【うさぎの夢占い】うさぎの夢を見る理由とそこに潜む深層心理とは?

【うさぎの夢占い】うさぎの夢を見る理由とそこに潜む深層心理とは?

3639
update

みなさんは「うさぎの夢」と聞くと、おそらく「癒される」「幸せ」と感じるのではないでしょうか。実際、うさぎは現実でも人気がある動物ですし、かわいい動物であるのは間違いありません。しかし、夢占い的にはうさぎの夢はなにを表しているのでしょうか。ここではうさぎの夢占いについてまとめていきます。

3639
update

うさぎの夢占い

Two small rabbits isolated on a white background.

Litvalifa/shutterstock.com

あなたは「うさぎ」の夢を見たことがありますか? もしくは、最近「うさぎ」に関する夢を見たりはしませんでしたか?   実際、夢占い的にもうさぎの夢というのは非常に見ることが多い夢となっており、もっと広い範囲でいうと、動物に関する夢を見ることはとてもよくあることです。   みなさんも犬や猫が夢の中に出てきたことがあると思いますが、夢は自分の心理を表していると考えられているので、そうした動物が出てくる夢の一つひとつに深い意味が込められています。   うさぎの夢も同様であり、一見うさぎの夢はほんわかしていてとても気持ちがいい夢であるかのように錯覚しますが、夢においてはすべてが吉夢になることはめったにありません。   たとえうさぎの夢自体が吉夢であるといわれていたとしても、そのうさぎの夢の中のパターンによっては、うさぎの夢が凶夢になってしまうことがあるのです。   夢占い的にも、「この夢を見れば確実に吉夢でいいことが起こる」といった夢は存在しないように、どんな夢にも負の要素が含まれているものなのです。   ここでは、そうした夢の中から「うさぎの夢の夢占い」についてまとめていきます。 最近うさぎに関する夢を見たという人や、夢占いに興味がある人はぜひチェックしてみてくださいね。

吉夢が多いうさぎの夢

Little funny rabbit sitting in leaves in autumn

Grigorita Ko/shutterstock.com

夢占いの観点からいうと、うさぎの夢には吉夢としての意味を含んでいる夢が多いといわれています。   もちろんそれは夢の中のパターンによって異なってくるものですが、基本的には吉夢としての意味を含んでいる夢が多いのが、うさぎの夢の特徴でもあります。   そのため、夢占いでもよく「うさぎの夢は縁起がいい」「いいことが起こる」などといわれていたりするのです。   しかし、さきほどもいったように、真に吉夢としての意味を含んでいる夢は存在しません。   夢占い的にも吉夢だといわれている夢であっても、夢の中の状況が変わることでその夢は一瞬にして凶夢になってしまうことも珍しくはないのです。   夢を判断するときは何よりも「夢の内容」に着目する必要があります。   夢が自分の心理を表しているというのが本当なのであれば、自分の心理の数だけ夢が存在することになり、その種類はとても数え切れるものではないでしょう。 自分の感情について考えてみても、常に感情が一定となっていることはまずないでしょうし、感情 は常に移り変わっていくものです。   つまり、夢の意味も常に変わっていくということです。   うさぎの夢を見るときの心理についてはこのあと詳しくまとめていきますが、その多くはポジティブで前向きなことが多くなっています。 ですが、それもパターンによって変動することがあることは頭に入れておきましょう。

幸せを実感している

うさぎの夢を見るときによくあるのが、実際に幸せを実感している状態であるときです。   現実の世界で心から幸せを実感しているときは、よくうさぎが夢の中に現れるといわれています。 まるで、うさぎは幸せな感情が体現化された存在であるかのようです。   そのため、うさぎの夢は吉夢であり、うさぎが夢に出てきたときは非常に恵まれていて幸福に包まれている状態であると思われています。   ですが、そうした幸せというのはあくまでも一時的なものに過ぎず、それはいとも簡単に崩れ去ってしまう危険性があります。   昔から幸せというのは儚くて脆いものであるといわれているように、それは決して永遠に続く状態ではなく、時間とともに薄れて消えていくものです。   なので、端的にいうと、うさぎの夢を見たからといってすべてがうまくいくわけではなく、今は幸せで恵まれているかもしれませんが、それは常に危険と隣り合わせであることを表しているといえます。   うさぎが夢に出てくることは幸せを表していると解釈することはできても、それは一時的なものであり、今だけの心理状態であることは忘れてはいけません。   夢占いはそうした注意喚起を促すものでもあり、すべては自分の人生をより良いものにしていくために必要なことです。   おそらく夢占いを行う人は、自分に対して高い意志を持っている人が多いと思いますので、夢占いの結果を知って満足するだけでなく、しっかりとその意味を受け取り、現実に還元することが大切になります。

不安要素が関係していることも

また、うさぎの夢は不安要素が関係することでも見ることがある夢として認識されています。   不安要素とは、幸せな心理状態とは反対に「将来への不安」が潜在的に潜んでいること表します。   さきほどまではうさぎは幸せが体現化された存在であると述べてきましたが、こういった理由ではまさに現実の不安がうさぎとなって体現化されていると考えられます。   このように、夢の中に登場する生き物というのは、その夢の中の状況次第でいくらでも姿形を変えるものであり、画一的な姿というものを持っていないのです。   そのため、自分の心理を夢から読み取ることはそう簡単なことではなく、うさぎの夢のように、夢の中に何かしらの動物が登場してきたときは、その動物がどういう存在として夢の中に現れているのかを考えることが大事になってきます。   そのうさぎは果たして幸せを表しているのか、それとも不安が体現化されている状態なのか。その前提としての見極めを間違ってしまうと、夢占い自体の意味がなくなってしまうでしょう。   うさぎの夢は基本的には吉夢であり、幸福を呼び寄せる夢であることは間違いありませんが、だからといってそう決め付けてしまうのも問題であり、夢占い自体を盲信してしまうのは危険です。   なので、なるべく自分の心理とは常に向き合っていくことがおすすめであり、その都度夢占いの結果が自分の心理と合致するものなのかを考えることも、自己欺瞞的な深層心理に振り回されないコツであるといえるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア♪
1 名無しさん
通報

めっちゃでかいうさぎの夢を見ました。

巨大すぎて鼻息がすごかった。

巨大な幸せがくる予感を持って、

早寝早起き、健康的な食事を心がけて

できるだけ気分よく過ごしたいと思います!

幸せだ!って瞬間を逃さないためにも!

編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー