ結婚してないけど、お車代はとりあえず遠方から来る人には全額あげた方がいいと思う。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー