【紫オーラ】カリスマ性溢れる紫色のオーラをしている人の特徴とは?

【紫オーラ】カリスマ性溢れる紫色のオーラをしている人の特徴とは?

2215
update

みなさんは「オーラ」についてどこまで知っているでしょうか。おそらくほとんどの人は「オカルト」という印象を抱いているでしょう。しかし、実はオーラには何種類もの色が存在し、その色によって本人の性格などがわかるのです。ここでは紫色のオーラについてまとめていきます。

2215
update

カリスマ性を持つ紫色のオーラをしている人

Explosion of colored powder on white background

Vandathai/shutterstock.com

あなたは「オーラ」という概念についてご存知でしょうか?  もしくは、誰かに一度「紫色のオーラをしている」と言われたことはありませんか?   おそらく多くの人は一度は「オーラ」という言葉を耳にしたことがあるとは思いますが、実際にオーラがどういったものなのかをきちんと把握できている人はかなり少数でしょう。   実際、現代でのオーラの立ち位置は、「スピリチュアル」や「オカルト」といった領域に属しているものであり、多くの人は「胡散臭い」「怪しい」「インチキ」といった印象を持っているはずです。   たしかにオーラというのは現実に見える人と見えない人が存在するのが事実であり、一般的には霊能者のような人でもないかぎり、人間を包んでいるオーラを実際に目で見ることはできません。   そもそもオーラとは生命エネルギーといっても間違いではなく、それは必ず誰もが持っているものなのです。生命エネルギーがない人はおそらく生きることはできないでしょう。   ただ「目に見えない」というだけで、オーラのような概念は科学的に否定され、その存在すらなかったことにされてしまいます。   しかし、自分のオーラについて深く知ることで、自分の心理的な面や性格や感情といったことを把握することができ、それらの情報は間違いなく現実の世界で役に立つものになるでしょう。   そこでここからは、カリスマ性を持っている人が多いといわれている「紫色のオーラ」について詳しくまとめていきます。 オーラについて詳しく知りたいという人や、過去に紫色のオーラをしているといわれたことがある人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

パワフルで情熱的なオーラ

Red wine stain isolated on white background. Realistic wine texture watercolor grunge brush. Dark red mark, watercolour drawing.

VicW/shutterstock.com

スピリチュアル的な観点からいうと、紫色のオーラをしている人はカリスマ性を持っており、パワフルで情熱的な性格をしているといわれています。   オーラにはそれぞれ人によって色が異なり、その色によって個人の性格傾向や世界観なども大きく変わってきます。   たとえば、赤い色のオーラをしている人は怒りっぽいとか、青いオーラをしている人は冷静だとか、そういった感じですね。   オーラについて深く知るというのは、こうした色別の性格や特徴について把握することといっても過言ではなく、それはつまり、自分のオーラの色について知ることができれば、自分自身のことを深く知ることができるということです。   基本的に、紫色のオーラをしている人は行動力に溢れており、周りの人間を引っ張っていく性格の持ち主になっています。   口だけで語らずに、実際に行動を起こしていき、その姿で周りの人間を引っ張っていく。まさにリーダーシップに溢れた人物であるといえるでしょう。   しかしその反面、少々独断的で自己中心的な面が際立っている人も多く、利己的な考えに基づいて行動を起こす人も少なからず存在し、力で周りの人間を支配するタイプの人間も紫色のオーラをしているようです。   それぞれのオーラには必ず一長一短があり、人間にも長所と短所が存在するように、決して完璧な人格の持ち主などは存在しません。

自発的に行動を起こす

紫色のオーラをしている人の代表的な部分は、やはり自発的に行動を起こしていくことでしょう。   自発的というのは、周りから何か言われてから動くのではなく、しっかりとした明確な自分の意志を持った上で行動を起こすという意味です。   紫色のオーラをしている人の多くは、社会貢献や他者貢献などの気持ちが人一倍強く、利己主義ではなく利他的な行動に駆り立てられる人が多く存在しています。   さきほどは利己主義もいるといいましたが、それは割合的には少数であり、ほとんどの人は利他的で他人思いな人ばかりなのです。   社会貢献と他者貢献を念頭に置くことで自発的に行動する。   これは周りにいる人たちだけではなく、社会全体のことを思って行動していることであり、とても正義感に溢れた性格をしていなければ到底できないことでしょう。   人によっては自己犠牲もいとわないと思っている人も少なからず存在し、自分が犠牲になることで社会や他人が利益を得ることができるのであれば、迷わず選択する強さも持ち合わせています。   そうした価値観や性格傾向が多くの人に好まれ、人望や信頼の厚い人物として周りの人たちからの人気を獲得しています。

自己実現

さらに、紫色のオーラをしている人は自己実現欲求が人よりも強い傾向があり、これは夢や目標や理想というものを大きく持ち、自分が思い描いている姿を実現しようとする欲求のことをいいます。   人間には誰しも自己実現欲求があるといわれていますが、多くの人はそうした欲求よりも基本的な欲求を満たすことに夢中になっており、実際に自己実現に向けて動いている人はほとんどいません。   多くの人は食欲と睡眠欲と性欲に溺れており、自己実現のために淡々と努力をしたりすることを好まず、ただ目の前の欲求に溺れながら、目先の快楽だけを追い求めながら生きています。   しかし、紫色のオーラとしている人は違く、そうした欲求や欲望に溺れることなく、しっかりと自分がなすべきことを明確にし、その目標に突き進むだけの精神的な強さを持っています。   これは現代においては非常に貴重なことであり、そうした意志の力を持っている人こそ、世の中を動かしていくのだと思います。   紫色のオーラをしている人はまさにそのタイプであり、自発的に社会貢献の行動を起こすことで、社会の中で成し遂げたい目標こそが自己実現の真の姿になっているのです。   そうした人物に人が惹かれるのはある意味必然であり、人間は他人思いの人のことを好む傾向があるため、紫色のオーラをしている人はもっとも好まれやすい人物象であるといえるでしょう。   ですが、欠点としては、あまりに強すぎる自己実現欲求は利己主義に傾いてしまう恐れがありますので、自分の意志はしっかりとコントロールする必要があるといえますね。

紫色のオーラをしている人の特徴

Blue, red, pink abstract cloud of smoke pattern on a black isolated background

Everyonephoto Studio/shutterstock.com

紫色のオーラをしている人の性格的傾向についてザックリと見てきましたが、一言でいうなら人として理想的な人物であるといっても過言ではないでしょう。   カリスマ性とリーダシップに恥じない人望を持ち、自分の目標そのものも社会と他人のことを思ったものである。まさに上に立つ人間の理想的な姿であるといえます。   しかし、オーラによる性格判断はあくまでも判断であって、その精度は100%ではありませんし、紫色のオーラをしている人がみんなこうした性格をしているわけではありません。   血液型性格判断と同じく科学的な根拠などは一切ありませんし、その傾向があるというだけですので、もちろんこれらにまったく該当しない人が存在するのも事実です。   ですが、最低限オーラ別の性格や特徴について知ることができれば、ふとした時に何かの役に立つ瞬間は必ずありますし、何よりも自分のことを深く知ることは生きていく中でも非常に大切なことでもあります。   そこでここからは、「紫色のオーラをしている人の特徴」についてもっと詳しく踏み込んでいきます。 紫色のオーラをしている人には前述した以上にさまざまな特徴があり、その特徴を理解することで自分についても深く理解することができるようになるでしょう。   オーラに興味がある人は引き続くチェックしてみてくださいね。

1、洞察力がある

紫色のオーラをしている人の特徴の一つ目は「洞察力がある」です。    これはおそらく紫色のオーラをしている人の中でもっとも顕著な特徴であり、代表的な傾向であるといえます。 というのも、紫色のオーラをしている人は普通の人に比べて洞察力がかなり鋭くなっています。   これは周りの状況判断能力が非常に優れているということであり、周りの状況を瞬時に判断し、的確な行動を取るためには必須な力であるといえるでしょう。 実際、洞察力がない人は冷静な判断ができないため、何かあるとすぐにパニックに陥ってしまったり、冷静さを欠いた行動をしてしまう傾向があります。   そうした人は周りからの信頼を集めることはできませんし、自己実現などもってのほかでしょう。   冷静に状況を判断し、周りを引っ張っていくには洞察力が何よりも必要不可欠であり、リーダとなるべき人間は総じて鋭い洞察力を持っています。   それは他人を見るときにも役立つものであり、相手のことを信用できるかどうかといったことを見抜く力もあり、綺麗ごとだけ並べて媚を売っているような人の心理を簡単に見抜くことができます。   洞察力は生きていく中でも非常に重要なスキルであるといえるでしょう。

2、大きな夢や目標がある

紫色のオーラをしている人の特徴の二つ目は「大きな夢や目標がある」です。   これも紫色のオーラをしている人の特徴としては非常に顕著であり、紫色のオーラの持ち主は総じて夢や目標を持っています。   そしてその大きさは社会全体を巻き込むほど大きくなっており、自分だけの利益のために行動しているわけではないという特徴を持っているのです。   現代ではこうしたビジョンを持っている人は限りなくゼロに近く、夢や目標を持っている人の大多数は自分のために抱いていることでしょう。   たとえばスポーツ選手にしても「自分がそのスポーツが好きだから」という理由が動機になっていることが多いですし、ミュージシャンも「音楽が好きだから」といった理由でミュージシャンになっていることでしょう。   もちろんそれが悪いことではありませんし、夢や目標を持っていることはとても大切なことです。   しかし、紫色のオーラをしている人は、その夢や目標の動機は自分ではなく他人のためにあることが多くなっています。   もっといい社会を作りたい、人が生きやすく幸せを感じられる社会を作りたい、という動機に基づいた夢や目標を持っている人が多いのです。   この姿勢こそが、きっと周りの人間からの信頼を抱くことになるのでしょう。

3、論理的で合理的

紫色のオーラをしている人の特徴の三つ目は「論理的で合理的」です。   紫色のオーラをしている人は非常に合理的かつ論理的であり、不合理で感情だけの論理は受け入れない傾向があります。   これは、感情だけに振り回されていては結局のところ何一つ前に進まないという意志の強さの表れでもあり、非論理的な思考回路では、決して自己実現を果たすことはできないでしょう。   よく「感情こそ人間には大切な部分だ」という声を聞きますが、たしかにそれも一理あるのですが、現代人は感情を大切にしているのではなく、ただ感情に振り回されているのが現状です。   その自分を正当化するために「感情は大切だ」「喜怒哀楽こそが人間らしさ」だという考えが出てくるのです。   それでは感情の奴隷といっても過言ではありませんし、大きなビジョンを思い描くこともできないでしょう。   紫色のオーラをしている人の根幹には自己実現の欲求があり、行動のほとんどはその欲求のためにあるといっても間違いではありません。 その欲求を満たす、あるいは果たすためには論理的で合理的な行動をとるしか方法はないでしょう。   合理的で論理的な性格傾向は、自分の心理的な影響が大きく左右しているといえます。

4、感受性が豊か

紫色のオーラをしている人の特徴の四つ目は「感受性が豊か」です。   感受性とは、物事から感じられる感性のことであり、この感性が鋭い人は総じて社交的な性格をしています。   というのも、感受性が高くなければ自己実現欲求がここまで肥大化することがないでしょうし、利他的な行動をとることもないでしょう。   他人のことを思って行動できるのは感受性が豊かな証拠であり、それは紫色のオーラをしている人の特に顕著な特徴でもあります。   感受性が豊かな人は、自分はすでに満足している人が多く、だからこそ他人のために行動することができるのです。   他人と同じ生活をしていたとしても、そこから得られることは感受性が鋭い人と弱い人ではまったく違うでしょう。感受性が豊かな人は常に満足と喜びを感じながら生きているのです。   紫色のオーラをしている人はそういた感覚で生きているため、欲望に振り回されることもなく、いたって冷静な判断を下すことができます。   感受性を高めることは、理想的な人物に近づくためには必須なことだといえるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

人によっていろんなオーラがあるのは理解できるんだけど、色の違いとか全然わからない。とりあえず紫のオーラが情熱的ですごいカッコイイのはわかったんだけど、一般の人はオーラの色なんてわからないよね?

色が見えるなら私は白いオーラがいいなぁ。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー