あなたの生命力を表す?生命線の意味とその見方について

あなたの生命力を表す?生命線の意味とその見方について

3289
update

生命線については、学生時分によくその長短で寿命が長いとか短いとか、他愛のない会話を友人とされていたと思います。ですが実際の生命線の意味をご存じでしょうか?今回はそれをお伝えするのと、改めて生命線の見方についてもご紹介します。

3289
update

「生命」だけに生命が絡む?

生きる

Ervin-Edward/shutterstock.com

「生命線短いから寿命が短い!」とか、「生命線が長いから長生きだね」なんて、幼少の頃にそんな他愛のない話に花を咲かせたり、多くの人は一度はそのような経験があるのではないでしょうか?

実のところ生命線というのは、そのくらい幅広い認知度があるのが事実で、手相の中でもズバ抜けて話題に上がりやすい、世間に浸透している手相と言っても過言ではありません。

ではそんな生命線、本当にその長い短いでその人の寿命を表しているのかと言うと・・・本当のところは、「結果的に」寿命が関わるのかもしれませんが、直接的な関連性はないようです。

となれば生命線が実際何を意味しているのか、寿命でなければ一体何を示しているのか、すなわち生命線の本当の意味について知りたいところですよね?

今回はそんな生命線の意味を具体的にご説明しますので、生命線の本当の意味をしっかりと理解して、「結果的に」寿命を延ばせられるよう、末永く健康でいられるようにしましょう。

なお生命線の場所についてですが、多くは手のひらを見れば太めの3本線が見えると思いますが、その最も正面から見て下部にある線を指します。

親指と人差し指の付け根の間から、ほとんどの場合手首方向に向かって伸びている線が生命線となりますので、前提としてまずはそこを覚えておいて下さい。

「普通の」生命線は逆に珍しい

普通

Photographee.eu/shutterstock.com

後述もしますが、生命線にもいろいろありまして、一概に生命線を一括りにはできないのですが、いわゆる「普通」と言えるものは一応あるようです。

具体的には、親指と人差し指の中間あたりから伸びて、軽く綺麗なカーブが掛かりつつ手首に向かっている、またはカーブ後にほぼ直線上に伸びているものが「普通の生命線」と言えるでしょう。

特に長くもない、短くもない、枝分かれ等の特殊な形状をしていないなどなど、これと言った特徴がないだけに「普通」と言えるのだと思われます。

その普通とも言える生命線を基準にして、後は「長い」「短い」とか「形」などを見て様々な判別をすることになるのですが、ではその「普通」がどのような意味になるのか気になるところですよね?

「普通」と言うからには、多くの方がその手相、またはそれに近い手相と思うのがそれも普通な訳で、むしろそのような一般的な生命線ほど知りたいと思う人の方が多いと思うのです。

極端に長かったり短かったり、特殊な形状をしている生命線の意味は語られていますが、完全に「一般的な生命線」である場合の生命線が示す意味は、意外と語られていないのが現状なのです。

ですのでここでその謎をご説明させていただきますが、多くの人は「一般的」と聞いて「大したことのない手相」という風に捉えてしまい、この時点で興味をなくしてしまうことだと思います。

ですが実は案外そうでもなく、長くも短くもなく綺麗な一本線がカーブを描いている生命線というのは、実は「とても珍しい」手相なのです。

実際は極端に長かったり短かったり、特殊な形状をしている方の生命線こそ「普通」で、上記の普通というのは普通に非ず、むしろ稀少であることを覚えておきましょう。

ではそんな稀少な「普通」の生命線の意味ですが、この手相はかなり良い意味が含まれていて、主に健康的な人生を送ることができる、寿命を全うできると言われています。

さらに、その線が濃い場合は運勢的な面でも優遇されるとされていて、幸運が舞い込んできやすいとか、自分の都合良く物事が運ぶなど、何事も上手くいきやすいという特徴もあるようです。

そんな良い手相です。

あなたもじっくり目を凝らして手のひらを確認されたと思いますが、おそらくはちょっと短いとか先端だけほんの少しだけ枝分かれしているなど、微妙に「普通」ではないのではないでしょうか?

つまり、先にもあるようにそれだけ稀少であるのがこの「普通」の生命線で、手相が後年で変化することを期待して、今後はそんな「普通」の生命線を目指して健康志向となってみては如何でしょうか?

言って簡単にできるものではなく、しかもそれをすれば必ず健康になるかは運次第なところがありますので、実のところはとても難しいことだと思いますが、健康になるための努力はやってみて損はないのです。

まあそれだけ「難しいこと」ですので、そんな普通な生命線となるのを困難にしている、そしてこの生命線を稀少にしているところがあるのですけどね。

特殊な生命線(長さ)

長い

Daniel_Kay/shutterstock.com

では、「普通」ではないのに「よくある」生命線となる、「長い」「短い」についてご紹介しますが、おおよそこの要素こそが「生命線」の認知度を引き上げた原因と言えるのではないでしょうか?

生命線の長い短いこそ、世間で言われる「寿命の長短」を決めつけたところがあって、多くの人はまずここが一番気になるところだと思うのです。

では早速ご説明しますが、生命線が親指際の手のひらの膨らみにまで来るような「長い」場合は、体力が十分にある、生命力が強い現れになるようです。

さらにとても活発でエネルギーに満ちあふれていて、何をするにでも勢いが良かったり、突き進む傾向が強いようで、周囲から見てもエネルギッシュさを伝えることができるほどです。

この事から、体を動かす何かをすることが大成の秘訣となりますので、どんなことでも積極的にチャレンジしてチャンスを見出し、それを掴もうとする姿勢を保つことが必要になります。

逆に生命線が短い場合ですが、これはもうある程度ご想像ができることかと思いますが、いささか生命力が弱いとか身体があまり強くない、エネルギッシュさに欠けてしまっているようです。

そんなですから病弱な傾向があり、すぐに寝込んでしまうとか風邪をひきやすいなどがあり、普段から健康に気を払う必要があると言えます。

活発さも生命線が長い人より幾分劣るようで、今後の健康を意識して体作りをするとか、普段から自分の体に配慮する姿勢が求められるでしょう。

簡単なもので、ウォーキングなどを毎日繰り返していれば、それだけでも体の調子は大きく良い方向に向かいますので、そのようなことを続けて生命線を延ばしてしまいましょう。

なお、冒頭にあるような「寿命が短い」ということはなく、あくまで生命力的な意味でしかありませんので、そこを履き違えてはいけません。

もっとも、生命力が弱ければそれだけ生命維持が難しくなるのが自然ですので、やはり切り離せない関係とも言えますので、できることなら意識して改善を試みた方がベターなようです。

特に普段から引きこもっているとか、休日は自宅で一人になることが至上の喜びとなるような人は、生命線が短い傾向がありますので要注意だと考えられます。

このように、同じ生命線でも「長い」「短い」で大きく意味が異なりますので、自分の生命線をよく見てみてその長さを普段から確認しておくようにしましょう。

生命線もその他の手相と同様、後年で変化していきますので、日常のチェックは必ずやっておくべきなのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

私の生命線も枝分かれしています。枝分かれしている年齢のタイミングでどっちを選択するかによって寿命が変わるって思ってたけど、食生活とかの生活習慣と関係があるんだね。

普段から規則正しい生活習慣にするように気をつけよう。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー