「夜は娼婦のように」を実践してエッチで彼をドキドキさせる方法!

「夜は娼婦のように」を実践してエッチで彼をドキドキさせる方法!

1110

彼氏がいる女性の皆さん、夜の営みを楽しんでいますか?最近なんだかマンネリかな?と思ったら、昔からよく言われている「昼は淑女のように、夜は娼婦のように」を実践してみましょう。彼をドキドキさせる方法をお伝えします。

1110 |

「夜は娼婦のように」なる方法

昼間は淑女のような、慎ましやかであることを前提として・・・(いや、普通でOKです♪)、果たして夜は娼婦のようになるには、どうしたら良いのでしょうか?

またなぜそれが、男性をドキドキさせられるの?

やはりギャップ萌え

ここでも、ギャップ萌えの法則が存在します。

まさに、淑女と娼婦という全く違った女性かのようなギャップを見せられることで、男性は新鮮味を感じたり驚きを覚え、ドキドキしてしまいます。

1.エッチなセリフ

普段はなかなか口にしないようなエッチなセリフを思い切って言ってみましょう!

AVに出てくるような・・・とまでは言いませんが、たとえば、「もっとこうしてほしいの」などとリクエストするだけでも男性は興奮します♪

他にも、良かった時は大きめの声で反応するなどもGOOD!

男性はそんなあなたの反応を見て、もっと頑張ってくれるはずです。

2.大胆な下着でノックアウト

今まで身に付けたことのないような、大胆な下着にチャレンジしてみては?

仕事帰りに会う日なら、お仕事用のカッチリ目の衣類の下が、大胆な下着だったらそのギャップ効果が高まります!

休日なら、かわいらしいスタイルなのに、中身はセクシー・・・というのも良いですね。

男性は、視覚から入る情報で興奮しやすいと言われているので、やっぱり時に、見た目で分かりやすく変化を付けるのはオススメなのです。

今では、ネット通販でも色んな変わった下着が買えるので便利♪

もちろん、そこまで意表をついたものでなくても、Tバックやガーターベルトといった普遍的なセクシー下着でも男性は喜んでくれるはずです。

3.受け身から責めへ・・・

いつも受け身であることが多いなら、「責め」に回ってみるのも素敵。

まさに「娼婦のように」、彼に尽くしてあげてみませんか?

責めるのは苦手だな、という女性も、彼に「どうして欲しい?」と聞きながら、仰向けになっているだけではなく上から身体の色んなところに触れてあげるだけでも、彼はいつもと違うあなたにドキドキしてくれるのではないでしょうか。

もし、普段は責めの方が多い!という女性でしたら、

「たまにはあなたがリードして・・・」と、お任せしてみても良いですね♪

この記事が気に入ったらシェア♪
編集部PICKUP
関連する記事

KOIMEMO掲示板

フォロー

忙しいあなたはSNSでKOIMEMOをフォロー