黒色の意味を徹底解析!印象やその心理を知ろう

黒色の意味を徹底解析!印象やその心理を知ろう

2092
update

黒色って、人によってその印象は様々だとは思いますが、ほとんどの場合はその色のとおりダークな意味であると解釈されていると思います。ですが実のところ、それだけに収まらないようです。今回は黒色の意味を徹底的に解析してみます。

2092
update

世間の「黒色」

黒

Dzha33/shutterstock.com

黒色と言えば衣類や小物、その他生活の様々な場面に溶け込んでいる身近な色で、もはや人にとって欠かせない必須の色という認識で良いでしょう。

そして夜とか闇のイメージなどもあり、それはどちらかと言うとネガティブなもので、恐怖を抱く人も決して少なくないのではないでしょうか?

この事から黒色には、必須の色という認識がある反面そのようなネガティブさも印象として強いという、両極端な特徴を持つ異質な色と判断できます。

さらに色の中でも黒色というのは、どのような色にも黒色を混ぜることで結果的に黒色となってしまうという、極めて強い主張を持っています。

ではそんな黒色には、一体どのような意味があるのか気になるところなのではないでしょうか?

今回はそれを、黒色の意味を徹底解析するのと、人の黒色に対する印象や伴う心理も含めてご説明しますので、黒色という色を改めて知ってみて下さい。

多くは黒色に対してダークな印象を受けたり、そのような雰囲気があると感じられると思いますが、黒色はそれに限らないところもあるようで必見です。

もしあなたがそのような印象を持たれているのなら、今回の内容をご覧になった後は黒色の印象が大きく変わるかも?です。

黒色の意味

黒

PopTika/shutterstock.com

黒色という色は、明るい場所に晒さなければ目立たない、周囲に溶け込む色合いであることが伺え、そこはどことなく消極的な印象が見受けられるのは、黒をよく扱う人であればよく分かるかと思います。

赤や青より、黄や緑よりも決して前に出ず、あくまで他の色を引き立たせる状況の方が圧倒的で、黒をメインとしてしまうのは特定の条件下以外では、なかなか選択肢とされないのが普通なのです。

そんな黒色の意味ですが、上記のような目立たない、周囲に溶け込むという要素が強いことから、「自分自身が目立ちたくない」とか「自分に視線を送らないでほしい」という意味があるようです。

つまり、大ざっぱではありますが「消極的」とか「控えめ」、「後ろ向き」などなど、そういうネガティブな意味であるのが黒色の基本的な解釈になると言えます。

その他自らの本音を隠したいとか、自分の本心を相手に悟られたくないなど、「隠し事」的な意味合いも持っているようで、とにかく黒は周囲より一歩引いていることが伺えます。

このように、黒色でよくあるネガティブな印象というのは遠からずで、おおむね黒の意味というのは誰もが思う「黒色の印象」で、それほど間違いではないと考えられます。

黒色を選ぶ人の心理

心理

Chinnapong/shutterstock.com

では次に、黒色を選ぶ人の心理についてですが、これについては前項の黒色の意味合いの説明内容から、多くの人はある程度その心理について察することができるものかと思われます。

具体的にですが、黒色が消極的な意味合いを持つことから、黒色を選ぶ人というのはまず前項のとおり「見てほしくない」「目立ちたくない」、「周囲に溶け込みたい」という心理が働いていることが分かります。

黒色であれば、その色の特性から実際周囲に溶け込むことができますので、その心理にマッチしている黒色というのは、自然と黒色をそのような心理の人に選ばせてしまうのでしょう。

ですので、黒色を選ぶ人の心理というのは、黒色の意味と同様ネガティブな心理によってそうさせられているという背景があり、まずはそこが基本となるものと考えられます。

さらに、黒色に「隠し事」的な意味合いがあることから、本当の自分を見せたくないとか本音を知られたくないなど、そういう心理で黒色を選ぶ人も少なからずです。

何せ黒色は「見てほしくない」「目立ちたくない」、「周囲に溶け込みたい」を叶えてくれる色なのですから、その心理であれば黒色の意味を踏襲した思考を持つのも自然と言えるのです。

「見てほしくない」「目立ちたくない」「周囲に溶け込みたい」、そして「隠し事がある」…この事から分かるのは、黒色を選ぶ人の多くは自分に自信が持てない傾向が強い人なのだと思われます。

もっともこれでは、ゴシック系などを好む人や黒色のスーツを着て出勤している男性なども、全て自分に自信が持てない人なのかという疑問が現れます。

これに関しては、まずゴシック系などを好む人に関しては、あくまでその黒色は黒色がメインで前面に出ていたとしても、所詮その黒は「自分を引き立たせるため」のものです。

そういう服装をファッションとして取り扱っているのですから、ファッションはその中身を引き立たせるツール…すなわち、いくら黒色がメインでもそれは「自分」という存在の二の次でしかない訳です。

だからそのケースにあっては自分に自信がないという要素は当てはまらず、むしろ消極的な意味合いを持つ黒色で自分を引き立てようとする姿勢は、逆に積極性に溢れていると言っても良いでしょう。

次に黒色のスーツを着た男性ですが、これはあくまで「仕事着」、仕事を円滑に行うためのゴシック系が好きな人と同様「ツール」であり、いわゆる普通に黒色を選ぶ人とは明確に違います。

黒色のスーツを着ている男性というのは、「仕事のために」あえて黒色を選んだだけであって、これが逆に赤色とか紫色のスーツでは無礼であると判断した上での行動なのです。

つまり「社交辞令」とか「常識」を大切にした上、そしてTPOを弁えた行動であることから、おのずと自分に自信がないという心理が当てはまらないことが分かると思います。

ただしこのスーツ、男性によっては「黒色を自然と選んでしまうネガティブな心理」により、選んでしまうことも案外あるようです。

と言うのも、黒色が「隠し事」的な意味合いがあることは先にあるとおりですが、男性は本音をひた隠しにして生きる傾向がありますので、そのために黒色が選ばれた可能性もあるのです。

仕事でどれだけイヤなことがあっても、日常でどれだけイヤなことがあっても、それを必死に隠そうをするその姿勢がネガティブな心理を生み、黒色を選ばせたという背景があるかもしれません。

特に機械的に日々働く男性などは、社会に反してしまうことで自分の立場が危うくなることから、自分という個性を全て包み隠して働こうとする…この心理であれば、黒色を選んでも仕方がないと言えます。

何となく悲しい背景ではありますが、男性は比較的女性より社会から厳しい目を向けられるので、それに伴ってそのような心理になるのは、性別上仕方がないところがあるのです。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

黒が好きな人って、目立ちたくないとか思っていたのかな。

その逆で、目立ちたい、自信満々の人のように見えたけど、本当は自信がなかったんだと思うと、ちょっと可愛く見えますね。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー