【カエルの夢占い】カエルの夢は転換期を表している?心理と理由を解説

【カエルの夢占い】カエルの夢は転換期を表している?心理と理由を解説

3319
update

みなさんは「カエルの夢」と聞いてどんなことを思い浮かべますか?おそらくほとんどの人は「気持ち悪い」 といった印象を受けるのではないでしょうか。しかし、実はカエルの夢には重要な意味が込められていることが多いのです。ここではカエルの夢占いについてまとめていきます。

3319
update

カエルの夢占い

Tree frog, dumpy frog on leaves

Kurit afshen/shutterstock.com

突然ですが、あなたは「カエル」の夢を見たことがありませんか? もしくは、最近夢の中にカエルが出てきたりはしませんでしたか?   カエルの夢と聞くとなんだか気持ち悪い夢であると感じる人も多いかと思いますが、夢占い的にはカエルの夢にもしっかりとした意味が込められているといわれています。   そもそも、人間が見る夢にはすべて自分の深層心理が影響していると考えられており、それがたとえどんな夢であっても変わりありません。   カエルという生き物が出てくる夢であっても、友達が出てくる夢であっても、スイーツが出てくる夢であっても、そこには自分の深層心理が何らかの形で影響を及ぼしているものなのです。   夢占いというのは、そういった自分の心理を読み解くための有効な手段であり、自分のことをもっと深く知りたいと思っている人にとっては非常に有益な占いであるといえます。   人によっては手相占いなどを信じている人もいると思いますが、手相占いが教えてくれることはおよそ未来と将来に関してであり「今」ではありません。 その点、夢占いは「今」「この瞬間」の自分の心理について教えてくれるため、現実に還元して自分を変えるにはとても効果的な方法となっています。   ここでは、そんな夢占いの中から「カエルの夢の夢占い」についてまとめていきます。 カエルの夢はあまり見ることがない夢であるとはいえ、そこには重大なメッセージが込められていることが多いのです。   カエルの夢を見たことがある人や、夢占いに興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

転換点を表すカエルの夢

Pretty smiling joyfully female with fair hair, dressed casually, looking with satisfaction at camera, being happy. Studio shot of good-looking beautiful woman isolated against blank studio wall.

Cookie Studio/shutterstock.com

カエルの夢は、夢占い的にいえば人生での「転換点」を表しているとよくいわれます。   夢ではよく人や動物などさまざまなモノが登場したりしますが、そういったモノは大体現実世界での何かが置き換わっていることが多くなっています。   たとえば、それは自分のポジティブな感情であったり、あるいはネガティブな感情であったり、恋愛に対するウキウキだったり楽しみを抱いているワクワク感であったりなど、現実の自分が感じていることがそのまま夢の中で人や動物に置き換わっていることがよくあるのです。   そのため、夢占いを行うときは、夢に出てきている人や動物が何を表しているのかをしっかりと見極める必要があるといえ、その見極めを間違ってしまうと夢占いの意味さえも正しく理解することはできないでしょう。   しかし、実際に自分が見た夢が何を表しているのかを正確に読み取ることは非常に困難です。 それこそ夢占いなどのスピリチュアルやオカルト系に興味がある人でもない限りは、自分が見た夢から自分の深層心理を推測することは中々難しいでしょう。   昔から夢は自分の心理を表していると考えられてはいますが、仮にそれが真実だとしても精神分析に長けている人でもない限りは難しいのが現状です。   夢占いというのは、そういった分析を一般人でもできるように手助けしてくれる占いであり、心理学の専門家でなくても自分の心理を知ることができるのです。

変化をもたらす

カエルの夢は人生の転換点を表すと述べましたが、それはつまり「カエル」が「変化」を暗示しているということでもあります。   夢の中での生き物が現実の中の何らかの事象が体現化されている存在であるとするのであれば、カエルはまさに人生の転換点であり変化を表しているといわれているのです。   といっても、カエルの夢を見たからといって急激に人生が変わるという意味ではなく、夢が自分に対して「変化を暗示している」だけであり、実際に変化を起こすのは自分自身です。   暗示というのは、結局のところ自分の深層心理に深く関連している感情でもあり、心理的に「今の自分のままではいたくない」という気持ちが存在していなければ、何らかの暗示が込められている夢を見ることもありません。   つまり、カエルの夢を見るということは、自分で認識していようがしていまいが、「現状を変えたい」という心理が心の奥底に存在しているのです。   そのため、カエルの夢には人生の転換点を表す意味が込められており、この夢を見たあとは自分に変化を与える人が多くなっています。   まさに人生を変える(カエル)ということですね。

成長を意識させる

そんな冗談はさておき、カエルの夢は変化をもたらすと同時に、自分自身に対して成長を意識させる効果もあります。 というのも、変化というのは結局のところ成長であり、成長しない限りは自分を変えることはできないでしょう。   そして、自分が変わらなければ人生も変えることはできません。   つまり、夢の中のカエルは人生全般に通ずる意味を含んでいるのです。   おそらくほとんどの人は、夢の中にカエルが出てきたときは「気持ち悪い」という印象を抱くことでしょう。 カエルやミミズのような生き物が嫌いな人は特にそうでしょう。   しかし、現実でたとえどれだけカエルのことが嫌いであったとしても、夢占い的にはその意味が人によって変わることはほとんどありません。   さすがに、カエルを見るだけで蕁麻疹が発生し動悸が起こり、呼吸が苦しくなって貧血を起こすなどといった、明らかに普通ではない反応をする人がカエルの夢を見たときは意味が変わってくると思いますが、そんな人は日本全国探してもほぼいないでしょう。   夢占いの意味は、基本的にはほぼすべての人に共通することであり、細部に差異はあるけれども、夢からわかる深層心理については同じ領域の状態であることが多いのです。   カエルの夢は、自分自信を変化させたいと望んでいるときほど見やすくなっており、自分に対してストイックな姿勢を持っている人がよく見る傾向があります。   しかし、だからといってすべての人がそうだというわけではないことは、しっかりと頭の中に入れておかなければなりません。 夢占いの効果を盲信するのは危険であり、きちんと自分と照らし合わせながら考えてみるようにしましょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

カエルが夢に出てきて印象的だったら、何かを変化させるのにいい時期なんだね。

帰る時間を変えて見たり、習慣を変えることも、プラスになるという暗示なのかも。

自分にとってより良い選択になるといいな。

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー